新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

ニートから脱却!新聞配達バイトで社会復帰!

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
仕事していない、学校にも行っていない人を意味する「ニート」という言葉を聞いたことがない人はいないと思います。
そんなニートの人たちの中にも社会復帰したいと思っている人は多いはず…。
ただ、長年ニートをしていた人が簡単に社会復帰するのは難しいでしょう。
そこで、今回はニートの方が社会復帰するのにおすすめの新聞配達バイトの仕事内容やおすすめする理由などをご紹介したいと思います。
1日も早くニートの方が社会復帰できるお手伝いになればと思います。
新聞配達バイトの仕事内容

段ボールを持つ男性

新聞配達バイトの主な業務は朝夕契約しているお店や企業、ご家庭に新聞を配達すること。
自転車や電動自転車、バイクなどを使って時間内に配達していきます。
早朝、新聞販売所に到着したトラックの荷台から大量の新聞を下ろし、1部1部にチラシを折り込んでいきます。
最近では機械を使うところも増えていますが、まだ手作業で折り込む販売所が多いようです。
ほかにも、集金業務や営業業務などもありますが、正社員が行ったり、専従のバイトの方が行ったりと、新聞販売店によってさまざまです。
もちろん、より収入を得たいという方は配達業務以外の業務を行うことも可能です。

新聞配達に関するコラムはこちら
新聞配達(正社員)の給料はいくらくらい?
新聞配達の時給相場って?

新聞配達バイトがニートの社会復帰におすすめの理由

座っている女性

次に、新聞配達バイトがニートの方の社会復帰におすすめの理由をお教えしたいと思います。

①人と関わる機会が少ない
ニート生活を続けていると、家族以外の人と関わることもなく対人関係が苦手になるでしょう。
社会人として生活する=人とのコミュニケーションが重要になりますが、ニートの方がすぐにコミュニケーションを取るのは難しいかと思います。
大きな組織の中で毎日人と深く関わりながら仕事をするのは難しいですが、新聞配達バイトならその必要がありません。
もちろん、他のスタッフとコミュニケーションを一切取らずに済むわけではないですが、最小限で済むのがメリットです。
新聞販売店でチラシの折り込みが済めば、後は一人で黙々と新聞を配達すればいいだけです。
時間内に確実に全ての配達先へ配達すればよく、他のバイトと比べて最小限のコミュニケーションで済むので、社会復帰しやすいバイトと言えるでしょう。

②早寝早起きの習慣が身に付く
ニートの方は夜遅くまでパソコンに向かっていたり、ゲームをしていたりと夜更かししてお昼頃まで寝ている方が多いです。
そのため、朝早く起きて太陽の光を浴びる機会も少ないと思います。
でも、新聞配達バイトなら太陽が昇る前から仕事を始め、時間内に全ての新聞を配達しなければならないため、夜早く寝て早朝に起きなければなりません。
朝日を浴びてさわやかな空気を吸うことで頭や体がリフレッシュしやる気が出るかもしれません。
毎日早寝早起きしているうちに、生活習慣の乱れも改善することでしょう。
ラッシュ前に仕事を終えるので、サラリーマンやOLさんの姿を見る機会も少ないので「自分はニートをしていたからこんな状態なんだ…」などと落ち込む心配もありません。
③短時間の仕事で続けやすい
ニートの方が社会復帰のためにいきなり長時間のバイトをするとなると、続けるのが難しいです。
短時間のバイトから始めるのが最適で、新聞配達バイトはうってつけだと言えるでしょう。
新聞配達バイトは週に〇回など好きな回数を選べるため、社会復帰する際は週に2~3回程度から始め、少しずつ増やしていくのがおすすめです。
また、最初は朝刊だけ、その後朝夕刊などと時間を延ばすといいでしょう。
もちろん、バイト先の新聞販売店は通勤時間が短くて済む家から近くがおすすめです。
そうすれば、長時間バスや電車の中で人込みにもまれて通勤する必要がありません。

④学歴や経験がなくてもできる
専門的な仕事や接客業など、学歴や経験がないと難しいバイトも多いですが、新聞配達バイトなら学歴や経験が必要なく、ニートの方でもチャレンジしやすいです。
求人票には「未経験可」となっているものもありますが、実際は経験がないと採用してもらえないものもあるようです。
上で書いたとおり、仕事内容も特に難しい作業もなく淡々と新聞を配達するだけなので、コンビニなどと比べて取り組みやすいバイトと言えるでしょう。

⑤就活に有利なことも
新聞配達バイトは就活に有利とも言われています。
長年ニートをしていた方の中には「バイトからいずれは正社員に…」とお考えの方もいるでしょう。
新聞配達で培った経験を面接時にアピールすれば「忍耐強く責任感を持って仕事をする人」という印象を与えることができるかもしれません。
採用する側から見れば、遊んでばかりいた学生よりこういった経験のある人材の方が欲しい人材であることは間違いのないことです。
いずれ正社員として働きたいとお考えの方はぜひ、新聞配達バイトの求人を探してみてください。

⑥プライベートの時間を多く持てる
新聞配達バイトがニートの社会復帰におすすめの理由にプライベートの時間を多く持てることが挙げられます。
朝早く朝刊を配り終えさえすれば、夕刊の配達までは全て自由時間なので、趣味や勉強に時間を充てることが可能です。
「バイトを始めたら好きな趣味に時間が割けない…」とお考えのニートの方にとってありがたいバイトと言えるでしょう。
また、日中空いた時間を就活のための時間に充てることもできるため、本格的な社会復帰をお考えのニートの方にもおすすめです。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
ニートの方が新聞配達バイトを始める際の注意点

両手で×をする女性

このように、ニートの方が新聞配達バイトを社会復帰の第一歩として選ぶことにメリットは多いです。
ただ、全くデメリットがないわけではなく、注意すべき点もあるので知っておきましょう。
新聞社は各紙それぞれが販売所を持っているため、一般的に配達するのは1種類の新聞だけです。
でも、地方では複数の新聞を扱う販売所もあるため、数種類の新聞を配達する場合も。
そのため、間違って別の新聞を配達しないよう注意する必要が出てきます。
また、配達部数は数百部になることも。
集合住宅ならまとめて配達できますが、一戸建てが多いエリアだと一軒一軒配達する必要があるため体力も必要ですし、時間もかかってしまうでしょう。
天候が悪い日の配達で、大雨の日など新聞が濡れないようビニール袋に入れ配達しなければならず、配達を終えるまでに時間がかかってしまいます。
このように、新聞配達バイトはニートの方が社会復帰するのにおすすめですが、きつい一面も持ち合わせています。
ただ、どんなバイトや仕事でもいいことばかりではなく、ある程度のデメリットがあるのは仕方のないこと。
デメリットが全くない仕事やアルバイトは存在しないと断言できます。
そんな中、新聞配達はメリット>デメリットなバイトと言えるのではないでしょうか?
まとめ
ニートの方に新聞配達バイトがおすすめの理由や新聞配達バイトの仕事内容についてご紹介しました。
ニートを長年続けていると、社会復帰のハードルが高くどんなバイトを探せばいいのか分からないかもしれません。
でも、ここでご紹介したとおり、新聞配達バイトなら社会復帰に最適なアルバイトと言えるでしょう。
「今はまだニート生活を送っているけれど、いずれ社会復帰したい」とお考えの方のお役に立てばと思います。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 工場勤務の仕事はきつい?

  2. 日経新聞の歴史

  3. シニアでも採用されやすい住み込みの仕事

  4. スグに働ける寮付きの住み込み仕事なら新聞配達でしょ

  5. 今すぐ働きたい!

  6. 住み込みのバイトはきつい?

  7. 新聞配達の寒さ対策

  8. 派遣切りにあったら新聞配達をしよう

  9. お金がなくても引っ越したい!寮付きの住み込み求人

他の条件で探す