新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

入社祝い金って?

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
求人サイトや求人票を見ていると「入社祝い金」という言葉を目にすることがあります。
「入社しただけで祝い金をもらうことができるなんて怪しいのでは?」と思う方も多いでしょう。
でも、実際は入社祝い金は怪しいものではなく、雇われる側だけでなく雇う側にも支給するメリットがあります。
そこで、今回は入社祝い金とは何か、もらうメリットや支給するメリット、入社祝い金がもらえる仕事についてもご紹介します。
入社祝い金のある求人をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。
入社祝い金をもらうメリット

お金を眺める少女

まとまったお金がもらえるというだけでなく、入社祝い金をもらうメリットにはさまざまなメリットがあります。
具体的にどのようなメリットがあるのか、ご紹介いたします。

①生活資金の足しになる
新しい転職先やバイト先で働く際、引越しが伴う場合には出費がかさみます。
たとえば、引っ越し費用や敷金、礼金、家具や家電などを揃える費用…など、何かと物入りです。
でも、入社祝い金があれば、それらの費用を賄うことができるでしょう。
入社祝い金が支給されるのはかなり魅力的ではないでしょうか。

②心にゆとりが生まれる
転職直後や新しいバイト先に入った時は慣れない仕事に不安になったり、環境の変化に戸惑ったりすることが多いです。
そんな時、経済的に余裕があれば気持ちも安定するでしょう。
入社祝い金を支給してもらえることは転職直後の不安な時期の精神的安定につながります。

入社祝い金を支給するメリット

スーツからお金を取り出す男性

働く側だけでなく、雇う側にも入社祝い金を支給するのにはメリットがあります。
では、どのようなメリットがあるのでしょうか?

①人材を集めやすい
雇う側にとって入社祝い金を支給する最大のメリットは人材を集められること。
たとえば、不便な場所にあり人材が集まりにくい、人手が足りない、人材が集まりにくい仕事内容…などの理由から、入社祝い金を支給するようです。
ただ、入社祝い金を出しているからと言ってすぐに飛びつくのではなく、自分に合う仕事かどうか、通勤できる場所かなどをしっかりとチェックした上で応募するか判断しましょう。

②長く働いてもらいたい
入社祝い金を支給するメリットに長く働いてもらうためというのがあります。
入社祝い金の支給条件に「一定期間以上在籍すること」などと設定されているのは入社祝い金をもらってすぐに辞めてしまう人がいるからだけでなく、短期間で退職されるのを防ぐためです。
特に退職が多いのは最初の数カ月と言われていますが、採用するため雇う側はコストをかけているため、できるだけ長く働いてもらいたいというのは当然です。

③従業員の生活を支えるため
仕事を探す方の中には退職後転職先を探す方や無職でバイトを探す方、働きながら転職先を探す方などさまざまです。
無職の状態で新たな仕事を探す場合、生活に不安があるでしょう。
また、住む場所も変えるとなると出費もかさみます。
働く人の心と体が健やかな状態でいられるよう、雇う側が入社祝い金を支給し生活をサポートしているのです。

お金に関するコラムはこちら
日払いとは?
新聞配達の時給相場って?

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
入社祝い金がもらえる仕事

お金を持ったドレスを着た女性

では、入社祝い金を支給する仕事の種類にはどのようなものがあるのか、いくつかご紹介しましょう。

①期間工
入社祝い金を支給する求人で最も目にするのが期間工です。
期間工を募集している求人の多くが大手自動車メーカーや大手家電メーカーのため、高額な設定となっています。
一定期間で従業員が入れ替わるため、すぐにでも人材を集めたいというのも入社祝い金を出す理由の1つでしょう。
少しでも多くの入社祝い金が欲しいという方は期間工の求人を中心に探すといいでしょう。
ただ、単純作業が苦手、人と関わる仕事がしたいという方は向いていないかもしれません。

②ナイトワーク
ナイトワークの求人も入社祝い金を支給と書かれているものを目にします。
時給や給料も高いナイトワークですが、その反面お酒を飲む機会も多く、高いコミュニケーション能力を必要とします。
お酒を飲むのが苦手、人と関わるのが得意でないという方には不向きなバイトです。

③新聞配達
新聞配達バイトの求人を見てみると、入社祝い金を支給すると書かれているものが多いです。
それだけでなく、新聞配達バイトは住み込みで働くことができるなど、メリットがいっぱいです。
新聞販売店の多くは寮を完備しており、敷金、礼金だけでなく引っ越し費用を負担してくれる場合も。
もちろん、家賃が格安もしくは無料となっており、家電や家具などが用意されているところもあるようです。
引越しする際、多額のコストがかかりますがこれらを負担してくれるのはありがたいですよね。
また、新聞配達バイトなら朝早く担当エリアの新聞を配達し終えれば、後は自由に過ごせます。
勉強や別の仕事に充てたり、趣味や遊びに使ったりと有意義に過ごせるのは新聞配達バイトならではのメリットです。

入社祝い金をもらってすぐに退職したらどうなるの?

お金と貯金箱の写真

バイトを探す際、入社祝い金が支給される求人は非常に魅力的ですが、支給後すぐに辞めたらどうなるのでしょうか?
新しいバイトが見つかり、入社祝い金もらってすぐに辞めても、基本的に返金の義務はありません。
バイト先によっては一定期間内に退職した場合に返金すると誓約書を書かされる場合もあるようですが、誓約書を書かせることは法律で禁じられています。
ただ、法律的に返金の義務はなくても、入社祝い金をもらってすぐに辞めてしまうと、次のバイト先や転職先を見つけるのに不利になるケースも。
「入社祝い金目当てで応募してきたのでは?」とか「入社祝い金をもらったらすぐに辞めるのでは?」と思われてしまうかもしれません。
そうならないためにも、入社祝い金をもらってすぐに辞めるのは避けた方がいいでしょう。
まとめ
今回は入社祝い金とはなにか、もらう側のメリットや支給する側のメリットについても解説しました。
「入社祝い金がもらえる求人は怪しいのでは?」と疑問に思われていた方、安心していただけたでしょうか?
また、入社祝い金を支給する仕事にはさまざまな種類があり、中でも新聞配達がおすすめということもお分かりいただけたと思います。
新聞配達の仕事なら、寮が完備されており住み込みで働きながらお金を稼ぐことができます。
また、引越しの初期費用や家賃、水道光熱費を負担してくれるケースが多く、お金を貯めやすいメリットも。
お金をもらいながら健康な体を手に入れられるバイトは新聞配達以外にはないと言っていいでしょう。
入社祝い金が支給される仕事にはさまざまなものがありますが、新聞配達の求人を中心に探してみてはいかがでしょうか?
最近は新聞配達に特化した求人サイトも増えているため、そういったサイトを中心にチェックしてみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 東京で住み込みで働く

  2. WEB面接のメリット

  3. 新聞配達員の1日の流れ

  4. 社宅・寮に引っ越す心構え

  5. 新聞配達の寒さ対策

  6. 新聞休刊日って?

  7. 家賃補助とは?

  8. 「仕事辞めたい…」でもお金がなくて寮を出られない。

  9. 所持金0円・家なしから生活を立て直す方法

他の条件で探す