新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

朝日新聞販売店とは?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
毎日、早朝と夕方届けられる新聞は新聞配達スタッフがバイクや自転車で新聞販売店から届けてくれるシステムになっています。
街で新聞配達スタッフの姿をよく目にしても、新聞販売店がどこにあるのか、どんな特徴があるのかまで知らない方がほとんどでしょう。
今回はそんな新聞販売店の中からASAと呼ばれる朝日新聞販売店について詳しくご紹介いたします。
新聞販売店とは

スクーターに乗る男性

その前に、そもそも新聞販売店とはどのようなものなのか詳しく解説いたしましょう。
新聞販売店とはお客様と新聞の宅配契約を締結し、配達、集金する営業所を言います。
それぞれの新聞社とは別のもので、新聞社と契約を結び新聞の販売を行っています。
日本は他の国と比べて新聞購読率が高いと言われていますが、新聞の宅配制度を維持しているのはまさに新聞販売店が支えていると言っても過言ではありません。
現在、全国に1万3,000軒以上もの新聞販売店がありますが、10年前に比べて4,000軒以上も減少していると言われています。
新聞販売店には3つの種類があり、特定の新聞のみを扱う販売店、特定の新聞の系統に属しながら他の新聞も扱う販売店とそのエリアの全ての新聞を扱う販売店があります。
最近の傾向としては都市部では特定の新聞のみを扱う販売店が多く、人口が少ないエリアではそのエリアの全ての新聞を扱う販売店が多いです。
なお、新聞販売店の主な収入源は購読者から入る購読料と折り込みチラシの売り上げで、ほかに新聞社からの補助費というのがあります。
新聞販売店によっては新聞社が発行する雑誌や書籍などのほか、独自のサービスとして食品などを扱うケースもあるようですね。
朝日新聞販売店ASAとは

朝日新聞サービスアンカーの販売店

朝日新聞販売店の前を通ったとき、ASAという文字を見かけたことはありませんか?
このASAとは Asahishimbun Service Anchorの頭文字から取った言葉です。
朝日新聞をお客様に届ける最終ランナーであるアンカーを意味しているほか、お客様との深い信頼関係を結ぶ錨、アンカーになりたいという意味もあります。
朝日新聞販売店ASAは読売新聞と同様発行部数が多い全国紙ですが、朝日新聞のみを扱う新聞販売店より地方紙や他の新聞も扱う販売店が多いのが特徴です。

朝日新聞ASAの特徴
朝日新聞販売店ASAについてご紹介したところで、朝日新聞の特徴についてもご紹介しましょう。
朝日新聞は1879年に創刊した全国紙で創刊当初の発行部数は1,000部程度だったそうです。
現代まで、報道中心で公正な編集方針をもとに新聞づくりが行われ続けています。
朝日新聞と言えば夏目漱石や石川啄木などの偉大な文豪が入社したことでも有名です。
また、天声人語は朝日新聞の名物コラムで、603文字に時事コラムがギュッと詰まっており、老若男女に人気となっています。
しつもん!ドラえもんはクイズ形式で暮らしの知識を伝えるファミリー層に人気です。
朝日新聞は創刊以来、報道を中心にすることやものごとを公平にとらえることを編集方針としており、今でもどの党や主義にもくみせず、公正かつ中立な立場でいることを貫いています。
また、権力から独立したメディアを目指しており、権力を監視することを使命としているため、紙面には政権を批判するものが多くみられます。
なお、朝日新聞の主な読者層は60代で、全体の20%程度。
読者の職業に多いのは企業の管理職、行政団体の職員、主婦層となっています。
学歴で見ると、大学院卒や大学卒が40%以上となっており、世帯年収の平均は700万円以上と高収入の世帯が多いようです。
朝日新聞の読者層のイメージは収入や学歴、知的水準が高く、政治や医療などに関心が高いといったところでしょうか。

新聞に関するコラムはこちら
朝日新聞の歴史
新聞販売店は女性も働けるの?

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
朝日新聞販売店ASAの仕事内容

新聞販売店の仕事風景

では、朝日新聞販売店ASAで働く社員やバイトの仕事内容について見ていきましょう。

①チラシの折り込み
トラックが朝日新聞販売店に到着すると、正社員やバイトに関係なくスタッフ総出で荷物を下ろします。
さらに、配達エリアごとに新聞を仕分けていきます。
さらに、新聞1部1部に折り込みチラシをはさんでいきますが、最近は機械を使って行うところも増えています。
大きさや内容に合わせてお客様に見えやすいよう重ね方を変えたりしますが、機械の場合は短時間で終わることがほとんどです。
経験がないバイトの方でも特に難しくはありません。
ただ、雨の日は新聞が濡れてしまわないようビニールに包む作業が増える分時間がかかるでしょう。。

②配達
バイクや電動自転車に新聞を積み込んで担当エリア内のお客様に新聞を配達します。
新聞販売店に順路帳というものがあるので、それを見ながら配達するので特に難しくはありません。
朝刊の配達には約3時間程度、夕刊だと2時間程度で配達できるでしょう。
人とのコミュニケーションが苦手な方や黙々と1人で作業したい方はこの新聞配達バイトがおすすめです。

③顧客管理
朝日新聞販売店の大切な業務に顧客管理があります。
日ごろ朝日新聞を購読してくれているお客様のお宅を訪問し、購読の更新をしてくださったことに対して感謝の気持ちを伝えます。
また、まだ購読していないお宅で試し読みをお願いすることも。
何気ない会話をしながら地域のお客様とのコミュニケーションを図るいい機会です。

④集金
集金業務は月に1回お客様の希望する日にお宅を訪問し、新聞購読料をいただく仕事です。
この業務専門のアルバイトやパートさんもいるようですね。
月末や月初の午前中だけ、午後からだけ、などの働き方ができるので、小さいお子さんがいる方などに人気の仕事です。

まとめ
朝日新聞販売店ASAとはなにか、仕事内容や朝日新聞の特徴などについて詳しく解説いたしました。
朝日新聞販売店ASAはお客様のアンカーとなりたいという気持ちを持ち、日々業務を行っています。
ここでご紹介したことが朝日新聞の配達のバイトに興味がある、求人を探してみたいという方の参考になれば幸いです。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. ミドルシニアに新聞配達がオススメな理由

  2. 今すぐ働きたい!

  3. 読売センターお届け便とは?

  4. 新聞配達(正社員)の給料はいくらくらい?

  5. 移住先と仕事を一緒に探す

  6. 新聞配達バイト体験談①

  7. 新聞配達はきつい?

  8. 派遣社員メリットデメリット

  9. 嘘が多い!?悪質寮付き求人には要注意!転職前に知っておきたいポイント

他の条件で探す