新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達スタッフがクビになる理由!

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
だれでも、なんらかの事情で仕事を辞めることもあると思いますが、辞めるのと辞めさせられることは全く違います。
仕事を辞めさせられることはクビということで、自分に落ち度があるということです。
では、新聞配達バイトも、クビになったりするのでしょうか?
今回は新聞配達バイトがクビになる理由についてや、バイトをする上での注意点についても解説します。
新聞配達バイトをやってみたいという方の参考になれば幸いです。
クビ(解雇)の種類

ブランコに座るサラリーマン

クビ(解雇)と一言に言っても、さまざまなものがあります。
どのようなものがあるのか、詳しく解説しましょう。

①整理解雇
雇用主が必要と判断し行う人員削減のための解雇で、いわゆるリストラと呼ばれるものです。
②普通解雇
普通解雇とは働く側のスキル不足や体調不良などが理由の解雇です。

③懲戒解雇
懲戒解雇は働く側が就業規則に定められた懲戒事由にあてはまる場合に行われる解雇を言います。

③諭旨解雇
諭旨解雇は懲戒解雇に当てはまる事由がある場合、働く側の反省などがある場合、納得してもらった上で行う解雇のこと。
そのため、懲戒解雇より軽い処分となります。

④懲戒解雇
懲戒解雇は働く側が就業規則に定められた懲戒事由にあてはまる場合に行われる解雇を言います。

新聞配達バイトがクビになる理由

二度寝する男性

新聞配達バイトがクビになる理由には次のようなものが挙げられます。

①無断欠勤や遅刻
ちょっとした仕事上のミスなどでバイトをクビにすることは違法となりますが、一切連絡なく遅刻したり、欠勤したりすると、クビになる可能性も。
どのような仕事でも無断で遅刻したり、欠勤したりするのはNGですが、特に新聞配達バイトにとっては致命的です。
他の仕事なら、突然遅刻したり、休んだりしたりしても他の人が代わりに業務を行うこともできるでしょうが、新聞配達の仕事では不可能だからです。
新聞販売所のスタッフそれぞれが担当エリアを持っているため、突然代わりができるはずもありません。
無断欠勤や遅刻をすると、その人のエリアを他のスタッフが配達を終えた後に配ったり、全員で手分けしたりして配るしかないでしょう。
そのため、休んだ人のエリアのお客様は新聞の届く時間が遅くなってしまいます。
急病など体調不良ならまだしも、前の日に遊びすぎたり、飲みすぎたりして無断で遅刻や欠勤した場合は最悪です。
場合によっては休みを取っているスタッフに出勤してもらい、代わりに配達してもらうケースも。
いずれにせよ、スタッフ全員に迷惑がかかるため絶対にNGで、クビになっても仕方のないことかもしれません。

②配達ミス
誰でも、100%ミスなしに仕事をすることは不可能です。
でも、何度も同じミスをしたり、ミスしたことを隠そうとしたりすると解雇につながる場合も。

③経営上の理由
また、バイト本人に問題がなくても、経営上の理由からクビになることもあります。
新聞販売所の業績が不振の場合、リストラして経営を立て直すことがあります。
このとき、誰がその対象となるのかは雇用する側が決めるため、日ごろの勤務態度や将来性などが判断材料となるでしょう。
もちろん、無断で遅刻したり、休んだりすることが多いバイトはリストラ対象になりやすいのは言うまでもありません。

④違法行為
どんなバイトの場合も法律を守らないとクビになる可能性が高いです。
たとえば、傷害や恐喝、横領、着服、詐欺などが挙げられます。
また、他のスタッフへの誹謗中傷やパワハラ、モラハラ、仕事上で得た情報の漏洩なども、違法行為と言えるでしょう。
これらの行為が発覚した場合は即クビになる可能性が高いため、注意が必要です。

⑤勤務態度が悪い
仕事中の態度が悪い場合も解雇されることがあるでしょう。
職場での命令に従わなかったり、迷惑行為をしたり、暴言を吐いたり、仕事をさぼったり、いい加減だったり…などですね。
たとえば、仕事を教えようと先輩スタッフが指導したり指示したりしても、言う通りにしない、勝手なやり方をするなどは絶対にやってはいけません。
早く仕事に慣れたいと思うなら、先輩スタッフの支持に素直に従い、前向きに仕事に取り組むことが大切です。
新聞配達バイトだけに限らず、このような行為は絶対にNGです。

仕事に関するコラムはこちら
人間関係やコミュニケーションが苦手な人にオススメなお仕事
新聞配達辞めたい理由

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
新聞配達バイトをクビにならないための注意点

朝食の写真

たくさんの求人の中から見つけて採用された新聞配達バイト。
できるだけ長く続けたいですよね。
では、どういうことに注意すれば、クビにならず気持ちよく長く続けることができるのでしょうか?
クビにならないようにするためには以下の点に注意することが大切です。

①規則正しい生活を送る
新聞配達のバイトは朝早く起きてお客様の家へ新聞を配達する仕事です。
寝坊してしまうと、時間内に全ての新聞を配り終えることができません。
朝2時位に起きて3~5時位の間には全てのお客様に新聞を配り終えなければならないハードなバイトです。
慣れてくれば早く起きられるようになるでしょうが、最初のうちはうっかり寝坊しそうになるでしょう。
そうなれば、他のスタッフやお客様に大変迷惑がかかります。
夜は早く寝るようにし、絶対に遅刻しないよう規則正しい生活を送りましょう。

②運転に気をつける
新聞配達のバイトは配達の際に自転車やバイクを利用します。
そのため、いい加減な運転をすると事故をしてしまう可能性も。
自分がケガするだけならいいですが、通行人をケガさせたり、物を壊したりすると迷惑がかかってしまい、最悪の場合クビになるため要注意です。
また、何かトラブルや事故に遭ったら隠したりせず、すぐに販売所に連絡するようにしましょう。

③誤配に気をつける
新聞配達の仕事は雪や雨が降っても、雷が鳴っても休むことはできません。
天気がいい日はいいですが、悪天候の日はハードです。
天気が悪いからと言って、配達が遅れたり、できなかったりというわけにはいきません。
いつもの配達時間に遅れると、クレームがくる可能性もあるでしょう。

④配達先での決まりを守る
配達エリアによって大型団地や高層マンションなど、さまざまでそれぞれ独自の決まりがあります。
そういった場所では決められたルールを守って配達することが重要です。
新聞配達バイトが配達場所の決まりを破ると、新聞販売店にクレームが入ることも。
実際に、担当する新聞配達バイトがクビになった事例もあるため、絶対に担当エリアの決まりを守りましょう。

⑤ていねいに配達する
1軒1軒のお客様のお宅に注意深く時間をかけて配達するのは不可能ですが、できるだけていねいに配達することが重要です。
たとえば、配達すべきお宅に新聞を入れ忘れたり、悪天候で新聞を濡らしてしまったり、しわくちゃにしてしまったり…などはNGです。
お客様が不快になるようなポスティングを続けていると、クレームが続き、最悪の場合クビになる可能性もあるでしょう。

まとめ
新聞配達バイトをクビになる理由にはどのようなものがあるのか、クビにならないための注意点についても解説しました。
バイトと言えども、責任感を持って仕事をすることが大切です。
また、数ある求人の中から見つけて手に入れた新聞配達のバイトをクビになってしまうと、また新しいバイトを探さねばなりません。
自分の落ち度で新聞配達バイトをクビにならないためにも、ここでご紹介したことに注意していただければと思います。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. シニアでも採用されやすい住み込みの仕事

  2. 新聞配達員必見!梅雨時期に使えるレインウェアランキング

  3. 日経新聞の歴史

  4. ネカフェ難民から抜け出す方法

  5. 入社祝い金って?

  6. 日払いとは?

  7. 毎日新聞の歴史

  8. 新聞販売店の事務ってどんな仕事?

  9. 前払い・日払いができる仕事

他の条件で探す