新聞配達専門の求人情報|新聞配達ドットコム

社宅・寮に引っ越す心構え

新聞配達ドットコムトップ画像

「新聞配達ドットコム」は、新聞配達専門の求人サイトです。新聞販売店の正社員・アルバイト・パート求人情報が満載です。寮付きの住み込み募集情報も簡単に検索できます。

【職種から探す】

【条件から探す】

はじめに
社宅や寮を完備している求人を選ぶことで、家賃が安かったり、職場の近くに住むことができたりなど、さまざまなメリットがあります。
でも、寮や社宅に引越しする際の注意点をおさえておかないと、後でトラブルになることも。
そこで、今回は社宅や寮付き求人を選ぶメリットや、引越しする際の心構えをいくつかご紹介いたします。
社宅や寮ってどんなもの?

マンションの写真

社宅と寮は同じようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょうがはっきりとした違いはありません。
社宅や寮は企業やお店など雇う側が従業員のために提供する住まいを指し、一般的に寮は単身者向け、社宅はファミリー向けとして提供されていることがほとんどです。

社宅や寮付き求人を選ぶメリット

指を立てる女性の写真

寮や社宅に引越しすることで時間や手間がかからないのがメリットの1つです。
寮や社宅に引越しする際、自分でアパートやマンションなどを借りる契約などの手続きが必要ありません。
たとえば、物件を探したり、不動産業者との契約手続きをしたり、などですね。
引っ越し先が近ければいいですが、遠い場合だと何度も通う時間と費用がかかってしまいます。
社宅や寮なら、それらが大幅に削減できます。

②家賃が安い
社宅や寮は一般的な物件よりかなり安い家賃で提供されます。
また、敷金や礼金、更新料などがかからないことがほとんどで、住まいへのコストが大幅に削減できます。

②従業員同士仲良くなれる
また、社宅や寮に引越しすることで、従業員同士コミュニケーションを取ることが可能です。
特に、初めて一人暮らしをする方にとって、新しい職場で慣れない仕事をしながら一人で生活するのはつらいでしょう。
でも、同じ建物や近くに先輩や同僚が住んでいれば仕事の悩みを相談したり、遊びに行ったりと、コミュニケーションを取ることができ、不安解消につながります。

③セキュリティ面も安心
女性の一人暮らしは特にセキュリティ面が心配です。
最近、ストーカー被害の件数が増えていますが、社宅や寮なら管理人さんが在中していたり、帰宅時に同僚と帰ることができたりと安心です。

④通勤が楽
また、通勤が楽というのも社宅や寮に引越しするメリットです。
ほとんどの社宅や寮は職場から近くにあるため、満員電車に長時間揺られてストレスを抱えて通勤する必要がありません。
慣れない仕事でストレスがかかる上に通勤のストレスがかかると心身ともに疲れきってしまいますが、社宅や寮に引越しすれば安心です。

寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト
社宅や寮に引越しする際の心構え

電卓を持った女性

社宅や寮に引越しすることでさまざまなメリットがあることが分かりましたが、注意すべきことについても知っておきましょう。

①家賃を確認しておく
社宅や寮に引越しする際、最も重要なのが「家賃がいくらか」ということでしょう。
はっきりと分からないまま引越してしまうと、後でトラブルになることもあるかもしれません。

②退去時の条件
また、社宅や寮を退去する際の条件についても知っておきましょう。
転勤や退職する際、社宅や寮を退去しなければなりません。
退去時の条件について予め知った上で引越しすることをおすすめします。

③入居時のルールについて確認しておく
社宅や寮に入居する際のルールについても確認しておくことが大切です。
たとえば、共有スペースの使い方や備品や設備に不具合が起きた時の連絡先などですね。
規則を破ると最悪退去させられる可能性も。
他の寮や社宅に引越ししたところで、ルールを守れない人は他人を不快にするでしょう。
中でも、寮のトラブルで多いのが単身者が恋人を部屋に入れるケース。
禁止されているにも関わらず入寮者以外の人を中に入れることはNGです。
どうしても恋人と住みたいという方は寮を出て、自分でアパートやマンションなどを借りるようにしましょう。

④騒音に注意する
これは社宅や寮だけに限りませんが、騒音にも注意が必要です。
社宅や寮に同僚を招いて会話が盛り上がることもあるでしょうが、他の部屋の人に迷惑がかからないよう注意しましょう。
また、テレビやラジオなどの音量にも注意が必要です。

⑤プライバシーを守る
プライバシーを守ることも重要です。
休みの前の日の夜など、共有スペースに大勢で集まってワイワイと盛り上がりたい気持ちも分かりますが、全ての人が望んでいるわけではありません。
自分の部屋でゆっくりと過ごしたい方にとってストレスになってしまうでしょう。
自分の都合だけでなく、相手の立場に立って行動することが大切です。

寮に関するコラムはこちら
ペット可の寮付き住み込みバイト
寮付き住み込み求人のメリットデメリット

社宅や寮付き求人なら新聞配達がおすすめ

親指を立てる男性

社宅や寮に引っ越しする際、どのような求人でもメリットが多いですが、特に新聞配達の求人を選ぶのがおすすめです。

①即入居可のものがある
社宅や寮付き求人にはさまざまなものがありますが、新聞配達なら即入居可のものが多いです。
採用が決まってから入居まですぐなら、余計な交通費や宿泊費などが必要なく、コストを抑えることができるでしょう。

②未経験でもチャレンジできる
社宅や寮を完備している仕事のほとんどが経験や学歴を必要とするでしょう。
でも、新聞配達なら経験がなくてもチャレンジできるので、初心者でも取り組みやすいです。
面接=採用となるケースも多いので、求人をチェックしてみてくださいね。

③光熱費などを負担してくれるところも
いくら家賃が格安だとは言っても、光熱費まで負担してくれる社宅や寮は少ないです。
でも、新聞配達なら光熱費を負担してくれる寮が多いため、毎月の生活費を安く抑えることができるでしょう。
その分をレジャーや貯金に回すことができるのは魅力的だと思います。

④規則正しい生活を手に入れられる
デスクワークなどの仕事だと社宅や寮に引越しできるメリットがあるとは言え、睡眠時間など不規則になることが多いです。
新聞配達の仕事は早朝に起きて時間内に全てのお客さんに新聞を配り終えねばならないため、規則正しい生活を送る必要があるでしょう。

⑤体力がつく
新聞配達の仕事は寮や社宅など住まいを手に入れられるだけでなく、体力が付くのもメリットです。
電動自転車やバイクで配達するとは言え、他の仕事より歩いたり、走ったりする量がはるかに多いでしょう。
また、大量の新聞を運ぶなど、自然と筋力がつくのは間違いありません。

⑥地域に貢献できる
新聞配達の仕事ほど地域に貢献できるものはないでしょう。
毎朝当たり前のようにポストに投函されている新聞ですが、時間内に必ず配達する責任の重い仕事です。
また、配達中エリア内の防犯や高齢者の見守りの役割を担う地域への貢献度が高い仕事です。
そんな地域の方たちの役に立つ新聞配達の仕事は非常に魅力的だと言えるでしょう。

まとめ
寮や社宅付きの求人をお探しの方のために、寮や社宅に引越しするメリットや心構えについてまとめてみました。
求人を探す際、寮や社宅が完備されたものを探すとメリットが多いです。
ただ、引っ越す際はここでご紹介した心構えをおさえておきましょう。
また、特におすすめの求人は新聞配達である理由もご紹介しました。
これから寮や社宅付きの求人を探す際の参考にしてみてくださいね。
寮付き・住み込みで働く・新聞配達専門の求人サイト

関連記事

  1. 人間関係やコミュニケーションが苦手な人にオススメなお仕事

  2. 新聞配達辞めたい理由

  3. 朝日新聞販売店とは?

  4. 委託配送は稼げない?新聞屋に転職する理由

  5. 新聞配達の暑さ対策

  6. ペット可の寮付き住み込みバイト

  7. SDGsへの取り組み“コツコツ始めよう地域クリーン作戦inさいたま市”

  8. 新聞配達の寒さ対策

  9. 住み込みの仕事5選

他の条件で探す