新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

産経新聞の歴史

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
産経新聞は日本工業新聞という名前で創刊された日刊新聞で、2019年時点で発行部数140万部をほこります。
過去にさまざまなスクープ記事を掲載し、新聞協会賞を受賞したこともある産経新聞。
そんな産経新聞で新聞配達のアルバイトをしてみたいという方のために、産経新聞の特徴や読者層、歴史、産経新聞の販売所の新聞配達の仕事内容やメリット、身につくスキルなどをご紹介します。
産経新聞の特徴や読者層

データ写真

日本工業新聞という名前で1933年に創刊された産経新聞は正論路線をベースにしているのが特徴で、国際問題や歴史を独自の視点から報じています。
数々のスクープ記事を掲載し、新聞協会賞を受賞。
一面に産経抄を掲載しており、世界情勢や時事問題を独自の切り口で報じています。
2面には社説を掲載し、独自の主張を展開。
また、地域ごとに分かれているのが特徴で、購読の際は住んでいる地域によって申し込み先が違っています。
読者の年齢層で最も多いのが50~60代で、読者の平均年収は約350万円となっています。
そのうち年収が700万円以上の割合は約15%程度で、他の新聞の読者層と比べて高いのが特徴です。
産経新聞の歴史

産経新聞

1933年6月、夕刊大阪新聞社により日本工業新聞として大阪市で創刊。
この日が産経新聞の創刊日としています。
1942年、勅令新聞事業令により、大阪中外商業新報など、名古屋より西部を拠点とする経済の新聞と強制統合され、産業経済新聞という題号で産業経済新聞社という商号へと変更します。
1955年、東京で発行される産業経済新聞と時事新報が合同、産経時事へと改題され、東京都千代田区大手町に東京本社ビルが完成します。
1956年、大阪で夕刊の発行がスタート。
1958年、東京へと進出したことで債務超過へと陥り、経営危機を迎えます。
その後、住友銀行のサポートを受け、首脳に財界関係者を迎えます。
と同時に右派強硬路線へと論調を変更、7月東京で発行の産経時事から産経新聞へと改題されました。
1959年、大阪で発行の産経新聞へと改題され、東西で異なる題号を統一します。
1967年、フジテレビジョン、ニッポン放送、文化放送によりフジサンケイグループを結成。
1988年、全国で始めて本格的カラー紙面を採用。
週刊サンケイを扶桑社へと移譲。
2005年、大阪本社を大阪市浪速区湊町の難波サンケイビルへと移転します。
2017年、英語版サイトを開設。
2021年、販売店部数が100万部を下回り、駅やコンビニで発売の部数を合わせて103万部となりました。

新聞の歴史に関するコラムはこちら
日経新聞の歴史
東京新聞の歴史

産経新聞の新聞配達アルバイトの仕事内容

スーツを着た男性

産経新聞の仕事内容はどのようなものなのか、具体的な内容についてご紹介します。
まず、トラックが販売所に着いたら、荷物を下ろし中へと運びます。
まとまった量の新聞はかなりの重量があるので、力が必要な仕事と言えるでしょう。
次に、新聞にチラシを折り込んでいきます。
機械で行う販売所も多いですが、一つ一つ手作業で行うことも。
雨の日には新聞が濡れないようビニール袋に入れることもあります。
チラシを折り込んだ後、新聞配達用の自転車やバイクなどに積み込み、配達します。
朝刊を配達した後、夕刊の配達までは自由時間です。
朝刊と夕刊のどちらかのみの配達アルバイトも可能です。
新聞購読の営業活動をアルバイトが行う販売所もあります。
また、新聞購読料の集金については件数により歩合給が付くケースもあるため、新聞配達アルバイト以上に収入を得たいという方は最適の仕事です。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
産経新聞の新聞配達アルバイトをするメリット

やる気に溢れた男性

産経新聞にはこのような特徴や読者層、歴史があることが分かりました。
では、産経新聞の新聞配達アルバイトをするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

①拘束時間が短い
産経新聞の新聞配達アルバイトをするメリットに拘束時間が短いというのがあります。
朝刊なら朝6時頃には帰宅でき、その後の時間を有効に使うことができますね。
それまで朝ゆっくり寝ていた人が新聞配達のアルバイトをするようになり、早起きの習慣がつき、1日を有効に使えるようになる人が多いです。
人によっては朝刊のアルバイトをした後学校へ行き、夜他のアルバイトを場合も。
日中、他のアルバイトをすることもできるでしょう。

②奨学生制度が使える
また、産経新聞の新聞配達アルバイトをする際、奨学生制度を活用することができます。
産経新聞で新聞配達をすることで学費を全額もしくは一部を肩代わりしてくれる制度です。
また、寮を完備している販売所もあり、住居費や食費などを抑えることができるのもメリットです。
就職の際、奨学金制度を受けながら新聞配達アルバイトをしていたことがアピールポイントにもなるでしょう。

産経新聞のアルバイトで身につくスキル

カフェの写真

産経新聞の新聞配達アルバイトはさまざまなメリットがある魅力的なアルバイトだということが分かりました。
では、どのようなスキルが身につくのかについても見ていきましょう。

①自己管理能力
意外と難しいのが早寝早起きですが、新聞配達アルバイトをすることで早寝早起きの習慣が身につきます。
最初はつらいかもしれませんが、慣れてくると朝早く起きることができるようになるでしょう。
また、時間内に確実に全ての新聞を配り終わらねばならないため、時間管理が身につきます。
新聞配達アルバイトを続けるうちに、このような自己管理能力が身についてくるでしょう。

②他人への気配り
他人への気配りができるかどうかは釈迦人として大切なスキルの1つで、周りの人への気配りができないと仕事がスムーズに進みません。
新聞配達アルバイトをする上でたとえば、天気が悪い日は新聞が濡れないよう一部一部ビニール袋に包まなければなりません。
また、配達中もお客様に出会ったら、挨拶をしたり、直接渡したりと臨機応変に対応する必要があります。
社会に出ると、周りの人へのさりげない気配りができる人は信頼を得やすいと言えるでしょう。

産経新聞の新聞配達アルバイトをスムーズに行うには

喜ぶ女性

産経新聞の新聞配達にはさまざまな魅力がありますが、どういうコツをおさえて行えばスムーズに行うことができるのか、お教えしましょう。
慣れるまでは大変な新聞配達アルバイト。
うまくコツをつかむことでより効率アップできるでしょう。

①配達順路を覚える
たとえば、配達順路を早く覚えること。
それぞれの販売店で順路帳を用意していると思いますが、スピーディに暗記できるよう努めましょう。
ただ、エリアによっては細い路地を配達する場合も。
早く覚えられるよう配達時間外に実際にルートを歩いてみるなど工夫してみるといいでしょう。

②健康な体づくり
健康な体づくりも重要です。
バランスの取れた食生活を心がけることも健康な体づくりに役立ちます。
できれば、外食やコンビニ食ではなく自炊するのがおすすめです。
寮によってはバランスの取れた食事が提供される場合もあるでしょう。
朝昼晩と栄養をしっかり摂って、健康な体づくりに努めましょう。
また、睡眠不足だと事故やトラブルのリスクが高まります。
夜は早く寝るようにし、朝スッキリと目覚められるようにしましょう。

まとめ
産経新聞の特徴や読者層、歴史や仕事内容、身につくスキルなどをご紹介しました。
また、産経新聞の新聞配達アルバイトをすることでさまざまなメリットがあることもお分かりいただけたと思います。
世の中にはさまざまなアルバイトがありますが、新聞配達のアルバイトは魅力があり社会人としてのスキルが身につきやすいです。
今回ご紹介したことが産経新聞の新聞配達アルバイトに興味がある方の参考になれば幸いです。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 社宅・寮に引っ越す心構え

  2. 新聞配達ドットコム

    新聞配達ドットコムを使って即入寮する方法

  3. 新聞配達スタッフの花粉症対策

  4. 読売センターお届け便とは?

  5. 新聞配達の経験がある有名人

  6. 人間関係やコミュニケーションが苦手な人にオススメなお仕事

  7. 日経新聞の歴史

  8. 今すぐ働きたい!

  9. 寮に住むメリットは?

他の条件で探す