新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

期間工の仕事はきつい!?メリットデメリット

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
「期間工の仕事はきつい」というイメージをお持ちの方、多いと思います。
でも、実際はきついというデメリットもあれば、メリットもあるでしょう。
そこで、今回は期間工とはどういう仕事か、期間工の仕事のメリット、デメリットについても解説します。
期間工の求人を探そうと検討している方の参考になれば幸いです。
期間工の仕事とは

そもそも、期間工とは電気部品や自動車などを製造する工場で決まった期限内で働く契約社員のことを指します。
他の呼び方として季節工や臨時工などがあるようですね。
決まった期間働くという意味では派遣社員と同じですが、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び給与をもらいます。
いっぽうで、期間工は企業と直接契約を結び給与をもらい、福利厚生を受ける雇用形態です。
なお、給料は月に何日働いたかで決まることが多くボーナスはなく、契約が満了した際に満了金が支払われることがほとんどです。
収入の目安としては企業規模によって違いますが、大手企業なら週休2日で寮完備、食事の補助がついて30万円程度の給与のところが多いです。
また、条件を満たしていれば社会保険に加入できます。

期間工の仕事内容にはさまざまなものがあります。
たとえば、プレスなどの機械加工や部品の溶接や取付け、組み立て、部品の供給、品質チェックなどです。
それぞれの作業は単純ですが、ライン作業なのでスピーディに正確に仕事をしなければなりません。
万が一ラインのスピードについていけないと止まってしまうため、集中力も必要となるでしょう。

期間工の仕事はきつい?デメリットは?

期間工の仕事=きついというイメージがありますが、実際のところどうなのでしょうか?
まずは期間工の仕事のデメリットについても見ていきましょう。

①体力を必要とする
期間工の仕事はライン作業が多く、重い部品を持ったり、取り付けたりするため力を必要となるものも。
体力に自信がない人にとってはきついと感じるかもしれません。
ただ、中には軽作業の期間工の求人もあるので、チェックしてみるといいでしょう。
たとえば、求人内容に「検品作業」などと記載されているものを選ぶのがおすすめです。
また、求人を出している企業が自動車部品や電子部品、小さ目の家電を製造するところなら、そこまで体力を必要としないでしょう。

②集団生活での人間関係がストレス
期間工の求人を見てみると「住み込み」とか「寮付き」などと書かれているものがほとんどです。
自宅が近ければ寮などに入らなくてもいいですが、遠い場合は入寮し集団生活をしなければなりません。
実際のところ、大きな工場のほとんどは都市部でなく地方に建設されているため、寮に入る方が多いです。
期間工の人たちのための寮は集合寮と呼ばれるものが多く、個室があるもののお風呂やトイレ、食堂などは共用となっており、一人暮らしと比べるとプライベート空間が少ないでしょう。
ただ、共有スペースのトイレやお風呂などの掃除を自分でする必要がなかったり、栄養バランスの取れた食事が食べられたりとメリットの方が大きいかもしれません。

③単純作業が多い
期間工の仕事のほとんどは単純作業です。
1日に8時間以上も単純作業をしていると、精神的に苦痛に感じる人も。
単純作業が苦痛でない人ならいいですが、長時間同じ作業を行う毎日が耐えられず精神的に参ってしまう方もいないわけではありません。
起業したい、何か大きな買い物をしたい、など夢のためなら耐えられるかもしれませんが、精神的にきついという覚悟を持くべきでしょう。
「契約期間中頑張れば夢が叶う!」とポジティブに捉えられる方なら乗り切ることができるでしょう。

④異性との出会いが少ない
デメリットの1つに異性との出会いが少ないというのがあります。
期間工のほとんどは男性で女性はほとんどいないため、職場や寮で出会う可能性はゼロに近いです。
もし、職場に女性がいたとしても、作業中の私語が禁止のところがほとんどのため、仕事中に仲良くなる可能性は低いでしょう。
ただ、寮で人間関係を築いていくうちに、先輩や後輩、同僚などから紹介しれもらえる可能性も。
そう考えると、そこまでのデメリットとは言えないかもしれませんね。

期間工の仕事のメリット

集中力や正確性、スピードが求められる期間工の仕事。
一般的にきついと言われていますが、どんなメリットがあるのでしょうか?

①お金が貯まりやすい
期間工の仕事の最大のメリットはお金が貯まること。
そもそも、一般的な仕事と比べて期間工の仕事は基本給が高いことが多く、サラリーマンより貯金しやすいです。
中には入社祝い金がもらえるところもあるようです。
また、上でも書いたとおり、期間工の求人を見ると寮完備のことがほとんど。
そのため、家賃がかからないもしくは安い、食費が安く済む、初期費用がかからないなど、生活する上でコストがかかないでしょう。
アパートやマンションを借りて家賃を払い、光熱費や食費を払って…となると、なかなか貯金は難しいでしょう。
食事についても食費〇円分支給とか1日〇食分無料などのところもあるようです。
このように、期間工の仕事なら生活費を抑えることができるので「あっと言う間に1,000万円貯まった!」なんてこともあるかもしれませんよ。

②学歴不問のところが多い
「学歴もないし大したスキルもない…」と前向きになれない方も期間工の仕事なら心配ありません。
期間工の求人を見てみると分かりますが、ほとんどは学歴や経験を必要としません。
その最大の理由は期間工の仕事は単純作業が多いからです。
期間工の求人を募集している企業の多くは大きな工場を持っており、自動車や機械部品などを製造しています
そのため、ライン作業がメインなので学歴や経験に自信がない方も応募しやすいでしょう。
また、社会人の経験がなくても応募できる求人も多く、最低限のマナーを守りコツコツと作業できれば取り組めるものがほとんど。
応募のハードルが高くないのに給与面など条件がいい期間工の仕事は魅力的だと思います。

③正社員雇用の可能性も
期間工の仕事をするメリットに正社員雇用の可能性が高いというのがあります。
半年~1年程度働くと、正社員として登用されることもあるようです。
期間工は就業期間が決められた雇用形態ですが、企業側としてもせっかく仕事を覚えた人を他の企業に取られたくないですし、正社員として活躍して欲しいと思うはず。
これは中小だけでなく大手企業も同様で、正社員として登用されれば月収は一時的に期間工時代より下がりますが、将来的にメリットが大きいです。
こういったメリットを狙って大手企業の期間工の求人を探す方も多いようですね。

まとめ
きついイメージがある期間工の仕事。
どういう仕事なのか、デメリットやメリットについてもご紹介しました。
「期間工の求人に応募したいけれど、きついのだろうか?」と不安に思われる方もいるでしょう。
単純作業だったり、寮生活がストレスになるなどきついことがあるのも事実で、耐えられず辞めてしまう方もいないわけではありません。
ただ、そのいっぽうで学歴や経験が不問で高収入が得られるメリットも。
また、真面目に働いていればお金を貯めることができ、正社員登用のチャンスもあり、大手企業の正社員として働ける可能性も。
期間工の仕事に興味がある方はぜひ、ここでご紹介したことを参考に求人を探してみてください。
他の条件で探す