新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達の仕事はきついの?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
どんな悪天候でも必ず新聞を届けてくれる新聞配達は一般的に「きつい仕事」と言われています。
朝早く起きて世の中が寝ている間に朝刊を配達しなければならないので、「きつい仕事」と言われてしまうのでしょう。
でも、実際は60代や70代の方でも取り組める魅力ある仕事です。
そこで、今回は新聞配達がきついと言われる理由や、シニアでも取り組める理由についても解説いたします。
新聞配達バイトに興味がある方はぜひ最後まで読んでみてください。
新聞配達がきついと言われる理由

頭を抱える女性

新聞配達バイトに興味があるけれど、どういうところがきついのか、本当にきつい仕事なのか、気になる方は多いでしょう。
では、どのような点がきついと感じるのでしょうか?

①気候や天候が悪くても配達しなければならない
新聞配達バイトは暑い夏も寒い冬も必ず時間までに新聞を届けなくてはなりません。
また、大雨や大雪、風の強い日や雷が鳴る日でも休むことはできません。
気候や天候がいい日ならいいですが、悪い日だと体に負担がかかります。
また、大雨や大雪の日など、準備が大変で、自分なりに天候や気候に合う装備を準備しなければなりません。

②責任が重い
新聞配達バイトは他のバイトと比べ、責任が重い仕事と言えるでしょう。
一般的なバイトだと、自分が急に休むことになっても他のスタッフでその分をカバーできますが、新聞配達バイトは1人1人に担当エリアが割り当てられているので、急に休むわけにはいきません。
休むことで新聞を配ることができず、お客さまに迷惑をかけてしまいます。
もし、なんらかの理由で急にバイトを休んでしまうと、スタッフ同士の人間関係がこじれてしまったり、上の人から叱られたりすることも。
そのプレッシャーや重圧に耐えられず、新聞配達バイトを辞めてしまう人も多いです。

③変化が少ない
飲食店や小売店などのバイトだと、毎日さまざまなお客さんと接することができ、変化も多いです。
でも、新聞配達バイトは毎日同じエリアで新聞を配るだけなので、単純で変わり映えしないバイトと言えるでしょう。
変化を求める方にとって、きついと感じるかもしれません。

新聞配達に関するコラムはこちら
新聞配達員必見!梅雨時期に使えるレインウェアランキング
新聞配達順路帳・順路の覚え方

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
シニアでも新聞配達バイトに取り組める理由

親指を立てるシニアの男性

いっぽうで、新聞配達バイトは60代や70代のシニア層の方でも取り組めるメリットがいっぱいです。
どういうメリットがあるのでしょうか?

①住み込みで働ける
シニアの方でも新聞配達バイトに取り組める最大のメリットは寮などに住み込みながら働けること。
新聞配達は夜が明ける前に出勤しなければならないので、バスや電車などを使うことができません。
寮があれば、新聞販売所と同じ建物や近くに寮が完備されており、通勤時間もほとんどかからないでしょう。
また、なんらかの理由で住まいを失ってしまった場合も、新聞配達なら仕事と住まいの2つを手に入れられます。
新聞配達のバイトを探す際は寮を完備しているものを中心に探してみてはいかがでしょうか?

②シフトの融通がきく
新聞は休刊日以外毎日配達しなければなりません。
基本的に休刊日は月1回設定されていますが、シフトを決めるのは販売店で正社員と違い、アルバイトはシフトの融通がききやすいようです。
どうしてもという事情がある場合、アルバイトなら休みを取ることもできるのでシニアの方も安心です。
不安な場合はシフトの融通がききやすい求人を中心に選ぶといいでしょう。

③拘束時間が短い
朝~夕方までなど、拘束時間の長いバイトと違い、新聞配達のバイトは拘束時間が短いのが魅力的です。
配達業務だけなら、朝刊の配達が終わったら夕刊の配達までは自由に過ごすことも。
また、朝刊のみ、夕刊のみなら、さらにプライベート時間が増えますね。
朝刊の配達が終わった後は趣味や遊びなどプライベート時間を有意義に過ごすことができるので、シニア層にも最適なバイトと言えるでしょう。

④未経験でも取り組める
ある程度経験がないと取り組めない仕事と違い、新聞配達バイトは未経験の方でもチャレンジできるのがメリットです。
配達業務自体体力が必要な仕事ですが、配達ルートが決まっており順路表を覚えてしまえばそこまで大変でもありません。
最初のうちは先輩スタッフと一緒に担当エリアを回りますが、1週間もすれば順路を覚えてしまうでしょう。

⑤睡眠の質が上がる
若い頃と違い、年齢とともに睡眠が浅くなったり、質が低下したりする方が多いです。
でも、新聞配達バイトを続けているうちに、毎日ほどよい疲れを感じることができ、睡眠の質も上がってきます。
スッキリと目覚めれば、その日を元気に快適に過ごせるでしょう。

⑥収入が増える
60代や70代の方のほとんどが年金収入で生活していると思います。
年金だけでは不安、赤字続き…という方も多いでしょう。
新聞配達バイトをすることで、+αの収入が見込め、安定した生活を送ることができます。
新聞配達バイトなら、比較的時給も高く、さまざまな手当がつくことも。
最初のうちは慣れるのに大変かもしれませんが、趣味や旅行、レジャーを楽しみたいシニアにとって、安定した収入が得られる新聞配達バイトは魅力あるものと言えるでしょう。

⑦人と関わらなくて済む
バイト先で新しい人間関係を築くのは面倒…という方も多いでしょう。
もちろん、スタッフ同士の最低限の人間関係はありますが、販売店を出てしまえば一人で黙々と新聞を配達すればいいので、ストレスは少ないです。
四季の移ろいを感じながら、一人で自転車やバイクで新聞を配達できるので、人間関係が煩わしい方にとって最高のアルバイトと言えるでしょう。

新聞配達バイトをこなすコツ

スマートフォンで道を探す自転車の画像

シニア層にも魅力的な新聞配達バイト。
慣れるまでは大変かもしれませんが、次のようなコツを覚えておけば効率よくこなすことができますよ。

①早く順路帳を覚える
新聞配達バイトの必需品とも言える順路帳。
できるだけ早く覚えることが効率アップのコツです。
空き時間に順路帳を見ながら実際に配達エリアを歩いたり、自転車で走ってみたりするといいでしょう。

②生活リズムを整える
夜更かしや朝遅く寝ている方にとって、新聞配達バイトに慣れるのは大変かもしれません。
夜が明ける前に起きなければならないので、慣れるまでは眠気が襲ってくることも。
できれば、早寝早起きの習慣を身に付けておきましょう。

新聞配達バイトの求人の探し方
シニアの方にとって魅力的な新聞配達バイト。
でも、どうやって求人を探せばいいのでしょうか?
最も簡単なのは新聞販売店に直接問い合わせること。
また、最近は新聞配達の仕事専門の求人サイトも増えているので、そういったものを利用するのもおすすめです。
希望する条件や待遇に合う求人が見つかると思います。

まとめ
新聞配達の仕事がきついと言われる理由やシニア層にもおすすめの理由についてまとめてみました。
新聞配達バイトはさまざまなきつい面もありますが、シニア層にも取り組める魅力がいっぱいです。
シニアの方で「年金だけでは不安」「健康的な生活を手に入れたい」という方は新聞配達バイトの求人を探してみてください。
お金をもらいながら早寝早起きの習慣が身に付き、質のいい睡眠を手に入れられることでしょう。
未経験でもチャレンジできる新聞配達バイトでいきいきした毎日を手に入れてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 新聞配達員の私生活

  2. 関東エリアの新聞の種類

  3. ウーバーイーツ稼げなくなってきた…新聞屋に転職

  4. 所持金0円・家なしから生活を立て直す方法

  5. 社宅・寮に引越し・1R最安の引越しテクニック

  6. 「仕事辞めたい…」でもお金がなくて寮を出られない。

  7. 出稼ぎで稼ぎたい方へ!住み込みで働ける仕事!

  8. 新聞販売店は女性も働けるの?

  9. 新聞配達の経験がある有名人

他の条件で探す