新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達の寒さ対策

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
学歴や経験がなくても、気軽に始めることができる新聞配達の仕事。
また、新聞配達の仕事のほとんどは住み込みで、お金が貯めやすいのも魅力です。
ただ、新聞配達は季節や天候に関係なく配達しなければならないため、寒い時期はつらいのというデメリットも。
そこで、今回は新聞配達の仕事をする上での寒さ対策について解説いたします。
これから新聞配達の求人を探そうとお考えの方のお役に立てば幸いです。

新聞配達の仕事内容

メモ帳とボールペン

まず、新聞配達の仕事内容について見てみましょう。
新聞配達の主な仕事は新聞を配達することですが、それ以外にも朝トラックが運んできた荷物を下ろしたり、チラシを挟み込んだりする仕事もあります。
また、担当エリアの家庭に集金に行くことも。
新規顧客を獲得するための営業の仕事もあります。
ただ、どの仕事も特に難しいものではなく、スキルや経験も必要ないため、誰でも気軽にチャレンジできる魅力的な仕事と言えるでしょう。

新聞配達の仕事をする上での注意点

自転車のハンドル

新聞配達をする上での寒さ対策をご紹介する前に、新聞配達の仕事をする上での注意点をお教えします。

①体力が必要
新聞配達の仕事は重い荷物と持ったり、長時間配達したりと体力が必要です。
特に、バイクではなく自転車で配達する場合は上り坂など、かなり体力を消耗するでしょう。
いっぽうで、バイクや電動自転車で配達する場合はそこまで体力が必要ない場合も。
体力に自信がない方にはおすすめできる仕事です。

②天候によってはきつい場合も
新聞配達の仕事は天候に左右されやすく、夏の暑い日や冬の寒い日、大雨や大雪の日などでも、休むわけにはいきません。
車ではなくバイクや自転車で配達する場合は過酷な環境の場合も。
そのため、天候に合わせた服装やグッズを用意するのがおすすめです。
③朝早い
新聞配達の仕事の最大の特長は朝早く起きる必要があること。
いくら大雨が降っていても、雷がなっていても、朝早く起きて新聞を配らなければなりません。
冬の寒い時期は布団の中から出たくない日もありますが、そんな日もゆっくりと寝ているわけにはいきません。

④休みづらい
また、他の仕事とは違い、新聞配達は担当の地域があるため、よほどの事情がない限り仕事を休むことができません。
急に他の人に代わってもらっても、配達ルートを覚えていないと配ることができないため、簡単に代わりを頼むのは難しいです。

新聞配達に関するコラムはこちら
新聞配達(正社員)の給料はいくらくらい?
新聞配達の時給相場って?

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
新聞配達の仕事をする上での寒さ対策

防寒する女性

このように、新聞配達の仕事にはさまざまな注意点がありますが、特に気をつけたいのが冬場しっかりと寒さ対策を行うことです。
上でも書いた通り、新聞配達は朝早い仕事で日が昇る前には起きて販売所へ行き、荷物を降ろしてチラシを折り込み、各家庭へ新聞を配達しなければなりません。
特に冬場は寒い風を浴びながら自転車やバイクで配達するため、配達する人それぞれが寒さ対策を行う必要が出てきます。
どんな具体的な寒さ対策があるのでしょうか?

①重ね着する
新聞配達の仕事をする際の寒さ対策の基本は重ね着でしょう。
重ね着により空気の層ができるため、保温効果を高めることが可能です。
また、配達の途中に暑くなっても、重ね着なら脱ぐことができるのもメリットです。
重ね着する時は吸水性の高いインナーを着て、洋服を着た上で防寒着を切るといいでしょう。
寒い時期でも配達途中に汗をかくことがあるため、体が冷えないように速乾性の高いインナーを着用がおすすめです。

②ネックウォーマー
自転車やバイクに乗る時、首元が冷えるためネックウォーマーを着用するといいでしょう。
マフラーなど長いものだと運転に支障をきたす可能性があるため、ネックウォーマーがおすすめです。
保温性も高く運転時も安心です。

③イヤーウォーマー
耳にも寒さ対策が必要です。
寒い時期に長時間新聞配達をしていると、耳が冷えて感覚がなくなることも。
もちろん、ニット帽なども寒さ対策に最適ですが、ヘアスタイルが乱れるのが気になる方はイヤーウォーマーを着用するといいでしょう。
最近ではコンパクトに畳めるものや耳当てのついた帽子などもあるようです。
どちらも使わない時は畳んでおけるので、持ち運びに便利ですね。

④防寒用手袋
もちろん、寒い時期には何枚も重ね着をした上でダウンジャケットなどを着用しますが、特に防寒対策が必要なのは手だと言われています。
新聞配達の仕事で寒さ対策をする上で最も重要なのが防寒用手袋。
新聞配達をしていなくても、冬バイクや自転車に乗る時は手袋が必要な位ですから、新聞配達をする上で必要不可欠なアイテムと言えるでしょう。
ただ、新聞配達はポストに新聞を入れていかなければならないため、厚手の手袋は避けた方が無難ですが、あまり薄手のものだと手が冷えてしまうでしょう。
そこで、自分なりに寒さ対策ができ、配達しやすいものを選ぶといいですね。
作業着などを売っているお店に行けば、最適なものが見つかるかもしれません。

⑤ハンドルカバー
ハンドルカバーも新聞配達をする際の寒さ対策におすすめのアイテムです。
防寒用手袋だけで十分だと思う方もいるでしょうが、ハンドルカバーがあればより手が冷えるのを防ぐことができます。
自転車屋さんやホームセンター、ネットなどでも売られているので、用意しておくといいでしょう。

⑥グリップヒーター
あまり知られていませんが、グリップヒーターも寒さ対策におすすめ。
グリップヒーターはハンドルを温めてくれ、寒い時期に新聞配達する際も手がかじかむのを防げます。
グリップヒーターなら物理的に手を温めることができるため、手元がぽかぽか温かい状態で配達することできるでしょう。
最近では自分で用意しなくても、すでにつけている販売店もあるようです。
もし、用意されていない場合はネットなどで購入するといいですね。
装着するのも自分で簡単にできるので、寒さ対策にぜひおすすめです。

⑦長靴
寒い時期の新聞配達は手元が冷たいだけでなく足元も冷えるため、長靴があると役立ちます。
長靴は雨や雪の日も水が浸みこまないため、冷える心配がありません。
また、レインブーツもおすすめ。
レインブーツとは耐水性が高く底の部分が滑り止め効果があるタイプの靴を言います。
レインブーツなら長靴のように重くないため歩きやすく、伸縮性のある素材でサイド部分から雨などが侵入しにくいです。
「長靴だと配達する際に動きにくい、見た目がちょっと…」という方にもおすすめできる防寒グッズです。
こちらも靴屋さんやネットなどで気軽に購入できるので、新聞配達の仕事を検討している方はぜひ用意しておきましょう。

⑧カイロ
寒い時期に新聞配達する際におすすめのアイテムにカイロがあります。
冷える場所に貼って配達すれば、寒さを防ぐことができますね。
靴下に貼るタイプのものを貼っておけば、足元が冷えるのを防止でき、ポカポカとした状態で新聞を配達できるでしょう。
ぜひ、用意しておくことをおすすめします。

まとめ
新聞配達の仕事をする際の注意するべきポイントに寒さ対策があります。
冬場の寒さ対策をしっかりとしておかないと、体調を崩すことも。
新聞配達の仕事は体調が悪いからと急に代わりを頼むのが難しいです。
そうならないように、自分に合う、上でご紹介したような防寒グッズを用意しておきましょう。
これから新聞配達の求人を探そうと思っている方はぜひ、ここでご紹介した防寒グッズを参考にしてみてください。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 新聞配達員の1日の流れ

  2. 新聞配達バイト体験談①

  3. 読売センターお届け便とは?

  4. 新聞配達はきつい?

  5. 新聞配達の暑さ対策

  6. WEB面接のメリット

  7. 寮暮らしに必要なもの

  8. 出稼ぎのおすすめ求人

  9. 派遣切りにあったら新聞配達をしよう

他の条件で探す