新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

新聞配達の暑さ対策

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
春や秋など、気候のいい時期なら快適に配達できるかもしれませんが、寒い冬や暑い夏の時期の新聞配達の仕事はハードです。
今のうちからなんらかの対策を講じていないと、熱中症になったり、体調を崩したりする可能性も。
そこで、今回は新聞配達の仕事をする上での暑さ対策をいくつかご紹介したいと思います。
新聞配達の仕事をされている方や新聞配達の求人をお探しの方はぜひ最後まで読んでみてください。
新聞配達の仕事を行う上での暑さ対策

暑そうな男性

春と秋は比較的快適に行うことができる新聞配達の仕事。
ただ、夏の暑さと冬の寒さはかなりハードです。
夏場の過酷な配達を少しでも快適に行うため、役立つグッズを見ていきましょう。

①帽子
暑い時期に新聞配達の仕事をする際、帽子は必須アイテムです。
何もかぶらないまま配達し続けると、熱中症になる可能性も。
朝刊の配達はまだいいですが、夕刊の配達の際は必ず帽子をかぶりましょう。
ただ、帽子ならなんでもいいというわけではなく、つばの付いたものがおすすめ。
また、素材はメッシュがいいでしょう。
メッシュ生地なら通気性が高く頭が蒸れる心配もありません。
また、冷たい水に濡らして使うことも可能です。

②飲み物
暑さ対策に最も重要なのが水分補給です。
ペットボトルに入れた飲み物を持って行く方は多いと思いますが、すぐにぬるくなってしまうので、できれば保冷性のあるボトルに入れて行くといいでしょう。
最近ではワンタッチですぐ飲めるタイプのボトルも売られているので、そういったものを選ぶと仕事の合間にすぐ飲むことができますね。
サイズはできるだけ容量の多いものを選ぶといいでしょう。

③日焼け止め
日焼け止めも新聞配達の仕事をする際の暑さ対策におすすめのアイテム。
日焼け止めを全く塗らずに仕事をすると、確実に日焼けをしてしまいます。
それだけならいいですが、日焼けした後疲労感がひどかったり、肌が赤くなったりなどの状態が長時間続きます。
配達前に日焼け止めを塗り、汗で落ちてしまう前に塗りなおすことをおすすめします。

④塩タブレット
水分補給も大切ですが、重要なのが塩分補給です。
暑さ対策にスポーツドリンクを飲む方も多いですが、糖分が多いのがデメリットです。
一般的なスポーツドリンクには500ml当たり20g以上の糖分が含まれているとも。
糖分が20gも入ったものを1日に何本も飲んでしまうと、かなり糖分を摂ることになりますね。
そこで、水やお茶など糖分が入っていない飲み物と塩タブレットを摂ることをおすすめします。
⑤冷感タオル
最近、ネットや100均などで目にする冷感タオル。
この冷感タオルも新聞配達の仕事の暑さ対策に有効なアイテムです。
使い方はカンタンで、水に濡らして首に巻くだけ。
気化熱で体温を下げてくれる効果があるスグレモノです。
配達途中に乾いてきたら、ペットボトルの水などで濡らせばひんやり感が復活します。

⑥ボディシート
ボディシートも暑い時期に人気の商品ですが、大型サイズのものは1枚で全身をカバーでき、重宝します。
また、メントール配合のものだと拭いた瞬間冷却効果で体温が下がったような爽快感が得られるでしょう。

⑦ネックカバー
新聞配達の仕事で暑さ対策に重要なのが首元を冷やすこと。
首には太い動脈が通っているため、皮膚の表面温度が高くなり大量の熱が放出されていると言われています。
新聞配達の仕事を行う際、首元のなにも対策をしていないのはかなり危険と言えるでしょう。

⑧冷却スプレー
衣服や体にスプレーするとひんやり効果が得られる冷却スプレーも新聞配達の暑さ対策に役立ちます。
冷却スプレーの中のエタノールにより、体の熱を奪うことで涼しく感じる効果があるため、気温が高く少しでも早く体を冷やしたい時におすすめのアイテムです。
最近はさまざまなタイプの冷却スプレーが売られているので、持ち運びに便利なものを選びましょう。

⑨虫よけスプレー
暑さ対策だけでなく、重要なのが虫よけ対策です。
新聞配達の仕事をしている最中に虫に刺されてしまうと、かゆみなどで仕事に支障が出る場合も。
仕事に支障が出なくても、配達中に不快な思いはしたくないでしょう。
そのためにも、虫が付かないよう衣服に虫よけスプレーを吹き付けておきましょう。
また、首や足首、手首などにも吹き付けます。
ただ、お肌が敏感な方は虫よけスプレーを付けられない場合もあるでしょう。
その場合は天然成分由来のナチュラルなものも売られているので、そういったものを選ぶといいですね。
それでも、新聞配達の仕事中に蚊などに刺されてしまったら、どうすればいいのでしょうか?
まず、かゆいからと言ってその部分を掻くのはNGです。
蚊に刺された場合は虫刺され用の薬を塗るとかゆみはすぐに収まるでしょう。
ただ、毒性の強い虫だとそういうわけにもいきません。
毒を吸い出し、刺した虫に対応する薬を塗るようにしましょう。
もし、それでも収まらない場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
暑い時期に新聞配達する上での注意点

冷えたラムネ

新聞配達の仕事は暑いときも寒いときも休むことはできません。
暑い時期に仕事をする際、どういう点に注意すればいいのか、具体的な方法をお教えします。

①こまめに水分を補給する
暑い時期の新聞配達を行う際に最も怖いのが熱中症です。
あまり知られていませんが、重度の熱中症になると最悪の場合入院することも。
また、後遺症が残る方もいるようです。
入院となれば、仕事ができず収入が途絶えてしまう可能性もあります。
「のどが渇いたな…」と感じる前に、こまめに水分補給を行いましょう。

②無理せず休憩を取る
新聞配達の仕事は決められた時間内に配達エリアの全ての新聞を配らなければならないハードな仕事です。
でも、夏場は無理せず体調を最優先に仕事を勧めましょう。
体調が悪いまま配達を続けてしまうと、かえって他の配達員に迷惑が掛かってしまう場合も。
「おかしいな…」と思ったら、日陰で休憩を取ったり、水分を補給したりすることが大切です。

③自己管理をしっかりと
暑い時期に新聞配達の仕事を行う際にさまざまな対策がありますが、毎日の自己管理も重要です。
たとえば、外食やコンビニ食などでなく栄養バランスの取れた食生活を送ったり、早く寝たり、などですね。
暴飲暴食を避けることも重要です。
室温や寝具を整え、質の高い睡眠を取ることも健康な体づくりに役立ちます。
また、朝早く起きるのはつらいですが、しっかりと朝食を摂った上で仕事に向かいましょう。
お風呂に入る際はシャワーで済ませたりせず、ゆったりと湯船につかることをおすすめします。
これらは暑さ対策だけでなく、健康管理にも役立つことばかり。
ぜひ、毎日の生活を送る上での参考にしてみてくださいね。

働き方に関するコラムはこちら
新聞配達員の特徴
委託配送は稼げない?新聞屋に転職する理由

まとめ
新聞配達の仕事をする際の暑さ対策に役立つグッズをご紹介しました。
また、暑い時期に新聞配達を行う際の注意点についても解説しましたが、参考になったでしょうか?
暑い時期に何の暑さ対策もせずに新聞配達をすると、最悪の場合命の危険もあるので絶対にNGです。
ぜひ、ここでご紹介した暑さ対策グッズを活用し、快適に仕事ができるよう工夫してみてくださいね。
新聞配達の求人をお探しの方のお役に立てばうれしいです。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 関東エリアの新聞の種類

  2. 定年後から働ける新聞配達バイト

  3. 東京で住み込みで働く

  4. 住み込みの仕事5選

  5. 新聞休刊日って?

  6. 新聞配達の時給相場って?

  7. 新聞配達時短テクニック

  8. 読売新聞の歴史

  9. 新聞配達は稼げるの?

他の条件で探す