新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

派遣切りにあったら新聞配達をしよう

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
正社員と比べ、自由に働くことができメリットが多い派遣社員。
でも、収入や雇用が不安定なことが心配…という方も多いでしょう。
特に不景気の際は業績悪化により派遣切りが増え、職を失う方が増えてしまいます。
そこで、今回は派遣切りにあった時どうすればいいのか、派遣切りにあった時におすすめの仕事についてなど、詳しく解説したいと思います。
派遣社員として働いている方のお役に立てれば幸いです。
派遣切りとは

ブランコに座り悲しい顔をする男性

そもそも派遣切りとは派遣労働者や派遣社員が企業の経営不振や業績悪化により契約更新を打ち切られること。
また、派遣企業だけでなく雇用されている企業や事業者から契約を拒否もしくは解雇されることを指します。
派遣切りされる人の特徴

×マークの棒を持った男性

では、派遣切りされる人の特徴とはどのようなものなのでしょうか?
最も多いのが欠勤や遅刻が多く仕事を任せることができない人です。
いくら仕事ができても、休んだり遅刻したりしてばかりだと、安心して仕事を任すことができません。
また、仕事中に必要なコミュニケーションが取れない、ミスをしても改善されない人も派遣切りに合いやすいです。
仕事に取り組む態度が不真面目な人は言うまでもなく派遣切りに合う可能性が高いでしょう。
ただ、これらに当てはまる人だからと言え、一方的に雇用する側が派遣切りをしていい理由にはなりません。

寮に関するコラムはこちら
寮に住むメリットは?
単身寮と独身寮の違いは?

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
派遣切りされた時の対処法

提案するスーツの男性

なんらかの理由で派遣切りに合ってしまった場合、どうすればいいのか具体的な対処法をお教えいたしましょう。

①失業保険の手続きをする
派遣切りにあった場合、失業保険の手続きを行うことをおすすめします。
一般的に、派遣切りにあった場合、自己都合で退職した時と比べ失業保険をよりいい条件で受けることが可能です。
自己都合で退社した場合は3カ月間の給付制限がありますが、会社都合の退社の場合は離職票を提出して7日後から失業保険が受けられます。
ただ、手続きをしないと受給できないので、必ず申請するようにしましょう。
離職票は派遣会社に発行の義務があるため、届かない時は申し出るようにしましょう。

②スキルを身に付ける
派遣切りにあってしまった場合、スキルや資格を取るのも方法です。
なんらかのスキルや資格を取得することで、次の求人に応募する際に有利になる可能性も。
また、次に派遣バイトで働く際も派遣切りに合う可能性を減らすことができるでしょう。

③大手派遣会社に登録する
派遣切りに合わないためにも、できるだけ大手の派遣会社に登録することが大切です。
中小の派遣会社と比べ、大手は経営が安定しているため派遣切りに合う可能性が低いです。
また、大手なら派遣先の企業も多いので派遣切りにあっても別の企業へすぐに派遣してもらえる可能性も。
無職の期間ができるだけ短くなるのはありがたいですよね。

④正社員の仕事を見つける
派遣としてバイトするより、正社員として働く方が給料や雇用も安定します。
派遣先によっては中途採用で正社員を雇うより、派遣社員を正社員として登用したいと考えているケースが多いです。
真面目に働き、派遣先企業との信頼関係を築いて正社員として働くことを目指すことをおすすめします。

派遣切りにあった人におすすめのバイト

人差し指を立てた笑顔の女性

もし、派遣切りに合ってしまったら、どのようなバイトを選ぶのがおすすめなのでしょうか?

①警備員
警備員バイトはオフィスや学校、商業施設、病院などの出入り口や駐車場などで監視や管理をする仕事です。
人とのコミュニケーションはあまりなく、スタッフ同士で引き継ぎなどのやり取りをする程度でしょう。
特に夜勤の場合は人との関わりが最低限でいいのがメリットです。
ただ、トラブルや事故などが起きた時など、ある程度のリスクがあることを知っておきましょう。
そのため、いざという時のために応急処置や避難誘導などのスキルが必要です。

②工場作業員
電子部品や家電、自動車部品工場などでのバイトも派遣切りにあった時におすすめです。
他のバイトと比べ求人が多く、給料も高めで稼げるバイトと言えるでしょう。
また、大きな工場は都市部ではなく郊外に建てられていることが多いので、寮に住み込みながらバイトするケースがほとんどです。
専門的な知識やスキルは必要なく、出来上がった製品の検品などが主な仕事内容です。
人との関わりも最低限でよく、黙々と作業するのが苦でない人におすすめのバイトです。

③新聞配達
派遣切りに合ってしまったら、新聞配達のバイトもおすすめです。
決められた地域のお客さまのところへ時間内に新聞を配るバイトで、学歴やスキル、資格などは必要ありません。
また、人とのコミュニケーションもほとんどないため、人間関係の煩わしさが苦手な方にうってつけのバイトと言えるでしょう。
ただ、早朝起きてどんな天候の日も必ず新聞を配達しなければならないため、忍耐強い人、一人で淡々と仕事ができる人でないと務まりません。

④リゾートバイト
リゾート地や観光地でのバイトも派遣切りに合った時、チャレンジするのにおすすめです。
リゾートバイトは海や山、川など非日常の世界で仕事をするため、都会での生活が苦手な方に最適なバイトです。
ほとんどの場合、住み込みできる寮や社宅が完備されているため、住まいを探す必要はありません。
ただ、スーパーや病院、コンビニなどから離れているので、不便な生活が苦手な方には不向きと言えるでしょう。

派遣切りにあったら新聞配達バイトがおすすめ
このように、派遣切りにあった時におすすめのバイトは多いです。
特におすすめなのが新聞配達バイト。
その理由について、解説いたします。

①生活費を抑えることができる
寮や社宅などが完備されたバイトは多いですが、新聞配達バイトなら引越し費用を負担してくれたり、家具、家電などが備え付けられたりしているケースも多いです。
新しい住まいで生活をスタートする際にかかる費用は大きいですが、それらを負担してくれるのはありがたいですよね。
また、新聞奨学生制度を利用できるのも新聞配達バイトならではの魅力です。

②プライベート時間を確保しやすい
他のバイトと比べ、新聞配達バイトはプライベート時間を確保しやすいのも魅力です。
朝刊の配達が終わって夕刊の配達までは全て自由時間なので、学校へ通ったり、趣味を楽しんだり、別のバイトをすることも。
かけもちでバイトができれば、その分お金を貯めることもできますね。

③地域に貢献できる
自分の住んでいる地域で新聞配達バイトをすることで、地域に貢献できるのもメリットです。
新聞配達の仕事は新聞を配るだけでなく、地域の方々が事故や事件に巻き込まれるのを未然に防ぐ役割も果たしています。
地域の方から感謝される、社会貢献度の高いバイトと言えるでしょう。

まとめ
派遣切りにあってしまったらどうすればいいのか、派遣切りにあった時におすすめのバイトについても解説しました。
派遣切りにあってしまった時、さまざまな対処法がありますができるだけ早く新しいバイトを見つけたいです。
その際、住み込みながら働ける新聞配達バイトなら給料も高めで稼げるためおすすめです。
効率よく新聞配達のバイトを探すには新聞配達の求人に特化したサイトを利用してみてください。
自分の条件や待遇に合った新聞配達バイトが見つかるはずですよ。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 新聞配達のバイトはきつい?

  2. 新聞配達員必見!梅雨時期に使えるレインウェアランキング

  3. 中卒でも稼げる新聞配達の仕事

  4. 社宅・寮に引っ越す心構え

  5. 新聞休刊日って?

  6. 定年後から働ける新聞配達バイト

  7. 読売新聞の歴史

  8. ニートから脱却!新聞配達バイトで社会復帰!

  9. 新聞配達早く配るコツ

他の条件で探す