新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

社宅・寮の形状や間取りを徹底検証

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
求人を探すとき、寮や社宅が完備されたものを選べば、仕事と住まいの両方を手に入れることができます。
でも、寮や社宅の部屋にどんな種類や間取りがあるのか知っておかないと、後悔することも。
そこで、今回は寮や社宅の種類や間取り、メリットなどを詳しく解説いたします。
寮や社宅付きの求人をお探しの方はぜひ参考にしてみてくださいね。
社宅の種類や間取り

1人部屋の写真

そもそも社宅とは従業員に対して企業が福利厚生の一つとして貸し出す住まいを指します。
地方から人材を集めたい企業や、転勤が多い企業などは社宅を用意しているケースが多いです。
社宅の種類は次のようなものがあり間取りもさまざまです。

①社有社宅
企業が自社で所有する社宅を社有社宅と言い、ほとんどの人が社宅と聞いてイメージするのがこの社有社宅でしょう。
社有社宅は自社で所有している不動産なので、入居時の手続きがスムーズなのがメリットですが、莫大な建設費用や管理費などがかかるのがデメリットだと言えるでしょう。

②借り上げ社宅
いっぽうで、企業が自社で保有せず、不動産会社などから借り従業員に提供するものを借り上げ社宅と呼んでいます。
借り上げ社宅にはアパートやマンションを丸ごと借り上げるものや、従業員それぞれが契約するものなどがあります。
借り上げ社宅は社有社宅とは違い建設費用や管理費など多額なコストがかからないため、最近ではほとんどの企業が借り上げ社宅を選んでいるようです。
ただ、借り上げ社宅にもデメリットがないわけではありません。
従業員1人1人の希望に沿って部屋を借りる必要があったり、毎月の家賃などの支払いがそれぞれ違ったりと、企業側は手間がかかります。
なお、社宅の間取りは企業や住む人数によって違っていますが、目安としては単身ならワンルームもしくは1K、1DK程度、ファミリー向けだと2DK~3LDK程度が多いです。
家賃も間取りや場所によってさまざまですが、自分で同じ場所や間取りで借りるのと比べて安く設定されています。

寮に関するコラムはこちら
住み込みで働くメリット
東京で住み込みで働く

寮の種類や間取り

1人部屋の写真

寮も社宅同様社有寮と借り上げ寮がありますが、部屋の種類については次のようなものが一般的です。

①集合寮
集合寮は従業員同士が共有するスペースが設けられている寮です。
たとえば、食堂やお風呂、トイレや洗面所などを一緒に使用し、食堂で食事を提供してくれるところも。
キッチンが完備され、自炊できる場合も。
食事付きや自炊できる場合だと、食費を抑えることができますね。
一般的な寮の間取りはワンルームで6畳程度とシンプルなものが多く、自分の部屋で過ごす以外にリビングのような共有スペースでくつろぐことも。

②ワンルーム寮
いっぽうで、ワンルーム寮の部屋の間取りは1Rもしくは1Kのものが多く、居室にバストイレ、洗面所、キッチン、クローゼットという間取りが一般的です。
企業が借り上げて寮にしているものだと自分で借りるのと同じですが、企業が保有している物件だと多少違っている場合もあるでしょう。

③ルームシェア寮
ルームシェア寮とは3LDKなどの部屋に複数人で住む間取りの寮を指します。
個室がそれぞれ用意されているものの、キッチンやトイレ、お風呂などは共有となっています。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
寮や社宅に住むメリット

お金を数える女性

寮や社宅の種類や部屋の間取りについてご紹介しました。
では、寮や社宅に住むメリットにはどのようなものがあるのか、見てみましょう。

①家賃が安い
寮や社宅に住む最大のメリットは家賃が安いことです。
どちらも従業員の福利厚生として用意されているため、企業が全額もしくは数割程度負担してくれるはありがたいですね。
寮も社宅も周辺の家賃相場よりかなり安く設定されているため、浮いた分を貯金や趣味などに充てることができるでしょう。

②通勤のストレスがない
寮や社宅のほとんどは勤務先の近くにあるため、通勤ストレスが少ないです。
仕事のストレスだけでなく、バスや電車に長時間乗り通勤するのはかなりのストレスになるでしょう。
ただ、場合によっては勤務先から離れている場合もあるので、事前に部屋を確認しておきましょう。

③初期費用がかからない
寮や社宅は敷金や礼金がかからないのがメリットです。
また、中には引っ越し費用を負担してくれるところも。
水道代、ガス代、電気代などが無料なところもあるようです。
これらの費用が浮いた分、趣味や遊び、貯金に回すことができるのは大変魅力的ですね。

④職場の人と仲良くなれる
自分でアパートやマンションを借りるのと違い、寮や社宅に住むことで職場の人と仲良くなることができるでしょう。
特に、地方から出てきて初めて一人暮らしをする人は同じ職場の人が近くにいることで仕事やプライベートの相談に乗ってもらえるなど、メリット大です。
また、仲良くなれば休みの日に一緒に食事や遊びに出かけることもできるでしょう。

⑤セキュリティも安心
女性の場合は特にストーカー被害など心配な方が多いでしょう。
でも、寮なら同じ職場の人が暮らしているので、夜職場から一緒に帰ることができるなど安心です。

寮付きの求人なら新聞配達がおすすめ

バイクを運転する男性

寮や社宅付きの求人にはさまざまなものがありメリットもたくさんあることが分かりましたが、特におすすめなのが新聞配達の仕事。
その理由には次のようなものが挙げられます。

①即入居可のものも
ほとんどの場合、寮や社宅が付いていても採用=入居というわけではありません。
でも、新聞配達の仕事なら採用が決まれば即入居できる場合も。
地方に住んでいて都会で仕事をする場合など、何度も通うとなると交通費や宿泊費がかさんでしまいます。
採用されてすぐに寮に入ることができれば、費用を抑えることができますね。

②学歴や経験が必要ない
どのような仕事でもある程度の経験や学歴が必要で、採用される確率が100%ではありません。
新聞配達の仕事なら学歴や経験を問わないので、採用される確率がかなり高いです。
仕事と住まいの両方をすぐに手に入れたい、特にスキルや経験もない…という方にとって非常に魅力的な仕事です。

③奨学金制度がある
大手の新聞社は奨学金制度を設けています。
働きながら学校に通い学費を稼ぎたいという方にとって、奨学金制度はありがたい制度と言えるでしょう。
「お金がないから専門学校や大学に通うのを諦めるしかない…」という方はぜひ新聞配達の求人を探してみてください。

④健康な体が手に入る
新聞配達をすることで、すぐに入寮できたり、奨学金制度を利用できたりするほかに、規則正しい生活を送ることで健康な体を手に入れることが可能です。
毎日夜早く寝て朝早く起き、体を使って新聞を配り続ければ、知らず知らずのうちに健康な体づくりができるでしょう。
また、地域に貢献できるのも新聞配達ならではのメリットです。

まとめ
寮や社宅の種類や間取りについて徹底検証いたしました。
寮や社宅の種類や間取りにはさまざまなものがあり、メリットが多いことがお分かりいただけたと思います。
中でも、新聞配達なら健康な体が手に入るなど、よりメリットが多いと言えるでしょう。
もし、寮や社宅付きの求人をお探しなら、新聞配達の求人を中心に探してみてはいかがでしょうか?
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 家を出たいけどお金がない人が家を出る方法

  2. 新聞配達順路帳・順路の覚え方

  3. 読売センターお届け便とは?

  4. 新聞配達辞めたい理由

  5. 住み込みで働くメリット

  6. 寮付き住み込み求人のメリットデメリット

  7. 住む家がない、お金がない時の対処法

  8. SDGsへの取り組み“コツコツ始めよう地域クリーン作戦inさいたま市”

  9. 嘘が多い!?悪質寮付き求人には要注意!転職前に知っておきたいポイント

他の条件で探す