新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

工場勤務の仕事はきつい?

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
「工場勤務はきつい」という声を聞くことが多いです。
でも実際に、工場勤務をしたことがない方は本当にきついのか、工場勤務の求人に応募していいのか分からないと思います。
工場勤務と一言で一手もさまざまな業種や職種があり、全てがきついとも限りません。
そこで、今回は工場勤務の仕事がきついと言われる理由や、工場勤務のメリット、向いている人についても解説します。
工場勤務の仕事の種類

工場勤務の仕事にはさまざまなものがありますが、具体的にどのようなものがあるのかご紹介します。

①ライン作業
ベルトコンベヤーで流れてくる製品を加工したり、検品したりする仕事です。
流れ作業と言われるものですが、中には機械を管理したり、操作したりすることも。
ほとんどが単純作業なので、経験がなくてもチャレンジできる仕事だと言えそうです。

②生産管理
工場勤務の仕事には生産管理をするものもあります。
問題なくどの工程が進められているか、人員の配置は適正かどうかなどの管理を行います。
この仕事は工場全体の流れを管理するものなので、未経験の方には難しいかもしれません。

③事務作業
材料を発注したり、受注入力を行ったり、従業員の給与計算をしたりする仕事で、事務仕事全般を指します。
社外の方との電話対応などもあるため、ビジネスマナーが必要な仕事と言えるでしょう。
また、パソコンの経験がある方が有利とも言えます。

④機械オペレーター
工場勤務の仕事には機械オペレーターの求人もあります。
機械オペレーターとは機械を操作する仕事のこと。
たとえば、ラッピング加工やプレス加工などがそうですね。
未経験の方でも可能な求人もありますが、資格が必要な場合もあるので注意しましょう。

⑤ピッキング作業
フォークリフトなどを使って指示されたものを倉庫などに取りに行ったり、運んだりする仕事です。
正確性とスピードが要求される仕事と言えるでしょう。

以上が主な工場勤務の仕事内容です。
全てがきついとは言えませんが、工場勤務が未経験の方にはライン作業がおすすめだと思います。

工場勤務がきついと言われる理由

工場勤務の仕事内容についてご紹介したところで、なぜ工場勤務がきついと言われるのか解説していきたいと思います。

①単純作業が多いから
ほとんどの場合、工場での仕事は単純作業です。
単純作業ばかりしていると、飽きてしまうという方も多いでしょう。
また、単純作業の繰り返しだと時間が経つのが遅く感じてしまいます。
作業がマニュアル化されており、毎日同じことの繰り返しです。
初心者にとってはチャレンジしやすい仕事ですが、飽きてしまいつらいと漢字てしまうかもしれません。

②私語ができない現場が多い
一般的に工場勤務の場合、仕事中の私語が禁止の可能性が高いです。
特に食品を扱う工場の場合、衛生上の理由から私語厳禁と決められています。
単純作業であっても、適度に私語ができれば気がまぎれるかもしれませんが、一切私語ができないとなるときついと感じるかもしれませんね。
ただ、人と関わりたくない、話すのが苦手という方にとっては最適な仕事かもしれません。

③作業環境が悪いことがある
工場勤務がきついと言われる理由に作業環境が悪いことが挙げられます。
たとえば、夏暑かったり、冬寒かったりと一般的なオフィスと比べるときつく感じるところもあるでしょう。
工場ではさまざまな製品を扱います。
そのため、その製品に合わせた室温や湿度に設定しています。
食品を扱っている工場の場合だと、食中毒や品質の低下を防止するため、室温を低く設定しなければならないところも。
また、自動車部品を扱う工場の場合は機械の熱や工場が広すぎてクーラーが効かないところもあるようです。
においや騒音の問題がある工場もあるでしょう。
そういった問題がストレスに感じる方にとってはきつい職場だと言わざるを得ません。

④残業や休日出勤が多い
工場勤務がきつい理由に「残業や休日出勤が多い」というのを挙げる方も多いです。
毎日定時ぴったりに帰ることができる工場もありますが、残業や休日出勤があるところもあるようです。
時間通りに帰ることができ、きちんと休みが取れる職場だと気が楽ですが、そうでない場合、プライベートの時間がとりづらかったり、予定が組めなかったりする可能性も。
ただ、残業や休日出勤が多いとその分給与に上乗せされるので、前向きに取らえられる方にとってはメリットかもしれません。

工場勤務の仕事のメリット

工場勤務がきついと言われる理由について見てきましたが、工場勤務にメリットはないのでしょうか?
メリットについても、いくつか挙げてみたいと思います。

①正社員になれる可能性も
工場勤務と一言で言っても、アルバイト、派遣社員、契約社員、正社員などさまざまですが、努力次第で正社員になることができる勤務先もあります。
正社員になることができれば、契約解除の心配もなく福利厚生や退職金がもらえるなどもメリットも多いです。
工場勤務がきついとは一概に言えないかもしれません。

②寮が用意されているところも
工場勤務の求人は寮が用意されている住み込みのケースも多いです。
寮付き住み込みと聞くと、新聞配達の仕事などをイメージするかと思いますが、工場勤務の求人にも寮付きのものも多いです。
住み込みの場合だと家電や家具が備え付けてあったり、家賃がほとんどかからなかったり、とメリットが多いでしょう。
自分でアパートやマンションを借りるとなると初期費用がかさみますが、住み込みなら初期費用を大幅に抑えることができますね。

③未経験でもチャレンジできる
一般的な仕事と違い、工場勤務は未経験でもチャレンジできるものが多いです。
また、仕事をしながらフォークリフトなどの資格を取得できる場合も。
スキルアップを目指す方にはメリットの多い職場だと言えそうです。

工場勤務が向いている人

工場勤務はきついと言われるいっぽうで、メリットも多いことが分かりました。
では、どのような人が工場勤務に向いているのでしょうか?

①コミュニケーションを取るのが苦手な人
コミュニケーションを取るのが苦手な人は工場勤務に向いていると言えるでしょう。
ただ、工場勤務の仕事が全て人と関わらずに済むとは限りません。
人とコミュニケーションを取り合いながら進める作業もあるでしょう。
また、工場で働く場合も社会人として最低限の挨拶やマナーなどが必要です。
上司や先輩、同僚に挨拶もできない人や、分からないことがあっても質問しないまま仕事を進めるような人は論外です。
コミュニケーションをを取るのが苦手な人に向いているのも事実ですが、得意な人は工場で働く場合もスムーズに仕事が進められるでしょう。

②ものづくりに興味がある人
工場勤務はきつい仕事と言われますが、ものづくりに興味がある人にとっては最適な仕事です。
最初のうちは単純作業しかさせてもらえないことが多いですが、スキルを身につければスキルが身につく仕事をさせてもらえる可能性も。
ものづくりの基礎を理解し、全容を学べばキャリアを積むことができるでしょう。
ものづくりに興味がある方は工場勤務の求人に応募してみてください。

まとめ
工場勤務の仕事がきついと言われる理由や工場勤務の仕事をするメリット、向いている人についても解説しました。
工場勤務の仕事はきついこともあるいっぽうで、メリットも多いことが分かりました。
工場勤務の求人に応募したいけれどどんな仕事か分からない、自分に向いているかどうか判断できないという方もいるでしょう。
今回の記事が工場勤務の求人に応募する際のお役に立てればと思います。
他の条件で探す