新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

家賃補助とは?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
マンションやアパートなど、部屋を借りて住んでいる場合に必ず払わなければならない家賃。
収入の多くを占める家賃はできる限り安く抑えたいです。
企業やお店、住んでいる自治体などによって家賃補助が受けられることもあることをご存じでしょうか?
知らないままだと損をすることもある家賃補助制度。
そこで、今回は家賃補助とはなにか、メリットやデメリットなどを解説いたします。
家賃補助とは

部屋でパーティーをする男性

そもそも、家賃補助とは企業それぞれが設定しているもの。
従業員に対する福利厚生の一種で、家賃の一部を勤務先が負担することで従業員の経済的負担を軽減し、仕事に集中してもらうのが目的です。
法律で決まっているものではないため、制度を設けていないところも多いです。
求人を募集する際、家賃補助を設けていることで集めやすくなるメリットもあり、離職率の低下にもつながります。
家賃補助と似た制度に住宅手当がありますが、これは従業員が支払う住宅ローンの一部もしくは全額を支給する制度。
こちらも福利厚生の一つで、毎月の給与に住宅手当を上乗せして支払います。
家賃補助と住宅手当と意味合いでは同じと言えますが、住宅手当は持ち家の方も対象であるいっぽう、家賃補助は賃貸物件に住んでいる従業員のみが対象となっています。
また、寮や社宅は従業員が自分でアパートやマンションを契約して借りるのではなく、雇用主が借り上げ従業員に提供するものです。
直接契約するのと比べ、手続きの煩わしさもなく安く住めるのがメリットです。
家賃補助制度のメリット

人差し指を立てる女性

では、家賃補助制度の具体的なメリットにはどのようなものがあるのか、解説していきましょう。

①経済的負担が軽くなる
賃貸住宅を借りて住んでいる方にとって、家賃負担は大きな経済的負担となっているでしょう。
でも、家賃補助制度を利用すれば、固定費が削減され生活に余裕が出ます。
浮いた分を生活費や趣味、貯蓄や投資に回すことも。
特に、若い世代は収入が高くないので、家賃補助制度があるかないかで日々の生活に大きな差が出ます。

②仕事へのモチベーションが上がる
日々の生活に余裕があれば精神的負担が軽くなり、仕事へのモチベーションも上がるはずです。
また、雇用主が生活を守ってくれているという想いから、会社への所属感なども高まるでしょう。

寮に関するコラムはこちら
社宅・寮に引越し・1R最安の引越しテクニック
社宅・寮の形状や間取りを徹底検証

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
家賃補助制度のデメリット

両手でバツを作る女性

メリットが多い家賃補助制度にもデメリットがないわけではありません。
わが国では勤務先から収入を得た場合、金額に応じて納税する義務が生じます。
家賃補助は福利厚生の一部となり、納税対象となっています。
そのため、家賃補助制度を利用している従業員はその分税金を多く収める必要が出てきます。
また、社会保険料の金額も変わってくるため注意しましょう。
求人票を見ていると「寮完備」と書かれているものがありますが、家賃補助とは違い寮の場合雇用主が経費として計上できるため、課税対象とはなりません。
家賃補助制度がある仕事

下を指さす女性

では、家賃補助制度がある仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

①工場
家電や自動車部品を製造する工場では家賃補助制度を設けているところが多いです。
工場近くに従業員専用の寮を完備しているところも。
仕事内容は部品の組み立てや検品など、特にスキルが必要なく、コミュニケーション能力を必要としないものがほとんどで自分のペースで働くことができますが、同じ作業の繰り返しがつらい人には不向きかもしれません。

②ナイトワーク
いわゆる夜のお仕事と言われるナイトワークも家賃補助制度を設けているお店が多いです。
ナイトワークは時給も高く収入が見込めるバイトであるいっぽう、お酒を飲む機会も多いので向き不向きがあるでしょう。
いくら収入が多くても、体を壊してしまっては意味がありません。
短期間で多く稼ぎたいという場合ならチャレンジするのもありかもしれませんね。

③建設業
建設業のアルバイトも家賃補助や寮完備のものが多いです。
また、他のアルバイトと比べて高収入案件のものが多いのも事実です。
ただ、体力が必要であること、危険を伴うことなどなどを考慮しておいた方がいいでしょう。
体力に自信がある方は応募してはいかがでしょうか?

④新聞配達
新聞配達バイトの求人を見てみると「家賃補助あり」とか「寮完備」と書かれているものが多いです。
夜が明ける前に出勤し、チラシの折り込みが終わったら担当エリアのお客さま一軒一軒へ新聞を配達するバイトです。
公共交通機関が動き出す前に出勤しなければならないため、新聞販売所の近くに住んだり、新聞販売所と同じ建物に住んだりするケースがほとんど。
主な仕事内容はチラシの折り込みと配達ですが、配達に出てしまえば人と関わらずに済むので、一人で黙々と作業したい人にうってつけの仕事です。
もちろん、悪天候の日も休むことができないのためきついと感じるかもしれませんが、地域の人の役に立てる社会貢献度の高い仕事です。

家賃補助付きの仕事なら新聞配達がおすすめ

虫眼鏡を持った女性

こう見てみると、家賃補助制度を設けているバイトにはさまざまなものがありますが、最もおすすめなのが新聞配達です。
なぜ、新聞配達をおすすめするのか、その理由について解説しましょう。

①体力や健康的な体を手に入れられる
他のアルバイトと比べ、新聞配達バイトは間違いなく体力がつきます。
雨の日も風の日も自転車やバイクで新聞を配達しなければならない仕事です。
集合住宅の中にはエレベータが設置されていないところも。
お金をもらいながらトレーニングができるのは魅力的ですよね。
また、夜早く寝て朝早く起きなければならないため、健康的な体を手に入れられます。
毎日夜更かしして昼前位まで寝ていた人も自然と早寝早起きが身につき、健康的な生活を送ることができるでしょう。

②地域の役に立つ
他のアルバイトと比べ、新聞配達バイトは社会貢献度の高い仕事と言えます。
インターネットが普及した今でも新聞を購読している方は一定数おられます。
毎朝決まった時間にポストに新聞が投函されるのを心待ちにしている方も多いでしょう。
そのようなお客さまにとって、新聞配達バイトはなくてはならない存在です。
また、新聞配達には地域を見守る役割もあります。
毎日同じエリアを回っているため、ちょっとした変化に敏感になり、犯罪を未然に防止したケースも。
地域の方にとって、新聞配達は心強い存在でもあるのです。

③奨学生制度を利用できる
新聞配達バイトは奨学生制度を利用できるメリットも。
新聞奨学生制度とは学費を奨学会が立て替え、新聞配達でもらったバイト代から奨学金を差し引き残ったお金を受け取る仕組みです。
一般的な奨学金は卒業後返済義務がありますが、この制度を利用すれば卒業後返済する義務はありません。
新聞配達以外のバイトにはない、非常に魅力的な制度です。
経済的な事情から学費の捻出が難しい方に魅力的なバイトと言えるでしょう。

まとめ
家賃補助とは何か、メリットやデメリット、家賃補助制度を設けている仕事などをご紹介しました。
家賃補助制度を設けている仕事にはさまざまなものがありますが、新聞配達が特におすすめだということがお分かりいただけたと思います。
求人を探す際は家賃補助制度のある新聞配達バイトを中心に探してみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 即入寮したい人におすすめなお仕事

  2. 嘘が多い!?悪質寮付き求人には要注意!転職前に知っておきたいポイント

  3. ミドルシニアに新聞配達がオススメな理由

  4. 社宅・寮に引っ越す心構え

  5. 寮暮らしに必要なもの

  6. ネカフェ難民から抜け出す方法

  7. 新聞配達員の私生活

  8. 移住先と仕事を一緒に探す

  9. 前払い・日払いができる仕事

他の条件で探す