新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達は稼げるの?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
朝早く、お客さまのところへ新聞を届ける新聞配達。
その存在は知っていても、どの位の収入なのか、稼ぐことはできるのかなど、詳しく知らない方が多いでしょう。
そこで、今回は新聞配達バイトは稼げるのか、向いている人などについても解説いたします。
新聞配達のバイトに興味がある方ややってみたいと思う方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。
新聞配達バイトの1日の流れ

スマートウォッチを操作する写真

新聞配達バイトがどの位稼げるのかご紹介する前に、1日の流れについて見ていきましょう。

①朝刊の配達
新聞配達バイトは10代の方から70代の年配の方まで、さまざまな年代の方がいます。
朝3時頃に新聞販売所へ出勤し、トラックから降ろした新聞へチラシを折り込み、3時半には配達をスタート。
2時間程度で配達を終えれば、勤務は終了という流れで、1種類の新聞だけでなく、複数の新聞を一緒に配達するケースも。
また、折り込みチラシの量や新聞の厚みによっては何度かに分けて配達することもあります。

②夕刊の配達
夕刊の配達の流れとしては午後3時頃出勤し、夕刊の配達をスタートさせます。
チラシの折り込みがない分、朝刊より配達を終えるのは早いです。
他にも、大きな事件や事故などが起きた時は号外が発行される場合があります。

新聞配達バイトの給与体系

お金を眺める少女

では、新聞配達バイトの給与形態はどうなっているのか、詳しくご紹介していきましょう。
応募する際は求人票などでしっかりと確認しておくことが大切です。

①時給制
新聞配達バイトの多くは時給制となっており、目安は1,000~1,500円程度です。
多くのエリアでは1,000円程度ですが、都市部では1,500円以上のところもあるようです。
また、早朝手当や皆勤手当てがつく場合も。
少しでも多く稼ぎたい場合はプラスαがあるかどうか、求人を探す際にチェックしましょう。

②日給制
新聞販売店の中には日給制を設けているところもあるようです。
日給制の場合は時給制と違い、配達する部数によって変わってきます。
新聞1部当たり〇円×部数といった計算で、日給5,000円程度が相場のようですね。

③完全歩合制
次に、完全歩合制は配達する部数によって変わりますが、月当たり35,000円~が相場となっています。
配達する数が多いほど稼げるため、時間内にたくさん配れば10万円以上の収入になることも。
また、配達だけでなく、新規顧客開拓などの営業や集金業務などをすることで収入アップが狙えます。

④月給制
月給制は正社員や契約社員に多い給与体系です。
地方と都市部では差があり、都市部では30万円以上見込める場合も。

仕事に関するコラムはこちら
中卒でも稼げる新聞配達の仕事
移住先と仕事を一緒に探す

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
新聞配達バイトの給与の支払われ方

貯金箱と札束

他のアルバイトと同様、新聞配達バイトの給与は現金もしくは振込となっています。
ただ、新聞販売店によって支払い方法が違うので、求人を探す際にチェックしておきましょう。
なお、現金で支給される場合に注意したいのが税金面で、源泉徴収されずに支給される場合は自分で確定申告しなければなりません。
源泉徴収されるかどうかについても、事前に確認しておきましょう。

新聞配達バイトは稼げる
こう見てみると、新聞配達はそこまで稼げないのでは?と思われる方も多いでしょう。
でも、新聞配達バイトは他のアルバイトと収入で差がなくても、寮が完備されており手元に残るお金が多いです。
寮に住み込みながら働くことで家賃や光熱費など負担してもらえるため、毎月の生活費を安く抑えることが可能です。
たとえば、毎月のアルバイト代が10万円だったとしましょう。
そこから家賃や水道光熱費6万円かかるとすると、手元に残るのは4万円となります。
でも、寮に住み込みながら働くことができれば、6万円が0となり、手元に10万円まるまる残ります。
浮いた分を遊びや趣味、貯金などに回すことができるのは非常に魅力的ですね。
また、敷金や礼金、引っ越し費用や家具・家電購入費用も負担してくれるとなれば、初期費用もかかりません。
こう見てみると、新聞配達バイトは稼げるバイトと言っていいでしょう。

新聞配達バイトが向いている人

自転車に乗る男性

手元に残るお金が多い新聞配達バイト。
では、どのような人が向いているのでしょうか?

①時間厳守できる人
新聞配達バイトで最も重要なのが時間厳守できることです。
新聞配達の仕事は担当エリアのお客さまへ時間内へ新聞を配り終えなければなりません。
特に、朝早く起きて出勤する朝刊の配達は時間が守れないとお客さまに迷惑がかかってしまいます。

②忍耐強い
新聞配達バイトはどんな悪天候の場合も必ず新聞を配らなければなりません。
雨や雪、雷が鳴ったり強い風が吹いたりしている時も休むわけにはいきません。
そのため、忍耐強い人でないと務まらないバイトと言っていいでしょう。

③体力に自信がある
新聞配達バイトは体力に自信がある人に向いています。
日によって折り込みチラシの量が多くバイクや自転車に積み込む新聞が重くなることも。
また、集合住宅でエレベータが設置されてなかったり、各戸にポストが設置されていたりする場合など、階段の昇り降りがあるでしょう。
ある程度体力がないと、務まらないバイトと考えておきましょう。

新聞配達バイト求人の探し方
他のアルバイトと比べ稼げる新聞配達バイト。
効率よく求人を探すにはどうすればいいのでしょうか?

①新聞販売店に問い合わせる
働きたいエリアの新聞販売店に直接聞いてみましょう。
求人募集の張り紙をしているところもあるので、電話してみるといいでしょう。

②知人や友だちに紹介してもらう
実際に新聞配達バイトをしている知人や友人に紹介してもらうという手も。
知り合いからの紹介なら、安心して応募することができますね。

③新聞配達の求人に特化したサイトで探す
最近では新聞配達に特化したサイトも出てきています。
中でも、新聞配達ドットコムは正社員だけでなく、アルバイトやパートなど幅広い雇用形態の求人をご紹介しています。
また、寮を完備している求人も多くご紹介でき、サポート体制も万全。
新聞配達バイトの求人を探している方のニーズに合わせて探せるようになっているため、エリアや職種、細かい条件から探すことも可能です。
詳細を知りたい方のために、サービススタッフもいるので気軽にお問合せやご相談いただければと思います。
なお、採用までの流れは2つのパターンがあります。
・仕事を探している方がサイトを見て、求人を募集しているお店へ直接応募する
・新聞業界に詳しいコンシェルジュに希望の条件や待遇を相談し、採用までサポートしてもらうコンシェルジュ応募
また、応募方法も次の2通りがあります。
・電話での応募
・メールでの応募
なお、新聞配達ドットコムではお電話での応募をおすすめしていますが、メールでの応募ならスキマ時間に気軽に応募できるので、お仕事や家事、育児で忙しい方はメールでの応募がおすすめです。
ご都合のいい方法で応募してみてくださいね。

まとめ
今回は新聞配達バイトは稼げるのか、詳しい給与体系や向いている人についても解説しました。
一見、新聞配達バイトはそこまで稼げないように見えますが、住み込みながら働くことができるので手元に残るお金が多いバイトであることが分かりました。
また、効率よく新聞配達バイトを探すなら新聞配達の求人に特化した新聞配達ドットコムがおすすめです。
ぜひ、稼げる新聞配達バイトを見つけてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 東京新聞の歴史

  2. 日払いとは?

  3. 派遣社員メリットデメリット

  4. 新聞配達の時給相場って?

  5. 住所不定でも住み込みの仕事で雇ってもらえる?

  6. 中卒でも稼げる新聞配達の仕事

  7. 新聞配達の寒さ対策

  8. 古新聞がアマゾンで売られている?

  9. ネカフェ難民から抜け出す方法

他の条件で探す