新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

即入寮したい人におすすめなお仕事

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
「寮付きの仕事に興味がある」「どんな仕事があるか知りたい」など、寮付きの仕事に関心をお持ちの方もいるでしょう。寮付きの仕事は住む場所が変わるため、今までとは全く違う環境に飛び込むことになります。そこで今回は、寮付きの仕事の種類やメリット・デメリットのほか、寮付きの仕事に向いている人の特徴についてご紹介します。
寮の種類

アパートの写真

寮には主に2種類あり「自社寮」と「借り上げ社員寮」に分けることができます。「自社寮」とは、土地や建物自体を会社が所有している寮のことです。「自社寮」ははじめから寮として設計されているため、多くの場合はトイレや浴室が共同であったり食堂などが完備されていたりします。一方で「借り上げ社員寮」は、社員寮として使用することを目的に一般のアパートやマンションを会社が賃貸契約を結んでいるものです。建物の全部を会社が借りている場合もあれば一部のみを借りている場合などさまざまですが、通常の賃貸物件と変わらない生活ができるのが「借り上げ社員寮」の特徴と言っていいでしょう。

■工場
部品の組立作業など、工場ごとの製造ラインに関わる業務を行います。
具体的な業務内容は働く工場が何を製造しているかによって異なりますが、基本的には同じ工程を繰り返す地道な単純作業が多く発生します。そのためコミュニケーションを取りながら仕事をするというよりは、もくもくと一人で作業するイメージに近いです。
自動車メーカーの部品工場など、製造している部品が重い場合は、ある程度の体力が必要な場合もあります。
また、夜勤があるため、人によって向き不向きの分かれやすい職業であるともいえます。
製品の検品スタッフは、できあがった製品の点検作業を担当します。
製造後の小さな部品の数を数えたり、動作の確認をしたり細かな作業が必要となるため、ミスのない正確性が求められます。
メーカーの営業や販売などの表に立つ仕事と比べると華やかな印象ではないため、一見裏方の地味な作業のように思えますが、製造業で欠かせない仕事のひとつです。
■看護師
看護師の仕事内容は勤務する先によって異なりますが、基本的には医師の補助や患者さんの身の回りのお世話を行う仕事です。
具体的には、治療の補助や、入院している患者さんを見て回って血圧や体温の記録や管理などを行います。
一般的な会社とは違い、土曜日営業の病院も多いため、基本的にはシフト制の勤務になります。
また、入院患者を受け入れている大きな病院の場合は24時間体制で動かなければいけないため、夜勤の業務が発生するケースも少なくありません。
■新聞配達
トラックからの荷下ろし
印刷所から到着した新聞をトラックの荷台から下ろし、新聞販売店の中まで運ぶ作業です。新聞は束になっていてたくさんの量が届くため、販売店のスタッフが総出で行ないます。
新聞内へのチラシ広告の折り込み
折り込み用にセットされたチラシを、新聞の中に折り込んでいく作業です。機械で行なうところが多いですが、一部ずつ手作業で折り込む販売店もあります。中には、折り込み作業のみを行うスタッフを募集しているところもあります。
■朝刊・夕刊の配達
配達用バイクや電動自転車、自転車などに新聞を積み込み、配達スタッフがそれぞれに割り当てられた担当区域の家庭に新聞を届けます。朝刊・夕刊の両方を配達する場合もあれば、朝刊だけ、夕刊だけを配達するシフトもあります。
集金
集金とは購読者の家を訪問し、新聞購読料金を徴収する仕事です。また新聞購読の勧誘を行なう新規開拓や契約更新などの営業活動もあります。現在では、アルバイトがこうした集金や営業を行なう配達所は多くありませんが、バイト先によっては集金だけを行なう専門のアルバイトがいるケースもあります。

仕事に関するコラムはこちら
期間工の仕事はきつい!?メリットデメリット
工場勤務の仕事はきつい?

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
寮付きの仕事に就くメリット

ホワイトボードと女性

まず、寮付きの仕事に就くことで、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

■生活費を抑えられる
1つ目のメリットは、生活費が安く抑えられることです。会社により条件は異なりますが、一般的な賃貸住宅に比べ安価な家賃で住むことができます。

中には、水道光熱費やインターネットの費用なども家賃に含まれていたり、家具・家電付き、食堂付きなどの寮もあるようです。単身者として、仮に賃貸物件の家賃を6万円と仮定します。
さらに水道光熱費やインターネット代、食費が月に合わせて4万円かかるとすると、月額で10万円。年間で120万円です。
さらに、新生活を始めるにあたって初期費用として、家具や家電、敷金礼金、仲介手数料などがかかります。
相場は「家賃の5倍」とされているため、初期費用が約30万円かかります。
つまり、寮付きの仕事をするだけで、初期費用30万円と、年間120万円が自由に使えるのです。
もちろん、寮費を一部(1~2万円)負担しなければならなかったり、食費の支給がなかったり、求人によって待遇はさまざまですが、それでも100万円程度は浮く計算です。
ガッツリ貯金したい人や、お金が必要で生活費をかけたくない人に、寮付き求人は非常におすすめです。

■通勤にストレスを感じない
通勤時間や通勤手段は、仕事を選ぶポイントの1つです。会社が用意している寮の多くは、従業員の通勤を考え、勤務場所から近い距離に建てられています。

そのため、満員電車や渋滞などの心配がなく、快適に通勤することが可能です。通勤時間を短縮しストレスも軽減できるので、自分の時間を有効活用することができるでしょう。

■職場の人と交流できる
会社の寮には、同じ職場の人たちが集まります。日常的に同僚や先輩と交流することができるので、良好な人間関係を築きやすいでしょう。

たとえば、地元を離れて一人暮らしをする場合、新しい環境に不安を感じてしまう人も少なくないと思います。しかし、寮生活は仕事時間外にも職場の人と交流できるため、職場環境に溶け込みやすくなります。

■食堂付きだと食生活も崩れない
「自社寮」に多い社員食堂完備の寮では、食事を自分で用意せずに済みます。食材の買い出しや調理の手間が省けるのもメリットですが、正しい食生活を維持しやすいことは大きなメリットと言えるでしょう。自分で食事を用意する場合、栄養が偏りがちになって体調を崩すこともあります。特に、初めて実家から離れる方や料理が苦手な方にとって、栄養バランスが考えられた食事が毎日とれるということは、健康を維持するうえで重要なことです。また、自炊するとなれば、そのぶんだけ時間も取られますし、慣れない仕事から帰って家事をするのはなかなか大変でしょう。その点、社員食堂が利用できれば疲れて帰宅してもゆっくりと休めます。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 社宅・寮に引越し・1R最安の引越しテクニック

  2. 寮に住むメリットは?

  3. 住所不定でも住み込みの仕事で雇ってもらえる?

  4. 社宅・寮に引っ越す心構え

  5. お金がなくても引っ越したい!寮付きの住み込み求人

  6. 未経験でも大丈夫!住み込みバイト

  7. 家賃補助とは?

  8. スグに働ける寮付きの住み込み仕事なら新聞配達でしょ

  9. ペット可の寮付き住み込みバイト

他の条件で探す