新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達はきつい?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
早朝に起きてお客様のところへ新聞を配る新聞配達バイトの仕事。
「新聞配達のバイトはきつい」というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、新聞配達バイトを経験したことのある方の中には「意外とラク」という声も。
そこで、今回は新聞配達バイトは本当にきついのか、意外とラクなのか、詳しく解説したいと思います。
新聞配達バイトをしたいけれど、きついイメージがあって迷っているという方の参考になればうれしいです。
新聞配達バイトの仕事内容

新聞配達をする女性のイラスト

新聞を配達している人を見たことはあっても、その詳しい仕事内容まで知らないという方がほとんどでしょう。
実際のところ、新聞配達のアルバイトの仕事内容とはどのようなものなのでしょうか?
新聞配達バイトは世の中が寝ている時間に起き、新聞販売店へ出勤するところから始まります。
大量に新聞を積んだトラックが販売店に到着したら、中へ新聞を運び入れチラシを折り込んでいきます。
チラシの量は季節や曜日などによって違っており、年末のセール前などは多くなることも。
チラシが多い時期には新聞の厚みが増すため、普段より配達に時間がかかってしまいます。
チラシの折り込み作業が済んだら、自転車やバイクに新聞を積み込み担当エリア内を配達します。
お客様によっては複数の新聞を取っている場合もあるため、間違わないように注意しなければなりません。
朝刊の配達は朝5時頃までには終わる必要がありますが、お客様の中には「〇時までに届けて欲しい」という方もいるため、そういったお客様は優先的に配る必要が出てきます。
午後からは夕刊の配達があります。
夕刊の配達は朝刊とは違いチラシがないため配達時間が短くなるでしょう。
また、月末などに新聞購読料の集金業務がありますが、バイトが行うケースは少なく、集金専門のパートさんや正社員が行うことが多いようです。
さらに、新規顧客開拓の仕事についてもアルバイトが行うことは少なく、正社員が行うケースがほとんどです。
新聞配達バイトがきついと言われる理由

考え込む男性

では、新聞配達バイトがきついと言われる理由についていくつかご紹介いたしましょう。

①休みが取りにくい
新聞配達バイトは新聞販売店にもよりますが、新聞休刊日と週1回の休みがあるのが一般的です。
友だちと長期間旅行に行きたいと思っても、長期休暇を取るのは難しいでしょう。
また、体調不良などで急に休みたいとなっても、新聞配達業界全体が人材不足のため、すぐに代わりを見つけられるかどうか分かりません。
他のアルバイトとは違い、「体調が悪くても休めない」というプレッシャーがある分、きついバイトと言えるでしょう。

②悪天候でも仕事がある
新聞配達バイトがきついと言われる最大の理由は悪天候でも仕事をしなければならないことでしょう。
たとえ大雪や大雨、雷が鳴っていても、レインコートなどを着てバイクや自転車で配達しなければならず、かなりハードです。
また、雨の日にはビニールで新聞をくるんで濡れないように準備しなければならず、その分早く出勤する必要が出てきます。
「今日は大雨だから休もう」などということは許されないのです。

③朝早く起きなければならない
他のアルバイトと違い、新聞配達バイトは早朝に起き出勤し、仕事をするため夜型の方にはきつい仕事かもしれません。
友だちと夜遅くまで遊んだり、飲みに行ったりすると次の日の仕事に関わる可能性もあるでしょう。
夜更かしして昼近くまで寝ているような生活スタイルの方にとって、かなりきついバイトであることは間違いありません。

仕事に関するコラムはこちら
「仕事辞めたい…」でもお金がなくて寮を出られない。
新聞配達辞めたい理由

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
新聞配達バイトが意外とラクと言われる理由

喜ぶ男性

いっぽうで、新聞配達バイトは意外とラクという声を耳にすることがあります。
どういう点がラクなのでしょうか?

①拘束時間が短い
新聞配達バイトは配達エリアによっても変わってきますが、拘束時間が2~3時間と短時間です。
一般的なアルバイトでここまで短時間のものはほぼなく、これが「新聞配達バイトは意外とラク」と言われる理由の1つです。
また、拘束時間が短いため、本業があり副業として新聞配達をしている方も多いです。
たとえば、早朝に新聞配達バイトをして正社員として働いていたり、新聞配達バイトと飲食店などのアルバイトをかけもちしたり、などですね。
新聞配達バイトを終えた後、専門学校や大学に通っている学生さんも多いです。

②人と関わらずに済む
ほとんどのアルバイトはスタッフやお客さんと関わらなければなりませんが、新聞配達バイトならほぼその必要がないのが意外とラクな理由です。
新聞販売所でチラシの折り込み作業をした後は一人で黙々と配るだけなので、一切人との関わりがありません。
人とコミュニケーションを取るのが苦手という方も新聞配達なら安心して取り組めるのではないでしょうか。

③いろんな働き方ができる
新聞配達が意外とラクと言われる理由に働き方が多種多様というのがあります。
たとえば、短期バイトや長期バイト、朝刊だけ、住み込みバイト…など、自分のライフスタイルに合わせた働き方が選べます。
特に住み込みバイトの場合は敷金や礼金が不要だったり、家賃や水道光熱費を負担してくれたりするため、他のバイトと比べてお金を貯めやすいメリットも。
奨学生制度を使えば、大学や専門学校に通いながら学費を返済できるので、卒業後の返済が不要です。
自分で学費を稼ぎたいという方にとって、非常に魅力的なバイトと言えるでしょう。

④時給が高い
朝刊の配達に関して言えば、他のアルバイトと比べて時給が高いです。
朝刊のみ、朝刊と夕刊、夕刊のみの3つのパターンがありますが、夕刊と比べ朝刊の方が時給が高いことがほとんどです。
エリアによっては時給1,500円以上のところも。
そこまで高い時給をもらえるアルバイトは他にあまりないため「意外とラク」と感じる方も多いのかもしれません。

新聞配達バイトの求人の探し方

パソコンを見つめる男性

新聞配達バイトはきついと言われるいっぽうで、意外とラクなことが分かりました。
では、新聞配達バイトの求人を効率よく探すにはどうすればいいのでしょうか?

①求人誌で探す
求人誌で新聞配達バイトを探す方法がありますが、費用がかかったり、効率が悪かったりするため、あまりおすすめできる方法とは言えません。

②新聞販売店に問い合わせる
働きたいエリアにある新聞販売店に直接出向いたり、電話で問い合わせ方たりする方法もあります。

③新聞配達専門の求人サイトで探す
最も効率よく探す方法は新聞配達専門の求人サイトを利用することです。
中でも、新聞配達ドットコムなら働き方や条件、給与などのアドバイスについてカウンセリングを受けながら探すことが可能で、一人ひとりの希望に合った働き方を提案してくれます。
さらに、うれしいのが相手先との交渉を代行してくれること。
もちろん、書類選考の段階から採用までしっかりとフォローしてくれるので心強いです。
求人誌や直接問い合わせるなどの場合は手間や時間がかかってしまいますが、新聞配達ドットコムを利用すれば、最小限の手間や時間で済みますね。

まとめ
新聞配達バイトがきついと言われる理由や意外とラクと言われる理由についてご紹介いたしました。
どんなことでもいい面もあれば悪い面もあるのは当然です。
新聞配達バイトのいい面、悪い面の両方を見た上で求人を探してみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 朝日新聞の歴史

  2. 新聞配達のバイトはきつい?

  3. ミドルシニアに新聞配達がオススメな理由

  4. 新聞配達の寒さ対策

  5. 「即入寮OK」っていつから住めるの?!住み込み求人の疑問を解決!

  6. 東京新聞の歴史

  7. ペット可の寮付き住み込みバイト

  8. コロナ禍終了。ウーバーイーツの今

  9. 毎日新聞の歴史

他の条件で探す