新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

コロナ禍終了。ウーバーイーツの今

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
コロナ禍でウーバーイーツなど、さまざまなデリバリーサービスの需要が高まりました。
でも、最近コロナ禍が終了したことで「オワコン」という声を耳にします。
ウーバー配達員の数や注文数が減っているのも事実で、将来的にコロナ禍の時のような需要の高まりは望めないでしょう。
今回はコロナ禍で終了したと言われるウーバーイーツの今について、これからバイトをするなら何がおすすめなのかについても解説します。
ウーバーイーツとは

自転車で道を探す男性

そもそもウーバーイーツとはスマホでお店の商品を注文したものを配達してくれるサービスのこと。
アメリカのウーバー・テクノロジーズが運営しているサービスです。
わざわざお店まで行かなくて済み、お店も配達しなくていいため、日本でも急激に需要が増加しました。
ウーバーイーツの今

部屋で体育座りをする女性

ウーバーイーツの今
そんなウーバーイーツの日本での現在の状況はどうなっているのでしょうか?
日本でサービスが始まったのは2016年のこと。
さまざまなフードデリバリーサービスがある中で、ウーバーイーツはフードデリバリーサービスの代名詞と言っていいほどの存在となりました。
その後、出前館が加盟店数や配達員数で2022年にウーバーイーツと肩を並べたと言われており、現在ウーバーイーツと出前館の2つは3位のmenuを大きく引き離しています。
コロナ禍で急激に需要が伸びたウーバーイーツですが、コロナ禍終了後は注文数も減ってしまいそこまで稼げなくなってしまいました。
コロナ禍が終わった今、ウーバーイーツは日本から撤退する可能性はないのでしょうか?
おそらく、日本でウーバーイーツが撤退する可能性は低いと思われますが、コロナ前のように稼ぐのは難しいでしょう。

コロナ禍後に稼ぐには
では、コロナ禍が終わった今、どうすれば稼ぐことができるのでしょうか?
①デリバリーサービスのバイトは避ける
自由に外食できるようになった今、どうしてもデリバリーサービスの需要は減ってしまいます。
そこで、バイトの求人を探す際、デリバリーサービス以外のものを中心にチェックするといいでしょう。
より稼げるバイト求人を選んで探すようにしてください。

②他のジャンルのバイトを探す
たとえば、どのような仕事を探せば、ウーバーイーツより稼ぐことができるのでしょうか?
効率よく稼ぐのにおすすめのバイトは動画編集やデータ入力、webライター、プログラミングなどがあります。
ただ、ある程度の経験やスキルが必要かもしれません。

②新聞配達の求人を探す
コロナ禍が終わった今、ウーバーイーツなどの配達員より稼ぐことができるのは新聞配達バイトです。
ネットが普及した現在も新聞を購読する方はまだまだ多く、一定の需要が見込める仕事です。

新聞配達に関するコラムはこちら
新聞配達員の1日の流れ
新聞配達早く配るコツ

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
新聞配達バイトがおすすめの理由

傘をさす女性

ウーバーイーツのバイトでなく、新聞配達のバイトがおススメの理由について、ご紹介しましょう。

①スキルや経験が必要ない
新聞配達バイトは他のバイトとは違い、スキルや経験がなくても始められるのがメリットです。
最初のうちは配達順路を覚えるのが大変だったりしますが、先輩スタッフから道順を教えてもらっているうちに慣れてくるはずです。

②コミュニケーション能力が必要ない
どんなアルバイトでも、ある程度のコミュニケーション能力を必要としますが、新聞配達は特に必要ないのもおすすめの理由です。
新聞販売所で作業をした後、配達している間はもくもくと一人でできるので気楽なバイトと言えるでしょう。
人と関わるのが苦手だったり、コミュニケーション能力が低いと感じたりする方にとっておすすめです。

③配達エリアに詳しくなる
新聞配達バイトはウーバーイーツとは違い、毎日決まったエリアを配達する仕事です。
配達している中で、春夏秋冬の季節の変化や新しくできたお店の情報などをいち早く感じることができるでしょう。

④早寝早起きが身に付く
ウーバーイーツと違い、新聞配達のバイトは朝早く起きなければならないバイトです。
そのため、毎日続けることで自然に早寝早起きの習慣が身に付くでしょう。
この生活習慣は新聞配達のバイトを辞めた後も役立つに違いありません。

⑤体力が身に付く
新聞配達バイトは基本的にバイクか自転車を使いますが、マンションやアパートなどでは1軒1軒歩いて投函しなければならない場合も。
1日に1万歩以上歩くことも珍しくないでしょう。

⑥住み込みで働ける
ウーバーイーツと比べて新聞配達バイトがおすすめの最大の理由は住み込みで働けること。
「住み込み=住む場所が確保できるだけでは?」と思われるかもしれません。
でも、実際は住み込みで働くことでさまざまなメリットがあります。
どんなメリットがあるのでしょうか?
まず、仕事と住む場所が同時に確保できるのがメリットです。
一般的なバイトだと、自分で住む場所を探して契約しなければなりません。
手続きに時間や手間がかかってしまいます。
でも、新聞配達バイトなら採用=仕事&住まいを手に入れられるのはかなり魅力的です。
また、住み込みで働く場合、敷金や礼金、引っ越し費用などの初期費用がかからずに済むのもメリットです。
家賃や光熱費も無料だったり、家具や家電などが備え付けられていたりなど、本来ならかかる費用を大幅に浮かすことができるでしょう。
毎月の家賃+光熱費の合計が7万円かかるとすると、その分が浮くため年間84万円も節約できます。
貯金したり、好きなことに使ったりなどできるのはかなりメリットですね。

新聞配達バイトの求人の探し方

人差し指を立てる女性

このように、新聞配達バイトは魅力ある仕事です。
でも、どうやって探せば効率よく見つけることができるのでしょうか?

①近くの新聞販売所に問い合わせてみる
お住まいの地域にある新聞販売所に直接出向いたり、電話をかけたりして問い合わせてみましょう。
新聞販売所のほとんどは人材不足に悩んでいます。
応募=採用というケースが多いでしょう。

②求人サイトをチェックする
ネットで求人サイトをチェックするのも手です。
さまざまな職種から「新聞配達」を選び、働きたいエリアの新聞配達バイトを探してみましょう。

③新聞配達ドットコムを利用する
新聞配達バイトの求人を効率よく探すのにおすすめの方法は新聞配達ドットコムの利用です。
新聞配達ドットコムは新聞配達の仕事に特化した求人サイト。
正社員、契約社員、派遣社員、業務委託、長期&短期アルバイトなどのお仕事情報を提供しています。
また、即入居できるものや住み込みで働ける寮費無料のものや家族寮、カップル寮の求人、日払いバイトや高収入の求人など、さまざまなものが掲載されています。
ライフスタイルや暮らしたい場所、働き方などに合わせて新聞配達の求人を探すことができるサイト。
ウーバーイーツをしているけれど、思うように稼げなくなった…という方はぜひ、新聞配達ドットコムで新聞配達バイトの求人を探してみてください。

まとめ
コロナ禍が終了した後のウーバーイーツの現在はどうなっているのか、おすすめの仕事にはどのようなものがあるのかなど、詳しく解説しました。
コロナ禍が終わった今、ウーバーイーツは思うように稼げなくなっており、新聞配達への転職がおすすめです。
ここでご紹介した新聞配達バイトをおすすめする理由をおさえた上で、新聞配達ドットコムを使って効率よく求人探しをしてみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 新聞配達(正社員)の給料はいくらくらい?

  2. 新聞配達員必見!梅雨時期に使えるレインウェアランキング

  3. 新聞配達バイトの1日スケジュール

  4. 朝日新聞販売店とは?

  5. 古新聞がアマゾンで売られている?

  6. 家賃補助とは?

  7. 住み込みで働くメリット

  8. 未経験でも大丈夫!住み込みバイト

  9. 新聞各紙の統合版って?

他の条件で探す