新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

ネカフェ難民から抜け出す方法

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
住まいを失い、ひとたびネカフェ難民になってしまうと、抜け出すことは容易ではありません。
ネカフェ難民生活から抜け出し、新しく住まいを構えるにはまとまった費用が必要になるでしょう。
そこで、今回はネカフェ難民から抜け出すにはどうすればいいのか、おすすめの仕事についてもご紹介いたします。
ネカフェ難民になると困ること

手でバツを作る女性

ネカフェ難民になってしまうと、次のような困りごとが発生します。

①採用されにくい
ネカフェ難民になると最も困ることは住所不定になってしまうこと。
住所がないと、求人に応募しても採用されにくくなります。
どうして住民票のある場所が遠いのかなど、説明を求められることも。
もちろん「住民票を地元に置いたまま出て来た」など、言い訳できるケースもありますが、今住んでいる場所を証明できるものの提出を求められたり、現在どこに住んでいるのか住所を聞かれたりするでしょう。
雇う側も住所不定の人より、住所が明確な人を雇いたいと思うのは当然です。

②郵便物が受け取れない
ネカフェ難民は住所がないので、郵便物や荷物が受け取りにくくなるのもデメリットです。
荷物はコンビニを受け取り場所にすることも可能ですが、信書を受け取ることはできません。
信書にはクレジットカードに関する書類も含まれるので、クレジットカードの更新ができなくなるなど、かなり不便になるでしょう。

ネカフェ難民から抜け出すには

虫眼鏡でパソコンを覗く男性

住所がなくネカフェ難民になってしまった方が抜け出すにはどうすればいいのでしょうか?
いくつか方法がありますので解説いたしましょう。

①市区町村の役所へ相談する
ネカフェ難民がネットカフェ生活から抜け出すには市区町村の役所へ相談に行くのがおすすめです。
役所ではアルバイトなど就業サポートや無料で宿泊できる場所などを紹介してくれることも。
ただ、サポートを受ける場合はさまざまな制限があるため、全ての人が満足いくサポートを受けられるとは限りません。

②日払いのバイトを探す
ネカフェ難民から抜け出すにはまず、お金が必要です。
さまざまなバイトの求人がありますが、日払いのバイトならすぐにお金を受け取ることができ、ある程度お金が貯まれば住む場所を探すことができるでしょう。

③住み込みバイトを探す
寮や社宅などが完備されている住み込みのバイトを探すのもネカフェ難民から抜け出す方法の1つです。
住み込みの求人とは仕事と住まいの両方が同時に確保できるもので、最も早く今の状態を変えられる方法と言えるでしょう。

住み込みに関するコラムはこちら
出稼ぎで稼ぎたい方へ!住み込みで働ける仕事!
住み込みのバイトはきつい?

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
ネカフェ難民におすすめのバイト

夜の工場を眺める男性

ここではネカフェ難民から抜け出すのにおすすめのバイトをいくつかご紹介いたします。
どれも学歴や経験が必要ないものばかりですので、求人を探す際の参考にしてみてください。

①工場作業員
大きな工場の近くには働く人のために寮や社宅を設けています。
仕事内容は自動車や電子部品、家電などの組み立てや検品などがほとんどで、学歴や経験がなくても取り組めるバイトです。
工場関係のバイトの最大のメリットは求人が多く見つけやすいこと。
すぐに住まいと仕事の両方を手に入れたい方に最適なバイトと言えるでしょう。
もし、工場で働いた経験があるなら、待遇がよくなる場合も。
さらに、将来的に正社員登用の可能性があるのもメリットです。
専門的な技術を持つ従業員を必要とするメーカーにとって、長く働いてくれるアルバイトを正社員にしたいのが本音です。
短期間のアルバイトから正社員へとキャリアップの可能性があるのは魅力的ですよね。

②警備員
商業施設や病院内での巡回や建築現場の警備、交通誘導などを行う警備員のバイトも寮を完備しているものが多いです。
ただ、身の危険にさらされるリスクもあるため、その点を理解した上で求人を探すようにしましょう。

③ナイトワーク
夜営業している飲食店など、ナイトワークの仕事のほとんどが寮や社宅を設けているので、仕事と住まいの両方を手に入れられます。
ただ、お酒を飲む機会が多いので、お酒が苦手な方は避けた方がいいでしょう。
また、たくさんのお客さんを接客しなければならないため、コミュニケーションを取るのが苦手な方には不向きです。

④ゴルフ場のスタッフ
郊外に多いゴルフ場は近くに寮を完備していることがほとんどです。
受付やキャディなどさまざまな仕事がありますが、キャディのアルバイトならゴルフの知識が身に付くメリットも。
休みの日にはゴルフができる場合もあるため、ゴルフに興味があったり、趣味だったりする方には最適かもしれません。
接客が得意な方なら問題ないですが、苦手な方には不向きなバイトと言えるでしょう。

⑤新聞配達
ネカフェ難民から抜け出すのにおすすめのバイトに新聞配達バイトがあります。
住み込みの仕事と聞いて真っ先に思い浮かぶのがこのバイトではないでしょうか?
新聞配達バイトの仕事は朝早く新聞販売所に運ばれてきた新聞にチラシを折り込み、担当エリアのお客様に配達するもの。
慣れないうちは朝早く起きるのがつらいかもしれません。
でも、しばらくすれば自然に朝早く起きることができるでしょう。

ネカフェ難民から抜け出すには新聞配達バイトがおすすめ

新聞を眺める男性

ネカフェ難民から抜け出すのにおすすめの仕事にはさまざまなものがありますが、最もおすすめなのが新聞配達のバイトです。
その理由には次のようなものがあります。

①健康的な生活が手に入る
新聞配達は早寝早起きをしなければなりません。
夜更かしして朝遅くまで寝ていた人にとってつらいかもしれませんが、続けているうちに自然に健康的な体が手に入ります。
また、バイクや自転車を使うにしても、歩いたり走ったりして配達先のポストへ一軒一軒投函しなければならないため、知らないうちに体力も身につくでしょう。

② 時間を有効に使える
新聞配達バイトは時間を有効に使えるのもメリット。
朝早く朝刊を配り終えれば、夕刊を配達するまでの時間は自由です。
その時間を通学や副業、プライベートに使うことができるので、1日を有効に過ごすことができますね。

③お金を貯めやすい
ネカフェ難民にとって、住まいと仕事の両方を手に入れられる新聞配達はお金が貯めやすいのもメリットです。
新聞販売所のほとんどが同じ建物もしくは近くに寮を完備しており、敷金や礼金、家賃だけでなく、水道光熱費や引越し費用なども負担してくれるところも。
他の住み込み可能なバイトでも初期費用を負担してくれるところはありますが、水道光熱費や引越し費用まで負担してくれるところは少ないです。
また、家電や家具などが用意されている場合もあり、初期費用を抑えることが可能です。
さまざまな費用を抑えることができた分、貯金に回すことができるのは非常に魅力的ですね。

まとめ
ネカフェ難民だと困ることや抜け出す方法、おすすめの仕事などをご紹介しました。
ネカフェ難民のままだと、さまざまなデメリットがあり安定した生活ができません。
そこで、住まいと仕事の両方を手に入れられるバイトを探すのがおすすめです。
寮や社宅を完備している住み込みのバイトなら、採用=住まいを手に入れられるので、安心して生活することができるでしょう。
中でもおすすめのバイトが新聞配達です。
最近は新聞配達の求人に特化したサイトも増えているので、自分の希望する条件に合うものを見つけてみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 読売新聞販売店とは?

  2. 新聞配達時短テクニック

  3. 新聞休刊日って?

  4. 新聞配達のバイトはきつい?

  5. 定年後から働ける新聞配達バイト

  6. 所持金0円・家なしから生活を立て直す方法

  7. 前払い・日払いができる仕事

  8. 新聞配達早く配るコツ

  9. 朝日新聞の歴史

他の条件で探す