新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

ひきこもり・ニートも活躍できる仕事

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
長い間ひきこもりやニートをしている人は「このままじゃいけない」とか「今の状態をなんとかしたい」と思っているでしょう。
社会に出てお金を稼ぎたいと思っていても、どうやって仕事を見つければいいのか、ひきこもりやニートでもできる仕事はあるのか、不安だと思います。
そこで、今回はひきこもりやニートの方におすすめの仕事や求人の見つけ方をお教えしたいと思います。
ひきこもりやニートの方におすすめの仕事

ひきこもりやニートの方のほとんどはコミュニケーションを取っているのが家族だけというケースが多いです。
そのため、なるべく直接人と関わらなくていい、次のような仕事を選ぶのがおすすめです。

①コールセンター
コールセンターの仕事は直接お客さんと関わらなくていい仕事です。
しかも、きちんとマニュアル化されており座ったままでいいので、体力も必要としません。
ただ、求人によっては営業や督促などのコールセンターもあるため注意が必要です。
このような仕事の場合、相手からひどい言葉を吐かれることも。
応募前にしっかりと確認しておきましょう。

②工場勤務
工場の仕事はライン作業が多いので、高齢の方や主婦、学生さんなど、さまざまな方が働いています。
それぞれに生活環境が違うので、コミュニケーションを取る機会が少ないです。
また、作業自体単純なものがほとんどなので、すぐに慣れることができるでしょう。
ただ、重いものを運んだり、立ちっぱなしの仕事が多いので、求人に応募する際は仕事内容をきちんと確認しておきましょう。
体力に自信のない方におすすめの工場の仕事はあまり体力を必要としない検品や梱包などですね。

③警備員
ひきこもりやニートの方におすすめの仕事に警備員があります。
警備員と一言で言っても、商業施設や病院などの求人や交通整理などの求人など、さまざまな業界での求人案件があるでしょう。
警備員の仕事は「未経験可」のところが多く、他の人とコミュニケーションを取ることも少ないです。
特におすすめなのが商業施設などの夜勤の仕事。
夜勤なら人と接する機会もなく、給料が高いメリットが。

④エンジニア
プログラマーやシステムエンジニアの仕事の求人にも目を通してみてください。
ひきこもりやニートの方でこれらの仕事の経験があるなら、在宅で仕事をするのがおすすめ。
最近、プログラマーやシステムエンジニアは人材不足なので、大量に求人があるはずです。
在宅での仕事なら、人と関わる機会もないので、ストレスなく取り組めると思います。

⑤介護職
ニートやひきこもりの方でも介護職ならストレスなく仕事ができる可能性が高いです。
その理由は介護業界は慢性的な人材不足で、採用される確率が高いからです。
経験がなくてもチャレンジでき、アルバイトからスタートすることも。
ただ、介護職は人とのコミュニケーションが必要なことも多いので、コミュニケーション能力に自信がない方は介護ドライバーなどの仕事を選ぶといいでしょう。

⑥データ入力
データ入力は人とのかかわりがほとんど必要ないので、ひきこもりやニートの方に最適かもしれません。
そもそも、データ入力の仕事とは指定のデータを専用のシステムやエクセルに入力したり、集計するもの。
たとえば、ネットショッピングサイトへの入力やアンケートの集計などがありますね。
この仕事はキーボードが打てればいいので、未経験でも始められます。
また、在宅ワークでできるものも多いので、そういった求人を探すといいでしょう。

⑦配送員
運転免許を取得していて運転が好きなニートやひきこもりの方におすすめなのが配送員の仕事です。
配送員の主な仕事は倉庫から企業や商店、個人宅などへ荷物を運ぶもの。
運ぶ荷物によっては普通免許でなく大型免許が必要なものもありますが、小さいものなら普通免許でOKです。
もちろん、荷物を届ける際に人と接する機会もありますが、高いコミュニケーションが必要になることもありません。
最近、ネット通販を利用する方が増えているため、ますます需要が高まりそうな仕事です。
ひきこもりやニートの方にとって、取り組みやすい仕事と言えるでしょう。

ひきこもりやニートが仕事を探す際のポイント

ひきこもりやニートの方におすすめの仕事をご紹介したところで、どういうポイントをおさえて仕事を探せばいいのかについても解説しましょう。

①未経験可の仕事
ひきこもりやニートの方はできるだけ未経験可の仕事を選びましょう。
未経験でも可能な仕事のほとんどは特別な経験やスキルがなくてもできるものが多いからです。
最初からハードルの高い仕事を選んでしまうと、長続きしない可能性も。
自分でもできそうな求人を選び、応募することをおすすめします。

②アルバイトやパートでもいい仕事
ひきこもりやニートの方がいきなり正社員の求人に応募するのはハードルが高すぎます。
そこで、アルバイトやパート、派遣社員でもいい仕事を選ぶといいでしょう。
最初のうちはアルバイトやパートであっても、真面目な働きぶりや結果を出せば正社員登用の道が開けるかもしれません。
また、始めはアルバイトやパートとして短時間の勤務から始める方が負担も軽く済みますね。

③短時間勤務の仕事
最初から長時間勤務の求人を選んでしまうと負担がかかりすぎて長続きしない可能性が高いです。
まずは週に2~3回、短時間勤務から初めてみましょう。
少しずつ慣れてきたら、回数を増やしたり、時間を長くしたりすればいいですね。
また、できれば通勤距離が短い職場がおすすめです。
長時間バスや電車に乗って人混みの中を通勤するとなると、仕事以外のストレスがかかり仕事に支障が出る可能性があるからです。
徒歩や自転車で通勤できる求人やバスや電車を使うにしても近い場所など、しっかりと確認しておきましょう。

④リモートワークが可能な仕事
できれば、リモートワークや在宅ワークが可能な仕事を選びましょう。
リモートワークや在宅ワークが可能な求人なら、家から出ず人と合わずに仕事ができるからです。
最近ではそういった働き方を促進する企業が増えているため、ニートやひきこもりの方にとってはありがたい状況です。

⑤人と関わらずに済む仕事
ひきこもりやニートの方は人とコミュニケーションを取るのが苦手なことが多いです。
そこで、仕事を探す時はなるべく人と関わらずに済むものを選びましょう。
仕事をする上で全く人と関わらずに済むことはあり得ませんが、できるだけ関わらずに済むものを選べば、精神的負担も軽く済みますよね。
また、他の人が働いている時間とずらす方法もあります。
たとえば、早朝の新聞配達やスーパーの品出し、コンビニの夜勤や清掃員などなら、限りなく人と接する機会が少ないでしょう。
慣れてきたら人と関わる機会を増やしていくなどするのがおすすめですね。

まとめ
ひきこもりやニートの方におすすめの仕事や、仕事を選ぶ時のポイントについて解説しました。
ひきこもりやニートを長期間していると、社会人としての経験がストップしてしまい、働いている人たちと差がついてしまうため不安になるかもしれません。
そのままの状態でひきこもりやニートから抜け出さないと、差は開くいっぽうです。
少しでも早くひきこもりやニートから抜け出し、自分に合った仕事を見つけ社会人として復帰できるよう努めていただければと思います。
ぜひ、ここのでご紹介したことを参考に自分に合う求人を見つけてくださいね。
他の条件で探す