新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達のバイトはきつい?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
新聞配達バイトはきついというイメージをお持ちの方が多いと思います。
早朝に起きて新聞販売店へ行き、重い新聞を運び入れ、折り込みチラシをはさみバイクや自転車で契約しているお客様のお宅へ新聞を配達する新聞配達バイト。
どうしてきついと言われるのか、仕事内容やメリットについても解説いたします。
新聞配達バイトの求人をお探しの方はぜひ参考にしてみてくださいね。
新聞配達バイトの仕事内容

きつそうな顔をする男性

新聞配達バイトがなぜきついと言われるか解説する前に、その仕事内容について詳しくご紹介いたしましょう。
新聞配達バイトの主な業務は朝刊と夕刊の配達です。
ほかにも、集金業務などを行う場合もあるようです。
業務ごとの詳しい内容について、以下で確認していきましょう。

①新聞販売店への荷物下ろし
早朝、トラックが新聞販売店へ到着したら、大量の新聞を荷台から下ろすのも新聞配達バイトの仕事の1つです。
新聞販売店のスタッフ総出で協力し合い新聞を運ばなくてはなりません。

②チラシの折り込み
スタッフ全員で新聞を中へ運び込んだら、チラシを折り込む作業へ取り掛かります。
最近は機械でチラシを折り込むところも増えているようですが、まだ手作業ではさみ込む新聞販売店も少なくないようです。
この作業が終了しないと朝刊の配達ができないため、スピーディに作業を進める必要があります。
また、雨の日は濡れないように新聞をビニール袋で包む作業も。
新聞販売店によってはチラシを折り込む作業専属のバイトを雇うところもありますが、ほとんどのところでは新聞配達スタッフ総出でチラシの折り込みを行います。

③朝刊の配達
チラシを折り込んだら、バイクや電動自転車などで担当する地域の新聞配達を行っていきます。
ほとんどの場合、朝6時までには全ての新聞を配らなければなりません。
朝刊の配達はさまざまな新聞を扱うことがあるため、誤配や入れ忘れなどがないように慎重に配達する必要があるでしょう。

④夕刊の配達
夕刊の配達は朝刊と違ってチラシを入れるケースは少ないですが、ごくまれにチラシを折り込む場合もあるようです。
ただ、その際も折り込むチラシは少ないので時間がかかることはないでしょう。
また、朝刊と比べて配達部数も少ないので配達を終えるまでの時間も短くて済むでしょう。

⑤新聞代金の集金
契約しているお宅を訪問し新聞購読料を集金する業務です。
この仕事はほとんどの場合正社員や専属の方が行いますが、新聞配達バイトが行うケースもあるようです。
月末頃に各ご家庭を回り購読料を集金しますが、このとき続けて契約してもらえるかどうか決まると言ってもいいでしょう。
そのため、はきはきと笑顔で対応するなど、コミュニケーション能力が必要となります。
新聞配達バイトの求人を探す際、集金業務があるかどうか前もってチェックしておきましょう。

新聞配達バイトのメリット

人差し指を立てる女性

新聞配達バイトはきついと言われがちですが、メリットも多いバイトです。
どのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

①規則正しい生活習慣が身に付く
朝刊を配達する場合、朝日が昇る前に起きなければなりません。
そのため、夜早く寝る習慣が付き、睡眠の質が上がる場合も。
また、バイクや電動自転車を使って配達するとは言え、集合住宅の階段を上り下りするなど運動不足解消にもつながります。
夜更かしや運動不足など生活習慣が乱れている人にとって、新聞配達バイトは生活を見直すきっかけになりそうです。

②時給が高い
他のアルバイトと比べて仕事がハードな分、新聞配達バイトの時給は高めです。
特に朝刊の配達は夕刊より高めに設定されており、時給1,500円以上の場合も。
さらに稼ぎたい方は朝夕刊の配達だけでなく、集金業務も行えばかなりの収入になるでしょう。

③入寮できる
ほとんどの新聞販売店では寮を完備しており、住み込みで働くことが可能です。
入寮すると、敷金や礼金が浮いたり、引っ越し費用を負担してもらえたり、家賃や光熱費の負担がなかったりとメリットが多いです。
毎月その分を貯金や趣味に回すことができるのはかなりメリットだと思います。

④未経験でも取り組める
新聞配達バイトは特に経験がなくても、取り組める魅力的なバイトです。
経験がある方を優先的に採用するバイトが多い中、新聞配達なら気軽に応募できるでしょう。

⑥奨学金制度がある
新聞配達バイトをしながら学校に通う場合、新聞奨学金制度を利用することができます。
この制度は学費の全額もしくは一部を新聞社が肩代わりしてくれるもの。
学校に通いながらお金を稼ぎ学費を返済できるため、経済的に進学が難しい方にとって魅力的な制度です。
また、新聞配達バイトをしていたことで就職に有利になる場合も。
毎朝早く起き、新聞を配達し続けてきたことで「忍耐強い人」というイメージを与えることができ、就職活動でのアピールになるでしょう。

⑦マイペースで仕事ができる
一般的なバイトだと、他のスタッフやお客さんとのコミュニケーションを取らなければなりません。
でも、新聞配達バイトは配達している間は一人で黙々と作業できるので、マイペースに仕事をしたい方、人と関わるのが苦手な方に最適です。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
新聞配達バイトがきついと言われる理由

傘を持った女性

新聞配達バイトの仕事内容やメリットについてご紹介しました。
さまざまなメリットがある新聞配達バイトですが、きついと言われる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?
①天候が悪い日も配達しなければならない
新聞配達は雨や雪、風が強い日も休むことができません。
暴風雨の日も大雪の日も必ず新聞を届けなければならないハードなバイトです。
天候が悪い日の配達はそうでない人比べ、配達に時間がかかってしまうでしょう。
けがや事故を起こさないよう、細心の注意で配達しなければなりません。

②朝早く起きなければならない
慣れるまでの間、朝早く起きなければならないのはかなりハードだと思います。
もし、寝坊して配達が遅れてしまうと、契約者様からクレームの電話がくることも。
早寝早起きの習慣がない方にとって、きついかもしれません。
ただ、1カ月もすれば体が慣れてくるので、そこまで心配することもないでしょう。
朝刊の配達が終われば、後は自由時間なので勉強や趣味など好きなように過ごすことができますね。

③責任が重い
上でも書いた通り、新聞配達バイトは時間までに必ず配達し終えなければならりません。
もし、急病などで配達できないとなると、急遽別のスタッフを手配しなければならず、周りの人に迷惑がかかります。
他のバイトより責任が重いと言ってよく、その重さに耐えられず辞めてしまう方もいるようです。

新聞配達に関するコラムはこちら
朝日新聞販売店とは?
読売新聞販売店とは?

まとめ
新聞配達バイトがきついと言われる理由について、仕事内容やメリットについても解説いたしました。
新聞配達バイトはきついと言われるいっぽうで、さまざまなメリットがあり時給が高かったり、規則正しい生活習慣が身に付いたりと魅力的なバイトです。
また、一人で黙々と行う仕事なので、人付き合いが苦手な方に最適なバイトと言えるでしょう。
中には70代で現役で配達している方もいる取り組みやすいバイトです。
新聞社が設けている奨学金制度を利用すれば、学費の心配もありません。
新聞配達バイトの求人をお探しの方は参考にしていただければと思います。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. バイトでも入寮可能!新聞配達の住み込み

  2. 五大新聞社って?

  3. 新聞配達時短テクニック

  4. 仕事辞めたい…転職できない…新聞屋さんで働こう!

  5. 期間工の仕事はきつい!?メリットデメリット

  6. 新聞各紙の統合版って?

  7. 新聞配達のバイク種類

  8. 新聞配達バイトの1日スケジュール

  9. 新聞販売店は女性も働けるの?

他の条件で探す