新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

読売新聞販売店とは?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
大手新聞社の1つである読売新聞。
読売新聞を配達する新聞配達のバイトや社員たちの様子を街で目にすることがあっても、読売新聞販売店とはどのようなものなのかご存じない方がほとんどでしょう。
読売新聞販売店は全国に約6,600あると言われており、YCと呼ばれる個別宅配網により構成されています。
今回はそんな読売新聞販売店の特徴や役割、読売新聞の配達を行うメリットなどを詳しくご紹介いたします。
読売新聞の配達バイトに興味があるけれどどんなメリットがあるのか分からないという方のお役に立てばと思います。
読売新聞とは

読売新聞

そもそも読売新聞とは140年以上もの歴史を持つ全国紙で、世界最大の発行部数を誇る新聞として知られています。
創刊は1874年11月で、当初の題号は「読みながら売る」かわら版から来ているそうです。
その後、関東大震災や第二次世界大戦の大空襲で本社を2度も焼失しましたが、それらの苦難を乗り越えて、現在まで紙面に歴史を刻み続けています。
読売新聞の特徴は充実した報道と明快な主張と言えるでしょう。
さまざまなスクープ記事で国民の知る権利に応え続けており、説得力のある報道や責任ある言論による社説などで、社会を動かし続けています。
また、社会保障や医療、教育などの分野においても取材専門の部署を設置し、読み手のニーズに応える紙面を作っています。
読売新聞の読者層は一部上場企業の経営者や役員、管理職、会社員など社会的地位が高い人が多く、企業情報に関心がある方が多いようです。
読売新聞販売店の特徴や役割

パソコンを眺める女性

読売販売店YCは他の新聞も扱う販売店も含めると、全国に約6,600店もの数があり、読売新聞社から届いた新聞を配達する最終ランナーの役割を果たしています。
このうち、読売新聞のみを扱う専売店は約3,100店ほどで、YC(読売センター)という呼び名で親しまれています。
新聞配達スタッフとして働いている人の数は正社員、アルバイトなどを含めトータルで約5万人とも。
小さなお子さんがいるスタッフさんのために読売新聞販売店内に託児所を設置小さな子どもがいて働きにくい女性にとって、環境が整備されていることから全スタッフの約40%は女性というから驚きですね。
ネット社会が進む中でも、紙の新聞の信頼度は高く、読売新聞販売店はその役割を担う重要な存在と言えるでしょう。
また、読売新聞販売店YCは販売エリアの隅々まで知り尽くしているため、新聞配達業務を通じて地域に目を配ったり、高齢者など社会的弱者をサポートしたりと街を見守る役目も果たしています。
読売新聞販売店の中には独自のサービスを行っているところもあり、産直品を販売したり、古紙回収業務を行ったり、地域のイベントのお手伝いをしたりなど、積極的に地域をサポートしています。
地域のお客様に新聞をお届けするだけでなく、社会貢献も行う重要な役割を担っていると言えるでしょう。

新聞に関するコラムはこちら
読売新聞の歴史
新聞配達ドットコムを使って即入寮する方法

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
読売新聞販売店で新聞配達として働くメリット

頭の上に丸をつくる女性

読売新聞販売店の特徴や役割をご紹介しました。
「読売新聞販売店で新聞配達として働いてみたい」「読売新聞販売店の新聞配達バイトの求人に興味がある」と思われた方も多いでしょう。
では、読売新聞販売店の新聞配達スタッフとして働くメリットについて見てみましょう。

①経験がなくても取り組める
読売新聞だけに関わらず、新聞配達バイトは経験がなくても取り組めるのがメリットです。
ただ、天候に関わらず配達しなければならないため決して楽ではなく、配達経路やチラシの折り込み作業など、覚えることはたくさんありますが、しっかりと取り組めばこなせる仕事と言えるでしょう。
未経験であっても、読売新聞販売店YCは歓迎してくれるはずです。
接客が苦手であっても、体力があり健康な方なら始められる魅力的なバイトです。

②拘束時間が短い
読売新聞販売店で新聞配達の仕事をする場合、他のバイトと比べて拘束時間が短いのも魅力です。
よほどの悪天候でない限り、朝刊の配達は夜明け前に終わるため、他の人が起きる前に新聞配達バイトが終わっていることに。

バイトが終わり午後から自由に時間を使うことができるでしょう。
他の仕事をしたり、学校に行ったり、趣味やレジャーに時間を使ったりと人によって違いますが、ここまで自由に過ごせるバイトは多くはありません。
時間を有効に使いたいという方におすすめのアルバイトです。

③規則正しい生活が身につく
読売新聞販売店YCで新聞配達の仕事を続けるうちに早寝早起きが身につくでしょう。
新聞配達バイトをしている間だけでなく、辞めた社会人として働く際も大きなメリットになるはずです。
ほとんどの人は規則正しい生活を送りたいと思っても、なかなか身につかないからです。

④仕事と住まいの両方が手に入る
読売新聞販売店の多くは住み込みで働くことができるよう寮を完備してくれています。
自分で住まいを借りるとなるとかなりの初期費用や家賃がかかりますが、住み込みならその必要がありません。
初期費用や毎月の家賃を他に使ったり、貯めておいたりできるのはかなり魅力的ですね。

⑤読売育英奨学生制度が利用できる
学生さんにとって読売新聞販売店で新聞配達バイトをする最大のメリットと言えるのが読売育英奨学生制度が利用できること。
朝刊や夕刊の新聞配達業務をしながら学費のサポートが受けられる制度です。
この制度は1964年に設立されており、これまで約8万人もの人たちが利用しているそうです。
この制度の仕組みとしては学校の入学金や授業料尾読売育成奨学会が立て替え、返済は勤務年数によって一定額まで免除となっており、卒業時にはお岩金の支給もあるようです。
また、就職活動をサポートするため、希望すれば読売育英奨学会理事長の推薦状を発行してもらうことも。

⑥読売新聞を読むことができる
読売新聞の配達を行うメリットに読売新聞が読めるというのがあります。
特にジャイアンツファンに魅力的だと言えるでしょう。

⑦就職活動に有利
読売育英奨学生制度をした場合に推薦状を発行してもらえるほかにも、読売新聞の新聞配達バイトをすることで就職活動に有利なことも多いです。
たとえば、就職活動の面接を受ける際、読売新聞の新聞配達バイトをしていたことをアピールすれば、忍耐強い人、規則正しい生活を続けた人などと印象づけることができるでしょう。
採用する側にとって、学生時代サークルなどで遊んでばかりいた人より、毎日朝早く起きて新聞配達を続けてきた人を採用したいと思うはずです。
読売新聞の新聞配達を続けることで、他の学生と明らかに差をつけられるのは間違いありません。

まとめ
読売新聞販売店YCの特徴や役割についてご紹介しました。
また、読売新聞の配達をするメリットについても詳しく解説しましたが、お役に立てたでしょうか?
読売新聞販売店YCは担当エリアのお客様に新聞をお届けするだけでなく、地域を見守りサポートする役割も担っています。
また、読売新聞を配達する仕事には多くのメリットがあることをお分かりいただけたと思います。
特に、学生さんにとっては読売育英奨学生制度が利用できたり、就活に有利だったりとメリット大です。
新聞配達バイトの求人をお探しの際は読売新聞販売店の求人を中心に探してみてはいかがでしょうか?
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 日経新聞の歴史

  2. SDGsへの取り組み“コツコツ始めよう地域クリーン作戦inさいたま市”

  3. 産経新聞の歴史

  4. 新聞配達の仕事はきついの?

  5. コロナ禍終了。ウーバーイーツの今

  6. 前払い・日払いができる仕事

  7. 新聞配達の経験がある有名人

  8. 新聞配達のバイク乗りこなし方法

  9. 派遣切りにあったら新聞配達をしよう

他の条件で探す