新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

読売新聞の歴史

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
明快な主張と充実した内容が特徴の読売新聞は数多くのスクープ記事で読者の心をつかんでいます。
また、読売ジャイアンツの詳細な情報が得られる新聞としても人気を得ています。
そんな読売新聞で新聞配達のアルバイトをしてみたいという方のために、読売新聞の特徴や読者層、歴史や読売新聞の新聞配達バイトをするメリットなどをご紹介します。
読売新聞の特徴や読者層

新聞

読売新聞は数々のスクープ記事を掲載し、人気の高い新聞の1つです。
かつて新聞協会賞を受賞したこともあり、説得力があり現実的な報道で社会を動かしてきた新聞だと言っていいでしょう。
現在、読者のニーズに合う内容を数多く提供しており、高い支持を得ており、読売新聞の読者は読売新聞のみしか読まないのも特徴です。
読者層は一部上場企業の会社員や管理職、役員クラスや経営者が多いと言われています。
50~60代のアクティブシニア層や社会的地位が高い方が多く、企業情報に関心が高い読者層が多いことも分かっています。

読売新聞の歴史

日本庭園

次に、読売新聞の歴史についてご紹介しましょう。
1870年、横浜毎日新聞の編集に関わった子安峻氏らによって、合名会社日就社の商号で横浜で創立しました。
1873年には英和辞彙を刊行し、1874年読売新聞が創刊されました。
創刊号は半紙大の大きさで表裏2ページ、定価は1ヵ月10銭だったそうです。
なお、紙面は布告、新聞、説話、稟告の4つに分かれており、横長だったのが1874年に縦長になり4ページに倍増、広告については創刊後すぐに掲載されています。
1899年、本野盛亨が社長となり、1909本野氏が死去後次男の英吉郎が社長に就任。
1917年に読売新聞社に社名を改称、1950年に株式会社に改組されました。
読売新聞は感じの傍訓が売り物だったそうで、単純に漢字の読み方を記載するのではなく、話し言葉に近い分かりやすい言葉で表現していました。
なお、創刊当初は隔日刊だったのが、1875年に日刊となり、約200部だった発行部数はその後1万部へと増え、1875年になると年間発行部数は他の新聞をおさえて第1位へとのぼりつめます。
その後、読売新聞は現在の「くらし家庭」の前身である「よみうり婦人附録」を創設、さまざまな時代の先取り情報を掲載したり、事業の展開を進めていきました。
ですが、関東大震災により大きな打撃を受け、経営の安定化が求められました。
その1つに読売巨人軍の前身である「大日本東京野球倶楽部」の設立があります。
このことで発行部数が急激に伸び、東京で第1位に。
全国へと読売新聞の名前は広がるも第二次世界大戦が激化し、再度経営は厳しくなっていきます。
第二次世界大戦後、全国展開したことで名古屋高速印刷株式会社だった中部読売新聞社が1974年読売新聞社と業務提携を結び株式会社中部読売新聞社となります。
その後、中部読売新聞社本社は1988年に読売新聞社の中部読売新聞社を吸収、読売興業の社内部署に。
第二次世界大戦が終わり、読売新聞は北海道、北陸、中部、大阪、九州などでも発行する体制を整え、全国紙として急激に成長していき、さまざまなスクープ記事で数多くの賞を受賞、紙面の価値を高めていきます。
また、世界最大の発行部数を誇る地位を築くいっぽうで、さまざまなデジタルサービスの開始や提言報道の開始、読売中高生新聞の創刊など、メディアとして進化し続けています。

新聞の歴史に関するコラムはこちら
日経新聞の歴史
毎日新聞の歴史
東京新聞の歴史

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
読売新聞で新聞配達バイトをするメリット

ペンとメモ帳

さまざまな新聞がある中で、読売新聞の販売所でアルバイトをしてみたいという方もいるでしょう。
読売新聞の新聞配達をするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
メリットについて順番に見ていきましょう。

①仕事になじみやすい
他の新聞と比べ、読売新聞の販売所の店舗数は多いため、配達エリアがコンパクトです。
そのため、仕事に慣れるまでにそこまで時間がかからないのがメリットです。
また、読売新聞の販売所のスタッフはお客様からの信頼を得るため、YCユニフォームを着用します。
読売新聞の新聞配達をしているという誇りを持ってバイトができるのはうれしいと思います。

②奨学生制度が利用できる
新聞配達をする方の中にはご自分の学費を稼ぐ目的で働くという方もいるでしょう。
そのような方に読売新聞の新聞配達アルバイトはおすすめです。
読売新聞の新聞配達をするメリットに読売育英奨学生制度を利用できるというのがあります。
この制度は朝刊、夕刊の配達業務のアルバイトをしながら、学費の支援を受け専門学校や大学などに通える制度。
1964年に設立された制度で、さまざまな新聞の中で歴史が最も古いことで知られており、すでに8万人以上の人がこの制度を利用しているそうですよ。
学校の入学金や授業料を読売育英奨学会が立て替えてくれ、勤務年数に応じて返済が免除される制度です。
もちろん、奨学生には毎月給与が支給され、賞与がある場合も。
さらに、奨学生の希望により読売育英奨学会理事長の推薦状の発行が就職活動の支援策として設けられています。
卒業時にお祝い金の支給があるのも魅力的ですね。

③読売新聞が読める
当たり前と言えばそれまでですが、読売新聞の新聞配達バイトをすれば、読売新聞が読めるのがメリットです。
読売新聞の読者の多くは読売ジャイアンツファンだと思います。
ジャイアンツファンにとって、読売新聞が毎日読めるのは魅力的なことではないでしょうか?
しかも、他の人よりいち早く情報を得られるのは読売新聞の新聞配達バイトならではのメリットだと思います。

④早起きの習慣が身につく
読売新聞の新聞配達アルバイトをする場合、朝早く起きて朝刊を配らなねばなりません。
そのため、寝る時間が早くなり早寝早起きの習慣が身につきます。
早寝早起きの習慣が身につけば、健康的な生活を送ることができるでしょう。
アルバイトを始めた頃は慣れずにつらいかもしれませんが、1ヵ月も経てば慣れてくるはずです。

⑤運動不足が解消できる
また、日ごろ運動をする習慣がない人にとって、新聞配達のアルバイトをすることで運動不足解消につながります。
わざわざジムに通うとなると、時間やお金がかかりますが、新聞配達のアルバイトならお金をもらいながら運動できますね。

⑥就職活動に有利になる
意外と知られていませんが、新聞配達のアルバイトは就職活動に有利な一面もあります。
就活の面接時、新聞配達のアルバイトをしたことをアピールできます。
また、毎日規則正しい健康的な生活を送り続けてきたことはアピールポイントになるはずです。
採用する側からすれば、学生時代毎日遊びまわって不規則な生活を送ってきた学生より、規則正しい生活をしてきた学生を採用したいと思うのは当然です。
他の学生に差をつけることができる絶好のアルバイトと言っていいでしょう。

⑦未経験でも取り組める
接客業などのアルバイトはある程度経験がないとチャレンジしづらいですが、新聞配達のバイトなら未経験でも取り組みやすいと思います。
最初のうちは配達する道順や方法などを先輩スタッフが指導してくれるので、心配する必要はありません。

まとめ
読売新聞の特徴や読者層、新聞配達バイトをするメリットなどをご紹介しました。
読売新聞の新聞配達バイトなら、奨学生制度を利用したり、未経験でも取り組みやすかったりとメリットが多いです。
最初は朝早く起きて慣れないバイトをするのは大変かもしれません。
でも、先輩スタッフが親切ていねいに教えてくれるため、不安に思う必要はないでしょう。
どの新聞販売所でアルバイトすればいいか迷っている方は参考にしてみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 新聞配達のバイトはきつい?

  2. 寮暮らしに必要なもの

  3. ペット可の寮付き住み込みバイト

  4. 社宅・寮に引っ越す心構え

  5. 住所不定でも住み込みの仕事で雇ってもらえる?

  6. 仕事辞めたい…転職できない…新聞屋さんで働こう!

  7. 住み込みのバイトはきつい?

  8. 新聞休刊日って?

  9. SDGsへの取り組み“コツコツ始めよう地域クリーン作戦inさいたま市”

他の条件で探す