新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達早く配るコツ

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
新聞配達での最大の課題は「早く配ること」と言っていいでしょう。
決められた時間内に配り終えないと、お客さまからクレームがくることも。
では、どうすれば新聞を早く配ることができるのか、今回は新聞配達で早く配るコツをご紹介いたします。
新聞配達バイトをしている方、これから新聞配達バイトの求人を探そうと思っている方はここでご紹介することを参考にしてみてください。
新聞を早く配るコツ

腕時計を眺める男性

次のようなコツをつかめば、新聞配達で新聞を早く配ることができるでしょう。

①すぐ配達に出られるようにしておく
新聞配達のバイトで基本中の基本と言っていいのがすぐ出発できるよう準備することです。
もちろん、新聞を積んだトラックが到着する前に新聞販売店へ来ておかねばなりません。
新聞配達で使う自転車やバイクを準備し、新聞を載せやすくしておきます。
また、手袋や上着なども用意しておき、すぐに出発できるようにしておきましょう。

②軍手をはめて配達する
新聞を配るとき、素手より軍手をはめるのも新聞を早く配るコツです。
素手のままだと新聞をつかむとき滑ってしまい時間のロスをするので、軍手を用意しておきましょう。
特に寒い時期には手がかじかんでしまうため、軍手や手袋が必要不可欠です。
特に、滑り止め付きのものは雨の日にビニール袋に入れた新聞をつかむ際におすすめです。
もちろん、新聞販売店が用意してくれている場合もありますが、自分で使いやすいものを用意しておくといざという時役立ちます。

③新聞の折り方を工夫する
ポストに投函されている新聞を見ても気が付かないと思いますが、新聞の折り方にはさまざまな種類があり、早く配るため折り方に工夫がされています。
新聞配達で早く配るにはポストの形に合わせて新聞を折っていくといいでしょう。
また、その日によってチラシの量が違い新聞の厚みも変わってくるため、厚みに合わせた折り方をしなければなりません。
最もポピュラーな折り方は横二つ折りです。
多くの一戸建てのポストでは横向きに投函するケースがほとんどで、集合住宅などのドアポストでは縦向きに入れるケースがほとんどです。
次に多いのが縦二つ折りで、集合住宅のドアポストや一戸建ての玄関横にあるポストなど、新聞が分厚い場合や投函口が狭いポストで用いられる折り方です。
2つの折り方より少ない折り方ですが、三つ折りをする場合もあります。
これはドアノブに挟んだり、アメリカンポストに投函したりする場合に用いられます。
さらに、四つ折りは基本的にチラシを挟んでいない夕刊などで用いられます。
このように折り方にさまざまな工夫をすることで新聞を早く配ることができるでしょう。

④雨対策をしておく
急な雨に備えて対策を取っておくことも大切です。
カッパや荷台にかぶせるビニールなど、雨対策用のアイテムを積んでおきましょう。

⑤順路を完璧に暗記する
新聞配達で新聞をできるだけ早く配るには担当エリアの順路を完璧に覚える必要があります。
新聞配達バイトの最中に道に迷ったり、どの家に配達すればいいのか分からなくなったりすると、時間の無駄遣いになるからです。
新聞を投函しながら次の家やその次の家…とイメージしながら配達するのがコツです。
地図そのもので暗記しようとすると覚えるのが難しいので、家の特徴などを頭の中でイメージして覚えるのがおすすめ。
そうすれば、次の家へ向かうまでの時間が大幅に短縮でき、早く配ることができるでしょう。

⑥道路状況を把握しておく
新聞配達をする際、道路の状況をしっかりと把握しておくのも早く配るコツです。
たとえば、坂道が多い場合は体力を消耗するので、避ける方が無難です。
また、信号機が多いルートも意外と時間がかかるので注意が必要です。
できるだけ信号機がないルートを選んで配るようにしましょう。

⑦自転車やバイクに乗ったまま投函する
早く配るコツとして自転車やバイクから降りずに乗ったまま投函するというのがあります。
早く配るのに大切なのは1軒のお客さまにかかる時間をできる限り短くすること。
お客さまの家の前で自転車やバイクを停めて降り、新聞を持ってポストに投函し乗り物に乗る…という動作を繰り返していたら、かなり時間がかかることに。
できれば、自転車やバイクから降りずに新聞を持ってポストに入れるのがコツです。
新聞配達のバイトに慣れてくると、停車すらせず走ったまま投函するという方もいるそうですよ。

⑧降りる時にエレベーターを利用しない
意外だと思うかもしれませんが、マンションや団地などの集合住宅でエレベーターを利用すると時間が無駄にかかります。
エントランス部分に集合ポストがあれば、一度にたくさんの新聞を投函できますが、1戸1戸のドアにポストがある場合も。
上階へエレベーターで最上階まで昇って新聞を投函しながら階段を使って下へと降りて行くと新聞を早く配ることが可能です。

⑨こまめに数をチェックする
どんなに努力しても人間がミスをするのは当然です。
できる限りミスを減らすため、配達途中でこまめに数をチェックすることが大切です。
たとえば、新聞を30部などまとめておき、配り終えるごとに不足や余りがないかチェックすると早く配ることができるでしょう。
ある程度まとめておかないと、大量に配った後で間違いに気づき、時間のロスにつながります。

⑩早寝早起きの習慣をつける
新聞を早く配るコツと言えませんが、早寝早起きも新聞配達バイトの効率アップに役立ちます。
早寝早起きはできそうでできない習慣です。
他の仕事とは違い新聞配達は夜が明ける前に出勤し新聞を配る仕事なので、夜更かししてしまうと朝起きられず遅刻してしまい、新聞を早く配ることができません。
また、早く起きられたとしても寝不足で事故やケガなどのトラブルが起きることも。
新聞配達のバイトをする前は夜更かしして朝遅くまで寝ていた人も新聞配達をするようになり、早寝早起きの習慣が身に付くことが多いです。
早寝早起きの習慣は自己管理能力のアップにもつながるため、転職する際にも役立つでしょう。
ただ、早く寝ようとしてもどうしても寝付けない…ということも。
寝る前にたくさんお酒を飲んだり、テレビやスマホを長時間見たりすると不眠の原因になると言われています。
質の高い睡眠を得るにはこれらを止めることが大切です。
また、意外と気づかないのが寝具を整えること。
枕の高さを工夫してみたり、シーツや掛布団を変えてみたりするのもいいでしょう。
部屋の温度や湿度を整えたり、寝る時真っ暗にしたりするのもおすすめです。
人によって安眠の条件は違っているので、自分に合った環境づくりをしてみてください。

新聞配達に関するコラムはこちら
新聞配達バイト体験談①
新聞配達順路帳・順路の覚え方

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
まとめ
新聞配達をする際、早く配るにはどうすればいいのか、いくつかコツをご紹介しました。
新聞配達バイトに興味がある、新聞配達の求人を探しているという方のお役に立つとうれしいです。
新聞配達のバイトは学歴や経験がなくても始められ、安定して収入が得られる仕事です。
また、早く配れば配るほど拘束時間が短くなり、プライベートの時間が多く持てる魅力的なバイトと言っていいでしょう。
最近は新聞配達に特化した求人サイトも出てきています。
新聞配達に少しでも興味がある方は新聞配達専門の求人サイトをチェックしてみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 委託配送は稼げない?新聞屋に転職する理由

  2. スグに働ける寮付きの住み込み仕事なら新聞配達でしょ

  3. 中卒でも稼げる新聞配達の仕事

  4. 新聞配達の寒さ対策

  5. 新聞配達辞めたい理由

  6. 人間関係やコミュニケーションが苦手な人にオススメなお仕事

  7. 東京で住み込みで働く

  8. 読売新聞販売店とは?

  9. 新聞配達員の1日の流れ

他の条件で探す