新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達集金の求人について

新聞購読料金の集金業務とは?
新聞販売店には「集金」という業務があります。
よく新聞配達の求人に集金業務と記載されているのを見かけます。
集金業務とは、担当エリアの各購読者宅を回り、新聞の購読料を集金する業務です。

集金サイクルは毎月25日位から月末にかけて各購読者宅を回ることになります。
一般の住宅街では日中留守の世帯が多いので、夕方から夜間にかけて回るほうが効率は良いようです。
それでも不在の場合も多く、同じお宅に何度もお伺いすることもあります。
あまり遅くに訪問すると嫌がられることやクレームの対象になりますから、時間や回数も考えて集金に伺わなければいけません。
生活サイクルなど各購読者の特徴を考えて訪問時間の調整をしていくと効率的に集金業務が行えます。
ですが、担当エリアが決まっているので毎月同じ購読者宅に集金に行くので顔も覚えてもらえ、仲良くなれるケースも多々あります。
自分が担当して配達しているお宅に集金に行くので、
「毎日ご苦労様です!」と優しい言葉をかけてもらえることも多くあり、日々の努力が報われる瞬間です。

集金業務の重要性
集金した代金が新聞販売店だけでなく、新聞を発行している各新聞社の主な収入源になるので大切なお仕事です。
また集金業務は購読料を頂くだけではありません。
各種キャンペーンなどの販促品をお配りしたり、継続購読を促し契約を更新してもらう時もあります。
長く購読しているご家庭は、継続はしてくれることが多いですが、他紙の新聞販売店も拡販営業を常にしているので油断していると他紙に切り替えられてしまいます。
ですから毎月の集金業務は代金を頂くだけではなく、購読者からの好感度を上げることが重要になります。
不愛想にしていると他紙に切り替えられるケースもあるので要注意です。

このように集金業務は新聞販売店にとって需要な業務なので、毎月集金会議を定例で行っている販売店もあります。
会議では、その月の集金業務の注意点や集金スタッフ同士で共有すべき内容確認や訪問した際に、購読者に配布する冊子やノベルティーグッズの確認なども同時に行います。

集金手当
集金業務は配達業務とは違った苦労が出てきます。
月に1度の業務ですが、集金の担当エリアを全て回るので負担は少なくありません。
そういった苦労に報いるために、集金手当を支給してもらえる新聞販売店も多くなっています。
▼新聞配達の求人によくある集金歩合給の一例
・集金歩合給:集金額の1〜2%+完納手当30000円
・1件100円〜150円+ガソリン代
・配布物をポストに投函で1件50円〜100円支給
上記のように各販売店や新聞銘柄により単価が変わりますが、販売店によっては高額な手当を支給するようなので、やりがいがある業務とも言えます。
各世帯の状況を把握して効率良く購読料を回収していけば、シッカリ高額手当がもらえる割の良い業務になります。
礼儀正しく笑顔を絶やさないようにするのが、この業務で一番重要です。
集金業務のコツ
どの販売店も25日から月末にかけて集金業務行います。
新聞販売店では、集金回収目標【回収目標】を設定しています。
販売店によって目標は異なりますが、多い設定が「月末までに90%以上の集金を完了させる」ことです。

集金業務には独特の雰囲気があり、集金業務が得意なスタッフもいれば、苦手なスタッフとの差が意外とハッキリしています。
この差と言うのは業界用語で【集金回収率】にも表れます。
どの販売店でも、集金の平均回収率は75~90%が多いです。

集金回収率がいつも95%以上を確保しているベテランスタッフの取り組みをご紹介します。
担当エリアの在宅状況も良好で、おおかた25~28日の4日間で8割近くを消化させ、「月初集金指定宅を除くと月末までに90%、月初まで95%を完了させています。

ベテランスタッフに集金回収率を高めるコツは?と尋ねると、
「基本的に毎月同じ日、同じ時間帯に訪問できるように心がけます。
そうすると、購読者の方も、何日の何時に新聞の集金が来ると覚えてもらっていたりして、それが回収率を維持できるコツかもしれないですね。」
集金効率化のポイントは?
[訪問集金の際、年齢層や在宅時間に着目している]
[毎月決まった日、時間にお伺いできるように心がけている]
[笑顔で対応・コミュニケーションを大切にしている]

集金回収率95%のベテランスタッフの取り組みを見て、「集金業務に対する取り組む姿勢」や「心がけや着目点」に集金回収率に差が表れるような気がしてきます。

購読者からも親しまれ、お店からも重要視される業務が新聞の集金業務なのでシッカリ考え業務を効率化させ集金回収率を高めていきたいですね。

集金業務の労力を抑える
集金業務は時間や労力がかかる業務です。
新聞販売店はその労力を考え、クレジットカード決済や口座振替を推奨していますが、未だに手集金の家庭が多くなっています。
新聞購読者も高齢化していますから、アナログ的要素が強くなるのは仕方ないかと思います。

実際の集金業務は、毎月25日からスタートです。
その間、口座引落やクレジット決済など直接集金以外で購読料を支払っているお客さん宅に、先行して配布物やグッズを配布するキャンペーンを行っております。
販売店は自動振替率【自振率】を上げる為にいろいろな取り組みを行い集金業務の効率化を図っています。