新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達スタッフの花粉症対策

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
寒さが和らぎ暖かい日が増えてくると、新聞配達バイトのスタッフさんも早起きしやすくなるでしょう。
でも、この時期につらい思いをする方も多いです。
ある調査によれば、日本人の半分近くの方が花粉症と言われており、新聞配達バイトの方にもお悩みの方が多いと思います。
そこで、今回はつらい花粉症の時期を快適に過ごせる、新聞配達スタッフの花粉症対策をご紹介します。
新聞配達バイトにおすすめの花粉症対策

パソコンを眺める女性

つらい花粉症の症状を少しでも軽減するためにはどのような対策を行えばいいのでしょうか?

①マスクを着用する
新聞配達バイトが花粉症対策として最も大切なのはマスクの着用です。
新聞配達のスタッフ以外の方も、花粉症に悩む方の多くがマスクを着用しています。
最近は高機能なマスクも増えています。
たとえば、スポーツなど体を動かす際も息がしやすいマスクや、花粉以外に有害物質を取り除くマスクなどですね。
新聞配達を行う際に重要なのは顔に密着するものを選ぶこと。
顔とマスクの間に隙間があると、その間から花粉が侵入してしまうからです。
また、呼吸しやすいものを選ぶようにし、1日使ったマスクは捨て、新しいものを使うようにしましょう。

②花粉メガネを着用する
新聞配達のバイトをしている最中に花粉が目に入り、かゆくてたまらなくなる時も。
すぐにかゆみを抑える目薬をさせるといいですが、携帯していないと仕事のモチベーションが下がってしまいます。
そこで、花粉用のメガネを着用しておくことをおすすめします。
一般的なメガネとの違いは横が深くまでプラスチックになっており、目に花粉が侵入しづらいこと。
見た目も違和感がないので、普通のメガネのように使用できるのが魅力です。

③花粉スプレーを使用する
最近、花粉をつきにくくするスプレーが発売されているのをご存じでしょうか?
顔や着ているものにかけると、花粉がつきにくくなるスプレーです。
価格も手ごろで新聞配達を始める前にかけるだけでいいのが魅力的です。

④着るものに気をつける
新聞配達バイトにとって最も大切なのが花粉を寄せ付けないこと。
実は着ているものの素材によって、付着する花粉の量が変わってくるのをご存じでしょうか?
化学繊維やコットン素材と比べ、ウール素材の衣類は花粉が付きやすいと言われています。
花粉が衣類についてしまうと、家の中にまで持ち込んでしまうので、花粉の時期に新聞配達バイトをする際はウール素材の衣類を着用するのは避けましょう。
また、衣類だけでなく頭や顔にも花粉がついてしまうため、つばの広い帽子をかぶるなど工夫しましょう。

⑤帰宅時に気をつける
新聞配達バイトから帰宅した時、しっかりと花粉を払って家に入ることが大切です。
家に入る前、上着についた花粉を払って入るようにし、できればすぐにシャワーを浴び、別の服に着替えましょう。
着ていた服は洗うのがベストです。

⑥うがいをする
花粉症対策で意外と知られていないのがうがいをすること。
花粉が飛ぶ時期、のどの調子が悪くなる方多いと思います。
花粉を鼻から吸い込むと、のどの奥へと送られてしまいのどがイガイガするのです。
インフルエンザなどが流行する冬だけでなく、日ごろから帰宅後うがいをすることで花粉症対策になります。
また、お風呂に入ったら蒸気を鼻から吸い込んで体の中に侵入した花粉を外へ出すイメージでゆったりとリラックス。
花粉が飛散する時期は肌が荒れやすいので、保湿タイプの入浴剤を入れるといいでしょう。

⑦窓を開けない
当たり前のことですが、花粉が飛ぶ時期に窓を開けておくと家の中に花粉が入ってくるため、窓を開けっぱなしにするのはやめましょう。
また、洗濯物や布団を外に干さないことも重要です。

⑧こまめに掃除する
こまめに掃除することも花粉症対策に役立ちます。
最初に掃除機をかけてしまうと床にたまった花粉が空気中に広がってしまうので、先に拭き掃除をするといいでしょう。
窓や玄関の周りには特に花粉がたまりやすいので、こまめに拭き掃除することをおすすめします。
花粉を除去してくれる空気清浄機の他に、空気中に漂う花粉を下に落としてくれる加湿器も併用するとより効果的です。

⑨服薬する
一度花粉症の症状が出てしまうと、粘膜が敏感になり悪化しやすくなることも。
そうならないためにも、症状が出る前から服薬することも大切です。
服薬せずに放っておいても、症状が改善することはありません。
早めに医療機関を受診し、自分の花粉症の症状に合った薬を処方してもらいましょう。
花粉症は毎年いつ症状が出現するのか分かっているため、初期段階で服薬すると症状を抑えられることが認められています。
最近では花粉が飛散する1週間前位から服薬し始めれば症状が軽く済むケースが多いです。
花粉情報をこまめに確認することをおすすめします。

⑩規則正しい生活を心がける
新聞配達バイトをされているスタッフの方は日ごろから早寝早起きをしていると思います。
このことは花粉症対策として役立つことが分かっています。
もし、夜更かしが続いて睡眠不足になると、ホルモンバランスが乱れたり、免疫機能が低下したりと、花粉症悪化の原因になることも。
また、新聞配達スタッフの方は栄養のバランスに気を配るようにしましょう。
できるだけ辛いものなど刺激物は避け、腸内環境を整えることをおすすめします。
ヨーグルトや納豆など乳酸菌の多い食べ物を摂ると、腸内環境が改善しアレルギー症状を抑制する効果が期待できます。
逆に、脂っこいものや甘いもの、添加物の多いものは避けるのが無難です。
また、お酒を大量に飲むと血管を拡げ目の充血や鼻づまりなどが起こりやすくなります。
暴飲暴食も免疫力の低下につながり、症状悪化につながるため飲酒は控えめにしましょう。
喫煙も鼻づまりを悪化する原因になると言われています。
自分が吸わなくても回りに喫煙者がいると、その煙で刺激を受けてしまうので空気清浄器を使って空気をきれいに保つことをおすすめします。 

⑪ストレスを溜め込まない
新聞配達バイトをしていると、ストレスを感じることも多いでしょう。
実はストレスを溜め込むことで花粉症が悪化することが分かっています。
ストレスを発散するためにも、水泳やウォーキングなど適度な運動を行いましょう。
また、シャワーではなく湯船に浸かってリラックスするのもおすすめです。
ゆったりとお湯に浸かって体を温めることで体も心もリラックスするはずです。
花粉症を悪化させないためにも、その日のストレスはその日のうちに解消することをおすすめします。
さらに、質のいい睡眠が取れるよう部屋の温度を適温にしたり、寝具を整えたりするのもおすすめ。
アロマなどを利用するのもいいですね。

働き方に関するコラムはこちら
今すぐ働きたい!
コロナ禍終了。ウーバーイーツの今

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
まとめ
新聞配達バイトのスタッフの方におすすめの花粉症対策をいくつかご紹介いたしました。
今まで全く症状がない方もある日突然花粉症になる可能性があります。
なんの対策も講じていないと、新聞配達バイトをする際つらい思いをすることに。
そうならないためにも、ここでご紹介した対策を試してみてください。
新聞配達バイトとして働くスタッフの方やこれから新聞配達バイトの求人を探してみようと思っている方の参考になればうれしいです。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 新聞配達辞めたい理由

  2. 新聞販売店は女性も働けるの?

  3. 新聞配達員の私生活

  4. 寮暮らしに必要なもの

  5. コロナ禍終了。ウーバーイーツの今

  6. 読売センターお届け便とは?

  7. 読売新聞の歴史

  8. 未経験でも大丈夫!住み込みバイト

  9. SDGsへの取り組み“コツコツ始めよう地域クリーン作戦inさいたま市”

他の条件で探す