新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

お金がなくても引っ越したい!寮付きの住み込み求人

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
「仕事がない、引っ越しししたい、手元にお金もない…、でも、どんな求人を探せばいいのか分からない…」という方、いらっしゃると思います。
結論を言うと、仕事と住まいの両方が手に入る住み込み求人を探すのがおすすめ。
そこで、今回は入寮できる住み込み求人とはどのようなものなのか、メリットやデメリット、仕事の種類などについて、詳しく解説いたしますのでぜひ参考にしてみてくださいね。
入寮できる住み込み求人って

ワンルームマンション

そもそも、寮付き住み込み求人とは勤務先が所有する寮や借り上げ社宅などに住み込みながら働ける求人を指します。
求人票を見ると、「住み込み」「寮完備」などと書かれているケースが多いです。
また、全国どこでも募集されている求人で、寮のタイプや規則などもそれぞれ違っています。

寮に関するコラムはこちら
即入寮したい人におすすめなお仕事
寮暮らしに必要なもの

入寮できる住み込み求人のメリット

人差し指を立てる女性

入寮できる住み込み求人を選ぶメリットには次のようなものがあります。

①お金を貯めやすい
一般的に入寮できる住み込み求人は初期費用がかからないのが最大のメリットです。
たとえば、敷金や礼金、引っ越し費用まで負担してくれるケースも。
家賃や光熱費がかからないところもあるようです。
初期費用や毎月かかる費用が浮くため、その分を貯金に回すことができますね。
食堂を完備している寮なら食費が安く済み、作る手間が省けます。

②仕事と住む場所の両方が手に入る
寮付き住み込み求人は仕事が手に入ると同時に住まいも手に入れられるのがメリットです。
事情があり、ビジネスホテルや知り合いの家などで暮らしていた方や、賃貸物件を借りたくても審査に通らない方などにとって、魅力的です。
また、自分で賃貸物件を探す必要がないのもありがたいですね。

③通勤しやすい
入寮できる住み込みの仕事は通勤しやすいのも魅力的。
企業やお店の寮は職場の近くにあることがほとんどでしょう。
バスや電車に何時間も揺られて仕事先に通うのはかなりのストレスですが、徒歩や自転車ですぐの場所なら、肉体的にも精神的にもストレスがかかりません。
仕事以外に通勤ストレスがかからないのはかなりのメリットと言えるでしょう。

④職場の人たちと仲良くなれる
入寮すると、同じ職場の同僚や先輩たちとの交流が生まれます。
食事の際などに話をするうちに気の合う仲間と休みの日に遊びに行ったり、食事に行ったりする機会もできるでしょう。
特に、初めて一人で暮らす場合など、新たな環境に不安があっても、入寮して住み込みの仕事をすることで、仲間と交流することで不安解消にもつながります。
また、仕事になじむまでの時間が早くなるかもしれません。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
入寮できる住み込み求人のデメリット

バツを出す男性

いっぽうで、入寮できる住み込み求人にもデメリットが存在します。
どんなデメリットがあるのか、おさえておきましょう。

①辞めると仕事と住居の両方を失う
入寮できる住み込み求人の最大のデメリットは仕事を辞めると住居も失ってしまうことです。
職場が住まいを用意しているので退職=退去となるのは当然ですが、辞めた日に出ていかなくてはいけないわけではありません。
勤務先によって違いますが、多くの場合退職後2週間以内に退去を求められるケースがほとんど。
前もって、いつまでに退去しなければならないのか、確認しておきましょう。

②人間関係が煩わしい場合も
入寮して住み込みの仕事をすることで同じ職場の人たちとコミュニケーションが取れるのはメリットですが、人間関係が煩わしい場合もあるでしょう。
寮にはプライベートが確保できる個室の他に食堂やトイレ、お風呂など、共有スペースが設けられているところが多いです。
共有スペースでは同僚や先輩たちに気を使わなければなりません。
また、自分1人で過ごす時間が少なくなる場合も。
個室で過ごす場合も、回りの部屋に配慮して過ごさなければなりません。
こういったことがストレスと感じる方にとって、デメリットと感じてしまうでしょう。

③規則を守らなければならない
当然と言えば当然ですが、入寮して生活するためには規則を守らなければなりません。
規則は寮それぞれ違いますが、決められた規則を守らなければ共同生活は成り立たないでしょう。
たとえば、門限やペット飼育禁止、家族や友だちの訪問は禁止…などと決められているところが多いですね。

入寮できる住み込み求人の種類

パソコンを眺めながら考える女性

入寮して住み込みで仕事をする場合、メリットがあればデメリットもあることが分かりました。
では、入寮できる住み込みの求人にはどのような仕事があるのか、ご紹介いたしましょう。

①ホテルや旅館のスタッフ
観光地などのホテルや旅館の多くは寮を完備しており、入寮して働くことが可能です。
フロントやお客様の送迎、客室係など、職種はさまざま。
ただ、小規模なホテルや旅館の場合、これらの職種を全て行う場合も。
そのため、ホテルや旅館のスタッフは経験者が優遇されるケースが多く、ある程度のスキルが求められるでしょう。

②工場勤務
大規模な工場は広大な土地を確保しなければならないため、郊外に建設されることがほとんどです。
そのため、工場のすぐ近くに寮を完備しているところが多いでしょう。
工場での仕事は家電や自動車の部品の組み立てや検品などが多く、基本的に同じ作業を繰り返す単純作業が多いため、チームを組んで仕事をするというより、一人で黙々と作業するケースが多いでしょう。
「未経験可」の求人が多いですが、重い部品を扱う作業の場合はある程度の体力が求められます。
また、3交代制の場合だと夜勤があるため、規則正しい生活をするのは難しいかもしれません。

③新聞配達
入寮して住み込みでできる仕事と聞いて真っ先に思い浮かぶのが新聞配達ではないでしょうか?
新聞配達の仕事は朝早く起きて新聞販売所に出勤し、トラックから荷物を降ろして自転車やバイクに積み込んで新聞を配達します。
マイペースにできる仕事なので、ある程度慣れてくれば気楽にできる仕事と言えるでしょう。

入寮できる住み込みの求人を選ぶなら新聞配達がおすすめの理由

下を指す女性

上の3つの中で最もおすすめな入寮できる住み込みの仕事は新聞配達です。
新聞配達の仕事は朝早く起きなければならないため、夜は早く寝る習慣がつき規則正しい生活を送ることができるでしょう。
また、地域の人たちのために感謝されるやりがいのある仕事です。
ただ、新聞配達の仕事って、「給料が安いのでは?」と思われる方が多いかもしれません。
実際そうではなく、勤務地によっては月収25万円以上のところも。
また、ホテルや旅館、工場などで働くとなると、職場の人とコミュニケーションを取ったり、未経験だと厳しかったりします。
新聞配達の仕事は未経験でも取り組めますし、マイペースで仕事ができるのでおすすめです。
まとめ
お金がないけれど引っ越ししたいという時におすすめなのが入寮できる住み込みの仕事です。
入寮して働くことができる仕事にはさまざまなものがありますが、特におすすめなのが新聞配達の求人です。
規則正しい生活を送ることができたり、地域の人たちに感謝されたり、マイペースで仕事ができたり、未経験でもチャレンジできたりと、メリットが多い新聞配達の仕事。
お金がないけれど引っ越ししたいという方はぜひ、新聞配達の求人を中心に探してみてはいかがでしょうか?
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 上京したい!新聞屋さんで働いて上京する方法!

  2. 新聞配達スタッフの花粉症対策

  3. スグに働ける寮付きの住み込み仕事なら新聞配達でしょ

  4. バイトでも入寮可能!新聞配達の住み込み

  5. 新聞配達スタッフがクビになる理由!

  6. 朝日新聞の歴史

  7. ペット可の寮付き住み込みバイト

  8. 新聞販売店の事務ってどんな仕事?

  9. 新聞配達員の特徴

他の条件で探す