新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

日経新聞の歴史

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
経済についての情報が充実した日本経済新聞は内容の7割が国内、国外の経済についての情報となっています。
そのため、金融関係の企業に勤務するビジネスマンを中心に多くのビジネスマンたちが購読しています。
そんな日本経済新聞の新聞配達バイトをしてみたいとお考えの方のために、日本経済新聞の特徴や読者層、日本経済新聞の販売店で新聞配達バイトをするメリットなどを解説します。
日経新聞の特徴と読者層

日経新聞

全国紙には朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の、産経新聞のほかに日経新聞がありますが、日経新聞はその名のとおり、経済についての情報が充実していることで知られています。
他の一般紙とは一線を画し一面には経済関連のニュースが掲載されることがほとんどで、総合面、政治面、経済面、国際面…と続くのは他の一般紙と変わりませんが、次に企業総合面があるのが特徴です。
この企業総合面に掲載しきれなかった情報は次の企業面に掲載されます。
また、業界別の人事情報などが掲載されているため、取引先の人事異動などをこのページでチェックしているビジネスマンも多いです。
経済新聞の中で最も発行部数が多く、国内外の経済情報が発信されています。
そのため、金融業務を担うビジネスマンを中心に多くのビジネスマンたちが日経新聞を読んでいます。
日経新聞は世界各国の経済情報を得ることができ、経営者層の購読者も多いです。
また、日経新聞を購読している読者層の平均所得は約921万円で、世帯年収は3割が1,000万円とも。
金融資産については1,500万円以上保有している世帯が4割強となっており、経済的に高い水準の人が購読していることが分かります。
日経新聞の歴史

サラリーマン

日経新聞は1876年3月に三井物産が発行する週刊中外物価新報として創刊しましたが、当時東京日日新聞版元の日報社に印刷を委託していたそうです。
その後、1885年に日刊紙となり、1889年に中外商業新法に改題。
経済や財政に関する記事のほか、国内外の一般ニュースも掲載するようになりました。
1924年10月には夕刊の発行を開始し、その後大阪中外商業新報を創刊します。
それ依頼、経済の専門紙として発展し続け、1941年には三井本社保有の自社株を全て譲渡され独立経営へと移行します。
日経新聞が現在の日本経済新聞という題号へ変更されたのは1946年3月からのことで、創刊号から数えると2万号を超えました。
その後、第二次世界大戦後の1946年に日本経済新聞へと社名が変わり、1950年現在の日刊工業新聞の題字へ復活し、日本経済の成長とともに日経新聞も飛躍的に発行部数を伸ばし、1951年には大阪で印刷がスタート。
1964年には西部、1970年には札幌、1975年弘前、1980年代に入ると名古屋、松本、広島と分散印刷方式で全国展開を進めます。
2008年になると、沖縄印刷を全国紙で始めてスタートさせます。
海外向けの週刊英字経済紙THE JAPAN ECONOMIC JOURNALを創刊。
2010年には認定持ち株会社テレビ東京ホールディングスが設立され、テレビ東京、テレビ東京ブロードバンド、BSジャパンが傘下となります。
2011年には朝刊の発行部数が300万部を下回り、2014年日本経済社と日経広告が合併、新株価指数JPX日経400算出をスタートさせます。
2017年3月4日から土曜日と日曜日付けの1面レイアウトがリニューアルされ、土日のみ題字が横組みとなりました。
2020年12月には朝刊発行部数が200万部を下回りました。

新聞の歴史に関するコラムはこちら
読売新聞の歴史
朝日新聞の歴史
産経新聞の歴史

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
日経新聞で新聞配達バイトをするメリット

喜ぶ男性

日経新聞は国内外の経済情報が充実した新聞で、読者層にビジネスマンや経営者、富裕層が多いことが分かりました。
では、日経新聞で新聞配達バイトをするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

①奨学生制度が利用できる
日経新聞も他の新聞と同様、奨学生制度が設けられています。
東京地区では最も奨学生が多く、女子学生も多く在籍しています。
4年生大学、専門学校、各種学校、予備校などが適用で、学費は無理しで全額貸与となっています。
さらに、免除学内であれば全額返済不要の魅力的な制度です。

②寮が完備されている
日経新聞の新聞配達バイトなら、量がカビされており、無料で利用できるのがメリットです。
しかも、クーラーもしくはエアコンが完備されているのも魅力ですね。
販売所にはシャワートイレやシャワールームも完備されているので、暑い日に新聞配達で汗をかいても安心です。

③マイペースで仕事ができる
新聞配達バイトは人と接する機会が少なく、販売店でも荷物をおろしたり、折込み作業をしたりと黙々と作業をするため、マイペースに作業ができます。
また、配達中は1人なので人と接することもありません。
朝刊のバイトなら、人が寝ている早朝に仕事をするので、人間関係がわずらわしい人にとって最適なバイトと言えるでしょう。
きちんと配達さえすれば帰宅できるので、自分のペースで仕事をしたい人にとってメリットです。

④地域に詳しくなれる
毎日日経新聞の新聞配達を続けるうちに、配達地域の地理に詳しくなるのもメリットです。
それまで気づかなかった近道を見つけたり、きれいな花が咲いているのに気づいたり…。
毎日生活している地域でも、意外と知らないことは多いです
桜が咲く時期が分かったり、おいしいお店を見つけたりできれば、プライベートでも役立つでしょう。
自分の住んでいるエリアのさまざまな変化を楽しみながらできるバイトです。

⑤就職に有利なことも
日経新聞の新聞配達のバイトをすることで、就職に有利になるかもしれません。
新聞配達のバイトは朝刊は朝3時位~6時位、夕刊は16時位~18時位の間、きちんと出勤し配達しなければなりません。
どんな悪天候であっても、簡単に休めるわけではありません。
時間を守り、毎日コツコツと続ける新聞配達バイトは就職の際も信頼できる人というイメージを持ってもらえると思います。

⑥体力がつく
気温や天候に関わらず毎日決まった時間に配達しなければならない新聞配達バイト。
最初のうちは体力的にきついかもしれませんが、続けているうちに体力がついてくるでしょう。
また、精神力もついてくると思います。
長期間きちんと働ける人が求められるので、安定してアルバイト代を稼ぎたい人にとってはもってこいのアルバイトではないでしょうか。

日経新聞の新聞配達バイトが向いている人

新聞をくわえた犬

では、日経新聞の新聞配達バイトが向いている人って、どんな人なのでしょうか?

①コツコツ仕事ができる人
新聞配達のアルバイトは地道な作業なので、コツコツ仕事ができる人向きです。
毎日朝早く起きて同じ作業を繰り返すので、我慢強い人でないと務まりません。
お客様のポストへ毎日新聞を投函する仕事は慣れないうちはハードかもしれませんが、慣れてくると退屈に感じることも。
そのため、コツコツと地道に仕事をするのがつらいと感じる人にはおすすめできません。

②時間にきっちりしている人
新聞配達のバイトは時間厳守できる人しか務まりません。
朝は早く起きなければなりませんし、新聞を届けるのが遅れると大変です。
毎朝きちんと時間通りに販売所へ行き、時間内に各家庭へ新聞を配る必要があります。
時間を厳守できる人に向いているアルバイトと言えるでしょう。

まとめ
日経新聞の特徴や読者層、歴史や日経新聞で新聞配達するメリットについてまとめてみました。
さまざまな新聞がある中で日経新聞で新聞配達のバイトをしたいという方もいるでしょう。
その際、日経新聞についてのさまざまな情報を知っておくと何かと役に立つはずです。
ここでご紹介したことが参考になれば幸いです。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 社宅・寮の形状や間取りを徹底検証

  2. 読売センターお届け便とは?

  3. 新聞配達の寒さ対策

  4. 人間関係やコミュニケーションが苦手な人にオススメなお仕事

  5. 都心で寮付きバイト!

  6. 社宅・寮に引っ越す心構え

  7. 朝日新聞販売店とは?

  8. 新聞配達早く配るコツ

  9. WEB面接のメリット

他の条件で探す