新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞販売店は女性も働けるの?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
毎日朝早く、ポストに新聞を届ける新聞配達バイトの仕事。
街で見かける新聞配達員さんのほとんどは男性ですが、バイトとして女性が働くことはできるのでしょうか?
女性の方で「新聞配達店で働いてみたい」という方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回は女性も新聞配達店でバイトとして働くことができるのか、解説したいと思います。
新聞配達の業務内容

スクーターに乗る男性

新聞配達の仕事は女性でもできるのかどうか、新聞配達の主な業務内容について、見てみましょう。

①トラックからの荷下ろし
早朝、トラックが大量の新聞を積んで新聞販売所に到着します。
社員やバイトなど、スタッフ総出で荷台から新聞を降ろして新聞販売店へ運び入れます。
②チラシの折り込み
運び込まれた新聞にチラシを折り込んでいきます。
最近は機械を使って作業する新聞販売店も増えていますが、手作業で行うところも多いです。

③朝刊、夕刊の配達
基本的に新聞配達は朝と夕方行いますが、朝刊や夕刊だけの担当の場合も。
配達の際は自転車や電動自転車、バイクなどさまざまです。

④集金
新聞を購読しているお店やご家庭を回り、購読料を徴収する業務です。
ただ、最近は口座からの引き落としにしているご家庭が増えているため、ひと昔前ほどの業務量ではありません。
集金を行う時間はお客様の都合に合わせなければならなりません。

⑤顧客獲得
まだ新聞を取っていないお店やご家庭を回って、顧客を獲得する業務です。
ただ、この業務に関しては新聞配達バイトでなく正社員が行うことが多いようです。

新聞配達に関するコラムはこちら
新聞販売店の事務ってどんな仕事?
新聞配達バイト体験談①

新聞配達バイトは女性でもできる?

考える女性

新聞配達は男性の仕事というイメージがありますが、女性がバイトで働くことはできるのでしょうか?
結論を言うと、新聞配達バイトは女性でもできます。
重い新聞をトラックから降ろしたり、自転車やバイクに積んだりするのは体力を必要とするでしょう。
また、夏の暑さや冬の寒さに負けない精神力も必要とします。
でも、新聞配達バイトに必要な免許や資格などはなく、自転車に乗れさえすれば誰でもできるバイトなので、経験が全くない女性でも取り組むことができるでしょう。
実際に、ある調査によれば新聞配達で働く人の男女比は約8:2という結果も。
つまり、10人の新聞配達員のうち2人は女性ということになりますね。
女性で体力や精神力がないからと、諦める必要はありません。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
女性が新聞配達バイトを行うメリット

笑顔の女性

女性でも、新聞配達のバイトができることが分かりました。
では、女性が新聞配達バイトを行うメリットにはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

①安定的な収入が得られる 
新聞配達のバイトは決められた日数働きさえすれば、毎月安定的に収入を得ることが可能です。
いつまでにいくら貯めたいなど目標がある方にとって、最適なバイトと言えるでしょう。
また、生活費の足しに働きたいと考える主婦の方にもおすすめです。

②接客が苦手な人でもできる
女性のバイトと言えば、飲食店や販売業など接客業が多いです。
新聞配達のバイトは接客が苦手という方にとって魅力的な仕事で、自転車やバイクに新聞を積み込めば、あとは一人でもくもくと新聞を配達するだけなので、人との関わりがほとんどありません。
コミュニケーションを取るのが苦手な女性におすすめです。

③日中自由に過ごせる
新聞配達バイトは特に主婦の方におすすめです。
その理由は朝刊を配達した後、夕刊の配達まで自由に過ごすことができるからです。
たとえば、家事をしたり、子どもが学校から帰宅するのを迎えたり、宅配の荷物を受け取ったりできますね。
ほかにも、家族から頼まれた用事を済ませたり、親や親族のサポートをしたりすることもできるでしょう。
朝から夕方までのバイトなら、そういうわけにはいきません。

④育児しながら働ける
また、育児中の女性にとってもメリットが多いです。
お子さんが小さい間は日中何かと用事が多く、幼稚園や学校などの行事に行く機会も多いでしょう。
新聞配達のバイトなら日中のお子さんに関する行事にも支障なく働くことができますね。

⑤お金を貯めやすい
これは女性だけに限らないことですが、新聞配達バイトはお金が貯めやすいのもメリットです。
ほとんどの新聞販売店では寮を完備しており、住み込みで働くことが可能です。
住み込みで働く場合、家賃が不要だったり、格安だったり、光熱費を負担してくれたりなどのメリットも。
また、食堂が完備されている寮もあるようです。
毎月の家賃や食費などが浮いた分を貯金できれば、短期間でお金を貯めることができますよね。
留学資金や結婚資金を貯めたい女性にとって、住み込みで働くことができる新聞配達は魅力的なバイトと言えるでしょう。

⑥時給換算だと高め
新聞配達のバイトの報酬は配達する件数などによって決まってきます。
朝刊の配達の時給相場は1,200~1,500円程度なので、一般的なアルバイトと比べて高めとなっています。
朝刊の配達を1日3時間、月曜~金曜日まで行うと、おおよそですが月6万程度の収入になるでしょう。
さらに、夕刊も配達することで収入がアップします。

女性におすすめの新聞配達バイトの働き方

携帯を眺める女性

このように、女性にとって新聞配達のバイトはメリットの多い仕事です。
ただ、体力がないなどの理由で求人に応募するのを躊躇してしまう方もいるでしょう。
そこで、ここでは女性におすすめの新聞配達の働き方をご紹介します。

①新聞配達業務以外の求人を探す
上で書いたとおり、新聞配達バイトは配達業務だけとは限りません。
もし、体力的に自信がないなどという場合は配達業務以外の求人を探す方法もあります。
新聞にチラシを折り込んだり、天候が悪い日にビニール袋に入れたり、新聞販売店内での事務作業、集金業務のみ…などですね。
ほとんどの新聞販売店ではこれらの業務を女性が行っており、多くの求人があるようです。

②夕刊のみ配達する
朝早く起きて朝刊の配達をするとなると、小さなお子さんを置いて家を出られないなど、難しい女性もいるでしょう。
そこで、おすすめなのが夕刊のみの配達です。
一般的には夕刊の配達は朝刊を配達する人が行うようですが、最近は朝刊だけ、夕刊だけ、などの自由な働き方をする方が増えています。
また、夕刊は朝刊と違い、土日は配達する必要がないので、家族がいる日に仕事に出にくい主婦の方におすすめです。
最近は月~金まで働く以外にも「週に〇日」などの働き方ができる新聞販売店も増えているため、そういった求人を探すといいでしょう。

まとめ
女性が新聞販売店で新聞配達バイトができるかどうか、詳しく解説いたしました。
一般的に新聞配達の仕事は男性が多いような気がします。
そのため「女性が新聞配達のバイトなんてできるわけない…」と諦めてしまっている女性も多いでしょう。
でも、実際は男女比8:2というデータがあるとおり、女性も多く働いています。
また、女性にとってメリットの多い仕事でもあり、家事や育児との両立も可能な魅力的な仕事です。
「体力がないから」「小さい子どもがいるから」などの理由から新聞配達のバイトの求人に応募するかどうか迷っている女性の方は配達以外の求人もあります。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 住み込みで働くメリット

  2. 日経新聞の歴史

  3. 前払い・日払いができる仕事

  4. 新聞配達辞めたい理由

  5. 上京したい!新聞屋さんで働いて上京する方法!

  6. 新聞配達順路帳・順路の覚え方

  7. 新聞配達ドットコム

    新聞配達ドットコムを使って即入寮する方法

  8. 人間関係やコミュニケーションが苦手な人にオススメなお仕事

  9. 派遣社員メリットデメリット

他の条件で探す