新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

住み込みで働くメリット

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
求人票を見ていると、寮や社宅付きの求人があることが分かります。
また、寮や社宅付きの住み込みの仕事にはさまざまなものがあり、住み込みで働くメリットは多いです。
そこで、今回は寮や社宅付きの住み込みの仕事の種類やメリットについて解説いたします。
住み込みの仕事って?

マンションの写真

そもそも、住み込みの仕事とはどういうものなのでしょうか?
住み込みの仕事とは勤務先が提供する住まいから通勤する仕事を指します。
求人票を見てみると、「住み込み可」とか「寮完備」などと書かれているので、分かりやすいです。
ほとんどの場合、社員寮や借り上げ社宅などが用意されており、雇用主の自宅に住み込み働くことは少ないです。
雇用主側としては住まいを安く提供する代わりに人材を確保できるメリットがあり、雇用される側にもさまざまなメリットがあります。
次では住み込みの仕事で提供される住まいにはどのようなものがあるのか、次でご説明いたしましょう。
住み込み寮や社宅とは

ワンルームマンションの写真

住み込み寮や社宅には自社寮と借り上げ社宅があり、それぞれ次のようになっています。

①自社寮
勤務先が建物を所有しており家具や家電などが完備された自社寮は即入居でき、初期費用も少なくて済むのが特徴です。
ただ、自社寮の場合、住む場所を選ぶことができません。

②借り上げ社宅
いっぽうで、借り上げ社宅は雇用主が不動産業者からアパートやマンションを借り従業員に提供するもので、住まいを所有するのは不動産業者です。
住む場所を従業員が選ぶことができるのが特徴です。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
寮や社宅で住み込みながら働ける仕事

作業をする2人の男性

では、寮や社宅に住み込みながら働くことができる仕事にはどういうものがあるのか、ご紹介いたしましょう。

①観光業
旅館やホテルのスタッフの求人票を見てみると、ほとんどが寮や社宅に住み込み働くものばかりです。
接客業の経験がある方や人をもてなすのが好きな方に向いている仕事です。

②工場
大きな工場を都会に建てるのは費用面や土地確保の面で厳しいので郊外に建てられることが多く、近くに寮を完備しているものがほとんどです。
特にスキルや経験を必要としないので、採用されやすいメリットも。
仕事内容としては家電や自動車部品の組み立て、加工、検品などが多いでしょう。
単純作業が苦でない方に向いているでしょう。

③マンション管理人
マンション管理人の仕事は主にシニア向けの仕事です。
仕事内容は共用部分の点検や清掃、荷物の受け取り、事務作業など多岐に渡ります。
人のお世話をするのが好きな方は求人をチェックしてみてください。

④農業
農業も住み込みで働くことが多いです。
野菜を育てたり、牛や豚の飼育をしたりなど、朝早く起きて体力を使って行うものが多いですが、自然の中で働きたいという方におすすめです。

⑤パチンコホール
短期間に高収入を得たいという方におすすめのパチンコホールの仕事も寮や社宅が完備されているケースが多いです。
ただ、全てのパチンコ屋さんが住み込みの求人を出しているわけではないので、求人票をしっかりと確認するようにしましょう。

⑥新聞配達
新聞配達の求人を見てみると、ほとんどが寮完備の住み込みとなっています。
朝早く起きて担当エリアのお宅に新聞を配る仕事なので、新聞販売所の建物自体が寮になっている場合も。
学歴やスキルを必要とはしませんが、体力と忍耐力を必要とする仕事です。

寮に関するコラムはこちら
社宅・寮の形状や間取りを徹底検証
バイトでも入寮可能!新聞配達の住み込み

寮や社宅に住み込みで働くメリット

考える男性

寮や社宅に住み込みで働くことができる職種にはさまざまなものがあることが分かりました。
では、住み込みで働くメリットについてご紹介いたしましょう。

①仕事と住まいの両方を確保できる
寮や社宅付きの住み込み求人を選ぶことで、仕事と住まいの両方を一度に手に入れられるのがメリットです。
自分で住まいを探すのは時間と手間がかかります。
寮や社宅が完備されていれば、審査や契約などにかかる手続きを行わなくていいので、時間や手間が省けます。

②初期費用がかからない
一般的なアパートやマンションを借りる場合、敷金や礼金などを負担しなくてはなりません。
また、引っ越し費用もかかってきます。
物件のクリーニング代、鍵の交換費用などが自己負担になることも。
でも、寮や社宅が完備されていれば、これらの費用が少額もしくは一切かからないので、初期費用を抑えることができるでしょう。

③通勤時間が短い
寮や社宅に住み込みで働くメリットに通勤時間が短くて済むというのがあります。
仕事でストレスを抱えた上に長時間バスや電車で通勤することでさらにストレスがかかってしまうことも。
でも、寮や社宅に住み込み働くことで、通勤時間が短くて済み、通勤ストレスを抱える心配もないでしょう。
たとえば、通勤時間が1時間かかるところを10分で済めば、1日50分もの時間を好きなことに使えます。
朝ゆっくり過ごしたり、ウォーキングしたり、仕事が終わってから趣味や勉強に充てることも。
ストレスを軽減できるだけでなく、自由時間が増えるため生活を豊かなものにできるでしょう。
もちろん、体力的にも楽になるのは間違いありません。

④お金が貯まりやすい
住み込みで働く場合、家賃が無料だったり安かったり、水道光熱費を負担してくれたりと毎月のコストを安く抑えることが可能です。
毎月の生活費で最も大きな負担となるのが家賃ですが、それが0で済めばその分を貯金に回すことができるでしょう。
同じ手取り額でも家賃が安いもしくは0で済めば、手元に残るお金が変わってきます。
短期間でお金を貯めたいという方は寮や社宅付きの住み込みの求人を選ぶことをおすすめします。

住み込みの仕事なら新聞配達がおすすめ

ポーズをとる男性

住み込みで働くことができる仕事にはさまざまなものがあり、メリットが多いことがお分かりいただけたと思います。
中でもおすすめなのが新聞配達の仕事。
どういう点がおすすめなのか、ご紹介いたしましょう。

①収入が多い
一般的に新聞配達の仕事は給料が安いと思われていますが、実際はそうではありません。
都市部なら月収25万円以上の求人も見かけますし、さまざまな福利厚生が用意されていることも。
さらに、寮が完備されている求人を選べば、家賃がかからず手元に残るお金を増やすことができるでしょう。

②人と関わる機会が少ない
新聞配達の仕事は朝早く起き担当エリア内を1人で黙々と配達する仕事です。
そのため、人と関わる機会が少なくて済み、コミュニケーションを必要以上に取ることもありません。
また、一般的な仕事と違い、仕事中に上司や先輩などと一緒に過ごさなくていいのでストレスもかかりにくいです。
人と接するのが苦手、一人で黙々と作業をするのが得意という方におすすめの仕事です。

まとめ
寮や住み込みで働ける仕事や得られるメリットについて解説いたしました。
住み込み求人を選ぶことで、初期費用を抑えることができたり、自由な時間を持てたりなど、メリットが多いことが分かりました。
仕事と住まいの両方を一度に手に入れたい方はぜひ、寮や社宅が完備された住み込みの仕事を選ぶことをおすすめします。
中でも、新聞配達の仕事はスキルや学歴が必要なく、寮が完備されている求人が多いです。
また、仕事をしながら自然と体力がつくなどさまざまなメリットも多いです。
求人を探す際は住み込みで働ける新聞配達の仕事を中心に探してみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 都心で寮付きバイト!

  2. 住む家がない、お金がない時の対処法

  3. 新聞配達の寒さ対策

  4. 東京で住み込みで働く

  5. ネカフェ難民から抜け出す方法

  6. 新聞配達員の私生活

  7. 人間関係やコミュニケーションが苦手な人にオススメなお仕事

  8. 派遣社員メリットデメリット

  9. 新聞配達早く配るコツ

他の条件で探す