新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

仕事辞めたい…転職できない…新聞屋さんで働こう!

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
「今のバイトがきつくて辞めたい」「別のバイトに転職したい…」などとお考えの方におすすめの新聞配達バイト。
新聞配達バイトなら、朝刊を配達した後夕刊を配るまでの間は自由に過ごすことができ、住み込みで働けるなど、メリットが多いです。
また、一人で黙々と配達するバイトなので、人との関わりも少なくて済むでしょう。
もし、今仕事を辞めたいとお考えの方は新聞配達バイトを候補の1つに入れていただければと思います。
新聞配達バイトに転職するメリット

考える男性

まず、仕事を辞めたいとお考えの方に新聞配達に転職するメリットについてご紹介いたします。
メリットをおさえた上で、新聞配達のバイトを選ぶかどうか決めていただければと思います。

①体力がつく
新聞配達バイトを続ければ、体力がつくのは間違いありません。
他のバイトと違い、新聞配達バイトは運動不足解消につながります。
新聞配達は自転車やバイクで行いますが、時間内に効率よく配るため自分の足で移動することも多いでしょう。
自転車やバイクを停め、徒歩で1軒1軒のお宅へポスティングすることもあるため、最初のうちは疲労困憊するかもしれません。
でも、知らず知らずのうちに体力が付き運動不足解消につながるでしょう。
スポーツクラブなどへ通うとなるとお金がかかりますが、新聞配達バイトならお金をもらいながら筋力や体力が付くのは魅力的です。

②配達する地域に詳しくなる
一般的なバイトだとそのお店の中で動き回るだけですが、新聞配達バイトは担当する地域を毎日回るため、地域内のさまざまな人やものを目にし、触れられるため地域に詳しくなることができます。
季節の移り変わりを感じることができたり、地域の人と仲良くなれたりと、豊かな体験ができるでしょう。

③学歴や経験が必要ない
学歴や経験だと求人票を見て応募しても落とされることがありますが、新聞配達バイトならその確率が低いです。
基本的に学歴や経験を必要としないので、応募=採用される確率の高いバイトと言えるでしょう。
「配達順路を覚えるのが大変なのでは?」と思われるかもしれませんが、始めは先輩スタッフと一緒に回るので安心ですし、すぐに慣れると思います。

④住み込みで働ける場合も
新聞販売店の多くは住み込みで働けるよう寮を完備しています。
寮に入ると家賃や光熱費、引っ越し費用などを負担してくれる場合も多く、生活費がかからずに済むのがメリットです。
自分でマンションやアパートを借りるとなると毎月かなりの負担になりますが、無料で住むことができるのは魅力的ですよね。
浮いた分を趣味や遊び、貯金などに回すことができますね。

⑤奨学金制度を利用できる
大手新聞社は奨学金制度を設けています。
学生さんで他のバイトをしている場合、新聞配達バイトに転職して奨学金制度を利用すれば、学費を賄えるのでおすすめです。

新聞配達バイトに求められる人材

メモを取る女性

新聞配達バイトに転職するメリットをご紹介したところで、新聞配達バイトに求められる人材についても知っておきましょう。
あなたに当てはまるものはいくつあるでしょうか?

①単純作業が苦にならない人
新聞配達バイトは毎日朝早く起き、同じ順路で配達するので、単純作業が苦にならない人が求められます。

②責任感がある人
責任感がないと、新聞配達バイトは務まりません。
単純なバイトとは言え、時間内に決められたエリアの全てのお客様に必ず新聞を配達し終えなければならない責任の重い仕事です。
どんな悪天候の日も配達業務を休むことはできないので、忍耐強いことも条件となるでしょう。
「楽そうだから…」などと気軽な気持ちで応募してしまうと、長続きしないと思います。
また、できれば原付免許を持っている方が有利でしょう。

③人の役に立ちたい人
「人の役に立ちたい」「社会貢献したい」という思いがある人も新聞配達バイトに求められます。
お金をもらうためというのが最大の目的ですが、「社会や人の役に立ちたい」という思いがないと続けられない仕事だからです。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
新聞配達バイトの面接を受ける際のポイント

面接を受ける女性

ネットや雑誌などで新聞配達バイトの求人を見て応募した後、面接を受けると思います。
その際、次のようなポイントをおさえておくようにしましょう。

①面接日までにすること
面接が終わるとすぐに採用か不採用かが分かることも。
分からないことをピックアップし、面接時に質問しましょう。
なお、履歴書が必要な新聞販売店が多いですが、必要でないところもあるようですが、用意しておく方が無難です。
もちろん誤字脱字はNGですが、間違いのないように記入しておけばまず大丈夫だと考えていいでしょう。
最近はスマホやパソコンで作成する人も多いようです。

②面接前はリラックスを
面接当日は緊張すると思いますが、リラックスして臨みましょう。
緊張した状態で面接を受けてしまうと、本来の自分を出せないかもしれません。
少し早めに起きて余裕を持って面接会場に向かうようにしましょう。
服装はスーツとはいかないまでも清潔感のある服装なら大丈夫です。
ただ、あまりにカジュアルなものはNGで、アクセサリー類は控えめがいいでしょう。

③時間厳守
当然と言えば当然ですが、時間厳守です。
そもそも、新聞配達バイトは時間内に配達することが大切なバイトなので時間が守れないと不採用となるのは間違いありません。

④明るくはきはきと
面接時の受け答えははきはきと明るく話しましょう。
相手の顔を見てゆっくり話せば問題ありません。
もし、分からないことを聞かれたら知ったかぶりをせず「分からない」と答えればOKです。
多くの場合志望動機を聞かれると思いますが、素直な気持ちを伝えればいいと思います。

新聞配達バイト求人の探し方

スマートフォンを操作する女性

今の仕事を辞めたい、転職したいという時、新聞配達バイトならメリットが多く誰でもチャレンジできおすすめです。
では、新聞配達バイトの求人の探し方をお教えいたしましょう。

①求人誌で探す
新聞配達バイトを探す方法として求人誌で探すというのがあります。
ただ、最近は雑誌で探す方は少ないです。
わざわざ本屋さんに行って求人雑誌を購入して探すというのは時間や手間やお金がかかるため、おすすめできる方法とは言えません。

②求人サイトで検索する
最近はさまざまな求人サイトが出てきているので、エリアや希望する時給などを入れ、検索するといいでしょう。
新聞配達専門の求人サイトもあるので、そこで探すのもおすすめです。

①新聞販売店に直接電話する
近くに新聞販売店があれば、そこに直接電話するのも手です。
また、新聞販売店に求人募集の張り紙がしてあるかもしれません。
実際に行ってみて確認してみるといいでしょう。
ただ、新聞配達は朝早い仕事なので、自宅近くの選ぶのがおすすめです。
あまりに遠いと、通勤に時間がかかってしまい起きる時間が早くなってしまい長続きしないかもしれません。

新聞配達に関するコラムはこちら
WEB面接のメリット
嘘が多い!?悪質寮付き求人には要注意!転職前に知っておきたいポイント

まとめ
仕事辞めたい…でも、転職できないという方におすすめのバイト、新聞配達のメリットや求められる人材、面接時の注意点などをご紹介しました。
今のバイトがきつくて辞めたいけれど、どんなバイトに転職すればいいか分からない方にとって、学歴不問で未経験でもチャレンジできる新聞配達バイトは最適だと思います。
新聞配達バイトに興味がある方は求人サイトで探したり、お近くの新聞は売店に問い合わせたりしてみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. ニートから脱却!新聞配達バイトで社会復帰!

  2. 新聞配達辞めたい理由

  3. 朝日新聞の歴史

  4. 定年後から働ける新聞配達バイト

  5. 派遣社員メリットデメリット

  6. ミドルシニアに新聞配達がオススメな理由

  7. お金がなくても引っ越したい!寮付きの住み込み求人

  8. 嘘が多い!?悪質寮付き求人には要注意!転職前に知っておきたいポイント

  9. 読売センターお届け便とは?

他の条件で探す