新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

社宅・寮に引越し・1R最安の引越しテクニック

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
社宅や寮付きの求人を選べば、仕事と住まいの両方を一度に手に入れられるのが魅力です。
採用が決まった後、社宅や寮、ワンルームなどに引越しする際、できる限り費用を抑えたいと思います。
荷物の量や引越しの時期などに気を付けないと、想像以上に高くついてしまう場合もあります。
そこで、今回は社宅や寮、ワンルームなどに引越しする際、安くする方法についてご紹介いたします。
引越し費用の計算方法

お金を眺める女性

引越し料金の計算の仕組みは移動時間や距離で決まる基本料金と段ボール代やスタッフの人件費などの実費費用、さらにオプションが発生した際の追加料金で決まってきます。
また、引越しを依頼する側の条件によっても変わってくるので、定価が決まっているわけではありません。
たとえば、段ボールがいくつ必要か、大型家具や家電がどの位あるのか、などにより料金が変わってきます。
エアコンの取り付けや取り外しの有無などによっても上下するようです。
なお、
一般的な通常期の引越し料金の相場としては(単身者の場合)同じ都道府県内だと45,000円程度、他の都道府県への場合だと70,000円程度です。
繁忙期は同じ都道府県の場合だと約64,000円、他の都道府県への場合は約83,000円となっています。
このように、引越し費用は時期によって大きく差があり、通常期と比べて繁忙期は1.5倍以上にもなってしまうため要注意です。
社宅や寮、ワンルームへの引越し費用を抑えるコツ

スマートフォンを眺める女性

引越し費用は時期によって大きく差があることが分かりましたが、どうすれば費用を安く抑えることができるのでしょうか?
ここでは社宅や寮、ワンルームへの引越し費用を抑えるコツをお教えします。

①複数の業者から相見積もりを取る
引越し業者が個人か法人か、規模や得意分野によっても費用が変わってきます。
1つの業者だけでなく、いくつかの業者から相見積もりを取るようにしましょう。
最近は引越し料金見積もりサイトなどもあるので、利用するのも手ですね。

②忙しい時期や時間帯を避ける
上でも書いたように、引越し料金は時期によっても大きく上下します。
特に忙しいのは新生活がスタートする3、4月で、それ以外を選ぶことで安く抑えることができるでしょう。
また、土日は平日より人気があり、時間帯だと午前が人気です。
人気の曜日や時間帯をうまく避けて安く抑えるようにしましょう。
月始めや月末も賃貸契約の更新が多く、人気が高いため避けた方がいいでしょう。

③荷物を少なくする
社宅や寮、ワンルームに引越しする際、同じ場所へ運ぶ場合でも荷物の量で料金が変わってきます。
小型トラックで運べる場合はスタッフの人数も少なくて済むので低料金での対応が可能です。
そのため、家族の人数が多ければ多いほど、荷物が多くなるためコストが上がるでしょう。

④自分で運ぶ
社宅や寮、ワンルームへ引越しする際、単身者なら自分で引越しする手も。
家族や友人などに手伝ってもらうのもおすすめ。
マイカーがあれば荷物を積んで運べますし、ない場合はレンタカーを借りる手もあるでしょう。
6時間までなら5,000円程度で借りることができるところもあるようです。
自力で引越しするときに気を付けたいのは引越し経験のない方が悪天候の中引越し作業をする際、ケガをするなどのリスクがあることです。
また、素人が家具や家電を運ぶとなると思った以上に時間がかかってしまうかもしれません。
もちろん、手伝ってくれた方へのお礼などもあるので、プロに頼むのとコスト的に変わらない場合も。
よほど近くへ引っ越す場合や荷物が少ない場合ならいいですが、遠くへの引越しや荷物が多い場合は引越し業者に依頼する方が無難かもしれませんね。

⑤自分で段ボールを調達する
引越しの際、必ず必要なのが段ボールですが、場合によっては無料でもらえない場合も。
そこで、寮や社宅、ワンルームへ引越しする際、ドラッグストアなどで自力で調達するのがおすすめです。
商品が入っていた段ボールは無料でもらえるので、もらえるよう頼んでみるといいでしょう。
ただ、野菜などが入っていた段ボールは湿気ていたり、においが付いていたりするので、傷んでいないものを利用しましょう。

⑥単身パックを利用する
単身者の場合、社宅や寮、ワンルームへの引越しの際、単身パックを利用するのがおすすめです。
引越し業者の中には単身パックがあるところも多いので、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

⑦宅配便を利用する
引越し費用を安く抑える方法に宅配便を利用する手もあります。
単身者などで荷物が少ない場合は安上がりになることも。
段ボールに洋服などを入れて引越し先へ送り、大型家具や家電だけを引越し業者へ依頼すれば、かなり費用を抑えることができるでしょう。

⑧不用品を処分しておく
社宅や寮、ワンルームなどへの引越しが決まったら、前もって不用品を処分しておくことをおすすめします。
いらなくなったものを処分すれば、荷物量を少なくでき引越し費用を抑えることが可能です。
不用品を処分した後、引越し業者へ見積もりを取るようにしましょう。
なお、不用品を処分する方法にはごみの日に出したり、フリマサイトへ出品したり、不用品買取業者に買い取ってもらったりなどの方法があります。
もちろん、処分するまでに手間と時間がかかりますが、引越し費用を安くするのにおすすめの方法です。

⑨格安プランやキャンペーンを利用する
引越し業者によっては格安プランや時期によってキャンペーンを行っているところも多いです。
たとえば、引越し後に荷室が空いたトラックを利用したプランや、クーポンを提示すれば安くなるプランなど、さまざまです。
また、引越しが少ない時期ならかなり安いプランがあったり、クーポン提示で格安になったりするので、ぜひ利用していただきたいです。
さらに、交渉次第で見積もり時に提示した料金より値引きしてくれる場合もあるので、安くしてもらえるよう交渉してみるのもいいでしょう。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
新聞配達なら引越し費用がゼロの場合も

パソコンを眺める男性

社宅や寮を完備している求人は多いですが、いくら工夫しても、引越し費用がかかってしまいます。
でも、新聞配達の求人なら引越し費用がゼロの場合も。
新聞販売店のほとんどが寮を完備しており、引越し費用を負担してくれるところが多いです。
しかも、新聞配達で住み込みで働く場合だと、家賃が無料のところもあるようです。
家具や家電が備え付けられているところも多いので、引越しの際の初期費用が安く済むでしょう。
家賃が全くかからないのは非常に魅力的ですね。

寮に関するコラムはこちら
「即入寮OK」っていつから住めるの?!住み込み求人の疑問を解決!
住所不定でも住み込みの仕事で雇ってもらえる?

まとめ
社宅や寮、ワンルームに引越しする際の費用の計算方法や引越し費用を抑える方法についてご紹介しました。
また、新聞配達の求人を選ぶことで、引越し費用をゼロにできる可能性があることについても解説しましたが、いかがだったでしょうか?
自力で荷物を運んだり、不用品を処分しておいたり、単身パックを利用したりなど、工夫をすることで引越し費用を抑えることが可能です。
とは言え、引越し費用を全くゼロにすることは不可能と言ってもいいでしょう。
新聞配達の求人を選べば、引越し費用だけでなく家賃が無料になったり、家具や家電が備え付けられていたりと、メリットが非常に多いです。
社宅や寮付きの求人をお探しの方は新聞配達の求人を中心に探してみてはいかがでしょうか?
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 寮暮らしに必要なもの

  2. 移住先と仕事を一緒に探す

  3. 寮に住むメリットは?

  4. 所持金0円・家なしから生活を立て直す方法

  5. 家賃補助とは?

  6. スグに働ける寮付きの住み込み仕事なら新聞配達でしょ

  7. 住み込みのバイトはきつい?

  8. 上京したい!新聞屋さんで働いて上京する方法!

  9. コロナ禍終了。ウーバーイーツの今

他の条件で探す